読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風にそよぐ葦

プロテスタントのキリスト教会員です。「ローズンゲン日々の聖句」より、その日、その日の聖書の言葉を紹介しています。

あなたのお心一つで

多くの者が私に言います。

  「彼には神の救いなどあるものか」と。

主よ、それでも、あなたはわたしの盾、

私の栄え、私の頭を高く上げてくださる方。詩編3:3~4

 

 重い皮膚病の人が来て、

「御心ならば私を清くできます」と懇願すると、

イエスは深く憐れんで手を差し伸べ彼に触れ、

「よろしい。清くなれ」と言われた。マルコ1:40~41

 

 イザヤ書38:9~20

 エレミヤ書16:1~13

      (ローズンゲン日々の聖句9/13;火)

 

 人々が、「彼には神の救いなどあるものか」と言い、また、自分自身が「神がこんな私を助けてくれることなどあるはずがない」と思う、そんな時にも、なお、天の神、主、「わたしはあるという者」と名乗られる方は、私の救い主なのですね。

 

 重い皮膚病(古い訳ではらい病)にかかり、薬もなく、治る見込みもなく、社会からも締め出されていた人。

けれども、一縷の望みをかけてイエスにすがったのでしょうね。

「お心ひとつで、あなたがそう思ってくださるなら、私のこの病気は直していただけます」と。

 

 それに対して、イエスは、彼を深く憐れみ、感染の危険性を無視して、手を伸ばして彼にさわり、

「わたしの心だ。清くなれ」と言われ、

すると、すぐに病状が消え、治ったのだそうです。

 

 

 ユダの王、ヒゼキヤが病気になり、死にかかっていたとき、預言者イザヤが来て言ったのだそうです。

「主はこう仰せられます。『あなたの家を整理せよ。あなたは死ぬ。直らない』と。

 

 そこでヒゼキヤは顔を壁に向けて、主に祈って、言った。

「ああ、主よ。どうか思い出してください。

私がまことを尽くし、全き心をもって、あなたの御前に歩み、

あなたがよいと思われることを行ってきたことを。」

こうして、ヒゼキヤは大声で泣いた。

 

 そのとき、イザヤに次のような主の言葉があった。

「行って、ヒゼキヤに告げよ。

あなたの父ダビデの神、主はこう仰せられます。

『わたしはあなたの祈りを聞いた。あなたの涙も見た。

見よ。わたしはあなたの寿命にもう15年を加えよう。

わたしはアッシリア王の手から、あなたとこの町を救い出し、この町を守る。』

 

 ひとかたまりの干しいちじくを持って来させ、腫物の上に塗りつけなさい。

そうすれば直ります。」

 

 ヒゼキヤ王は記しています。

私は言った、

私は生涯の半ばで、よみの門に入る。

私は、私の残りの年を失ってしまった。

私は言った。

私は主を見ない。生ける者の地で主を見ない。

死人の国の住民とともに、再び人を見ることがない。

私の住みかは牧者の天幕のように引き抜かれ、私から取り去られた。

私は、私のいのちを機織りのように巻いた。

主は私を機から断ち切る。

あなたは昼も夜も、私をまったく捨て置かれます。

私は朝まで叫びました。

主は、雄獅子のように、私のすべての骨を砕かれます。

あなたは昼も夜も、私を全く捨て置かれます。

つばめや、つるのように、私は泣き、鳩のように、うめきました。

私の目は、上を仰いで衰えました。

主よ。私はしいたげられています。

私の保証人となってください。

何を私は語れましょう。

主が私に語り、みずから行われたのに。

私は私のすべての年月、私のたましいの苦しみのために、静かに歩みます。

主よ。これらによって、人は生きるのです。

私の息のいのちも、すべてこれらに従っています。

どうか、私を健やかにし、私を生かしてください。

ああ、私の苦しんだ苦しみは、平安のためでした。

あなたは、滅びの穴から、私のたましいを引き戻されました。

あなたは私のすべての罪を、あなたのうしろに投げやられました。

よみはあなたをほめたたえず、

死はあなたを賛美せず、

穴に下る者たちは、あなたのまことを待ち望みません。

生きている者、ただ生きている者だけが、今日の私のように、あなたをほめたたえるのです。

父は子らにあなたのまことについて知らせます。

主は、私を救ってくださる。

私たちの生きている日々の間、主の宮で琴をかなでよう。

 

 

 私たちも、天の神、主に心のままを申し上げ、見ていただきながら、

主の御心を求め、御こころに聞きながら(エレミヤ16:12)、御こころによって生きられますように。

今日も。

 

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

 

"哲学・思想 ブログランキングへ"

 

[269RANKのランキングサイト]