読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風にそよぐ葦

プロテスタントのキリスト教会員です。「ローズンゲン日々の聖句」より、その日、その日の聖書の言葉を紹介しています。

その独り子を身代わりに差し出すほどに大事に思っていてくださるのだそうです。私たちを。

あなたは、今日、

 上の天においても下の地においても主こそが神であり、

  ほかに神のいないことをわきまえなさい。申命記4:39

 

 神は私たち一人一人から遠く離れてはおられません。

「我らは神の中に生き、動き、存在する」のです。使徒17:27~28

 

      (ローズンゲン日々の聖句6/21;火)

 

 天の神、主は預言者モーセを通して言われます。

「さあ、あなたより前の過ぎ去った時代に尋ねてみるがよい。

神が地上に人を造られた日からこのかた、天のこの果てからかの果てまでに、これほど偉大なことが起こったであろうか。このようなことが聞かれたであろうか。

あなたのように、火の中から語られる神の声を聞いて、なお生きていた民があっただろうか。

あるいは、あなたがたの神、主が、エジプトにおいてあなたの目の前で、あなたがたのためになさったように、試みと、しるしと、不思議と、戦いと、力強い御手と、伸べられた腕と、恐ろしい力をもって、一つの国民を他の国民の中から取って、あえてご自身のものとされた神があったであろうか。

あなたにこのことが示されたのは、(「わたしはあるという者)と名乗られる方)だけが神であって、ほかには神がないことを、あなたが知るためであった。

 

 主はあなたを訓練するため、天からの御声を聞かせ、地の上では、大きい火を見させた。その火の中からあなたは、みことばを聞いた。主は、あなたの先祖たちを愛して、その後の子孫を選んでおられたので、主ご自身が大いなる力をもって、あなたをエジプトから連れ出された。

 

 それはあなたよりも大きく、強い国々を、あなたの前から追い払い、あなたを彼らの地に入らせ、これを相続地としてあなたに与えるためであった。今日のとおりである。

 

 きょう、私が命じておいた主のおきてと命令とを守りなさい。

あなたも、あなたの後の子孫も、幸せになり、あなたの神、主が永久にあなたに与えようとしておられる地で、あなたが長く生き続けるためである」(申命記4:32~40)と。

 

 

 私たち人間を含むこの世界のすべてのものは、この方、天の神、主と呼ばれ、「わたしはあるという者」と名乗られる方の御思いによって創造され、御思いによって支えられ、保たれて存在しているものなのだそうです。

 

 

 使徒パウロがアレオパゴスで、アテネの人たちに語ったように、

「神は、一人の人(アダム)からすべての国の人々を造り出して、地の前面に住まわせ、それぞれに決められた時代と、その住まいの境界とをお定めになりました。

これは、神を求めさせるためであって、もし探り求めることでもあるなら、神を見いだすこともあるのです。

確かに、神は、私たちひとりひとりから遠く離れてはおられない」(使徒17:26~27)のだそうですから。

 

 

 それで、もし、私たちが受け取りさえするなら、イエスが、私たちに代わって十字架刑での処刑を受けてくださり、三日目に墓より復活し、天の「父である神」の右の座に帰られて派遣してくださる「聖である霊」と呼ばれる方。

この方が、受け入れる者の心に、「父である神」の私たちひとりひとりに対する御思いを置いてくださるので、受け入れる者は、互いの罪に対する弱さ、重荷を担い合い、自分の罪を悲しみ、帰ってくる者を、私たちは失敗を責め、なじりたい者ですが、「父である神」の御思いのとおりに赦し合い、受け入れ合って進んでいくのだそうです(Ⅱコリント2:5~11)。

今日も。