読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風にそよぐ葦

プロテスタントのキリスト教会員です。「ローズンゲン日々の聖句」より、その日、その日の聖書の言葉を紹介しています。

主は盾、悪い者から守ってくださる方

すべて御もとに身を寄せる人に、
主は盾となってくださる。詩編1831
 
 主は真実な方です。
必ずあなたがたを強め、
悪い者から守ってくださいます。Ⅱテサロニケ33
 
 ヤコブ書4110
 レビ記10111(通読箇所)

  (ローズンゲン日々の聖句3/9;木)

 
 神、その道は完全。
主のみことばは純粋。
主はすべて彼に身を避ける者の盾となってくださり、
悪い者から守ってくださる方。
高ぶる者を退け、
へりくだる者に恵みを与えてくださる方。
 
 私たち、イエスの身代わりの死によって背きの罪は処罰済みにしていただいている者となり、
「ねたむほどに慕っておられる」〔聖である霊〕をうちにお迎えして、
この方の執り成しによって〔父である神〕の御座に近づき、
心の願いを申し上げ、
知っていただけるのだそうです。
 
 本当の自分とあるべき自分との間で、二心になってしまう心を、単一にして、
苦しいなら苦しいだけ、
悲しいなら悲しいだけ、
いやならいやなだけ、
怒っていれば怒りだけ、
むなしいならむなしいだけの、
今の、本当の、的外れになっている罪の心そのものになりきって、
〔父である神〕の御前に出て行けるのだそうです。
 
 私たちの身代わりになって、
私たちの罪のすべてを御自身に引き受けていてくださるイエスがそこにいてくださり、
妬むほどに愛しておられる〔聖である霊〕と呼ばれる方が共にいてくださって執り成してくださり(ヤコブ4110)、
私たちを聖なるもの、神に属するもの(レビ1010)としていてくださるのだそうですから。
 
この方の御もとに身を寄せ、
大胆に、その主の盾、主の守りの中へ。
今日も。
イメージ 1