読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風にそよぐ葦

プロテスタントのキリスト教会員です。「ローズンゲン日々の聖句」より、その日、その日の聖書の言葉を紹介しています。

義に飢え渇いている人を満ち足らせて下さる方が

主は

  うずくまっている人を起こされる。詩編146:8

 

 イエスの叫び:

渇いている人はだれでも、

  わたしのところに来て飲みなさい。ヨハネ7:37

 

      (ローズンゲン日々の聖句6/8;水)

 

 詩人は謳います。

「君主たちにたよってはならない。

救いのない人間の子に。

霊が出ていくと、人はおのれの土に帰り、

その日のうちに彼のもろもろの計画は滅びうせる。

幸いなことよ。ヤコブの神を助けとし、

その神、主に望みを置く者は。

主は天と地と海とその中のいっさいを造った方。

とこしえまでも真実を守り、

しいたげられた者のためにさばきを行い、

飢えた者にパンを与える方。

主は捕らわれ人を解放される。

 

主は盲人の目をあけ、

主はかがんでいる者を起こされる。

主は正しい者を愛し、

主は在留異国人を守り、

みなしごとやもめをささえられる。

しかし主は悪者の道を曲げられる。

主は、とこしえまでも統べ治められる。

シオンよ。あなたの神は代々にいます。

ハレルヤ」(詩編146:3~10新改訳)と。

 

 うずくまっている人、渇いている人がイエスに求めるなら、

イエスは、渇くことのない、生ける水を与えてくれて、

その水は、その人のうちで泉となり、

永遠の命への水が湧き出るようになるのだそうです(ヨハネ4:5~18)。

 

 イエスは言われました。

「わたしを信じる者は、

聖書が言っているとおりに、

その人の心の奥底(腹)から、

生ける水の川が流れ出るようになる」(ヨハネ7:38)。

「聖である霊」と呼ばれる方の働きが大きな川の流れのように流れ出る、と。

今日も。