読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風にそよぐ葦

プロテスタントのキリスト教会員です。「ローズンゲン日々の聖句」より、その日、その日の聖書の言葉を紹介しています。

この世界と、その中のすべてのものを創造し、保っておられる方の御思いによって

あなたのみが主。
天とその高き極みを、
そのすべての軍勢を、
地とその上にあるすべてのものを、
海とその中にあるすべてのものを、
あなたは創造された。ネヘミヤ記9:6

 すべてのものは、神から出て、
神によって保たれ、神に向かっているのです。
栄光が神に永遠にありますように。ロマ11:36

 申命記7:6~12
 ルカ9:51~56(通読箇所)
(ローズンゲン日々の聖句2/14;火)

 天の神、主、「わたしはあるという者」と名乗られる方だけが本当の神。この方は、万軍の主とも呼ばれ、天使のすべての軍勢を、そして、この宇宙と地球、地の上にあるもの、海とその中にあるものを御思いのとおりに創造し、これを保っておられる方。すべてのものはこの方の御思いから出て、御思いののとおりになっていくのだそうです。

 この方は、今から4千年ほど前、メソポタミアのカルデヤのウルから一人の人、アブラムを選び、彼にアブラハム(多くの国民の父)という名を与え、罪に満ちてしまったカナン人を裁かれるとき、この地をアブラハムとその子孫に与えるとの契約をアブラハムと結び、その契約を実行された方。
一人の人から一つの民族をつくり、これをしるしと不思議をもってエジプトから導き出し、約束の地に導き入れた方。

 この方は、誠実な方。この方を愛し、この方と心を一つにして歩む者には恵みの契約を千代までも守られる方。
しかし、この方を憎む者には、これに報いてたちどころに彼らを滅ぼされる方(申命記7:6~12)。

 しかし、なお、この方に対立、対抗し、自分の理性の判断のとおりの自分の道を行くばかりの者を、なお愛し、恋い慕って(申命記7:7)、私たち人間の背きの報いを〔御子である神〕が負われたのだそうです。

 〔御子である神〕が、〔女の子孫〕として(創世記3:15)、アブラハムの子孫であるダビデ王の子孫(Ⅰ歴代17:11~14)の処女マリヤ(ルカ3:23~38、1:26~27)の胎を通して人の世に、人間イエス(神は救いという意味)となって来られ、私たちすべての人間の、すべてのそむきの責任を負って、十字架刑で天と地の間に上げられ(ルカ9:51)てくださり、罰はご自分に、そして、ご自身の神の子の栄光を、受け入れる者に着せてくださるようにしてくださったのだそうです。

 神にそむく者として十字刑で処刑されてくださり、罪人として陰府にまで下り、三日目、日曜日の早朝、墓より、新しい〔霊のからだ〕に復活し、40日に渡って何度も弟子たちに現れ、神の国のことを語ったのち、弟子たちのみている前で、オリーブ山から、天の〔父である神〕の右の座、〔御子である神〕の位に帰られたイエスは、そこから、もう一人の助け主、〔聖である霊〕と呼ばれる方を受け入れる者に派遣してくださるのだそうです。

 この方、〔聖である霊〕と呼ばれる方は、〔父である神〕の御思いの深みにまで及ばれる方なのだそうです(Ⅰコリント2:10~11)。
この方が受け入れる者のうちに派遣され、来てくださって、受け入れる者の心に、〔父である神〕がひとり一人に思っておられる御思いを置き、書きしるしてくださるのだそうです(エレミヤ31:33~34、エゼキエル36:25~31)。
それで、これを受け入れ、その思いについて行く者は(ガラテヤ5:24~25)、この部分において、〔父である神〕と同じ思いを思う者にしていただけて、〔父である神〕と一つ心になって、一つ行動をとる者にしていただけるのだそうです。
それぞれが行う一つ一つのことにおいても、神の御思いから発し、神の御思いによって成り、神の御思いに至る者に(ロマ11:36)。
今日も。


[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]
 
"哲学・思想 ブログランキングへ"
 
[269RANKのランキングサイト]