読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風にそよぐ葦

プロテスタントのキリスト教会員です。「ローズンゲン日々の聖句」より、その日、その日の聖書の言葉を紹介しています。

黙って、されるままに、好きなようにさせてくださって

彼は軽蔑され、人々に見捨てられ、

多くの痛みを負い、病を知っている。イザヤ書53:3

 

 ピラトは、

暴動と殺人のかどで投獄されていたバラバを

要求どおりに釈放し、

イエスのほうは彼らに引き渡して、

好きなようにさせた。ルカ23:25

 

 ヨブ記7:11~21

 ルカ19:41~48(通読箇所)

  (ローズンゲン日々の聖句3/21;火)

 

 〔神の独子(ひとりご)〕であられる方が、人間イエスとして人の世に肉体をもって来られる700年ほど前、〔父である神〕は、アモツの子イザヤを預言者として立て、冒頭の言葉のように、預言しておられました。

 

 預言の言葉はさらに続きます。

「彼は、人が顔をそむけるほどさげすまれ、私たちも彼を尊ばなかった。

まことに、彼は私たちの病を負い私たちの痛みをになった。

だが、私たちは思った。

彼は罰せられ、神に打たれ、苦しめられたのだと。

しかし、彼は、私たちのそむきの罪のために刺し通され、

私たちの咎のために砕かれた。

彼への懲らしめが私たちに平安をもたらし、

彼の打ち傷によって、私たちはいやされた。

私たちはみな、羊のようにさまよい、おのおの、自分かってな道に向かっていった。

しかし、主、「わたしはあるという者」と名乗られる方は、

私たちのすべての咎を彼に負わせた。

 

彼は痛めつけられた。

彼は苦しんだが、口を開かない。

ほふり場に引かれていく羊のように、

毛を刈る者の前で黙っている雌羊のように、彼は口を開かない。

しいたげと、さばきによって、彼は取り去られた。

彼の時代の者で、だれが思ったことだろう。

彼がわたしの民のそむきの罪のために打たれ、

生ける者の地から絶たれたことを。」(イザヤ53:3~8新改訳)と。

 

 そして、その700年ほど後のこと、

イエスは、ローマからユダヤに派遣されていた総督ピラトの裁判においても、

自分の弁護のために口を開くことなく、黙って祭司長たちの訴えを受けられ、

逆らうことなく、黙って、強盗と殺人の罪で処刑されるバラバが付けられるはずだった十字架に架かってくださったのだそうです。

バラバだけではなく、私たち全部の人間の身代わりとして。

 

 〔父である神〕は、受け入れる者の、神にそむき、「神のひとりのようになり、善悪を知る者」になっている〔生まれた時からの私〕という霊を、このイエスの十字架刑での処刑に合わせられたものとして、十字架刑で処刑されたもの、死んだものと手続してくださるのだそうです。

 

 もう処罰するべき罪の残っていない者としてくださったうえで、

もう一人の救い主、〔聖である霊〕と呼ばれる方を、私たちの新しい霊として、受け入れる者に派遣してくださり、

この方によって、ご自身が私たち一人一人に思っておられる御思いを、受け入れる者の心に置いてくださって、受け入れる者がご自身と思いを同じくし、心を一つにする者にしてくださるのだそうです。

私たちと一つになりたいと願ってくださっているのだそうですから。

 

 ヨブは言います。

「人とは何者なのでしょう。

あなたがこれを尊び、これを御心に留められるとは」(ヨブ7:17)と。

 

 イエスは、神からの救いを受けようとせず、自分の思いのままに歩み、ついに滅びることになるエルサレムを思って、人々の前であるにもかかわらず、号泣されたのだそうです。

 

 そのように、天の神、主は、私たち一人一人を心に留め、

一人一人と親しく語り合い、交わることを願っていてくださるのだそうです(ルカ19:。41~48)。今日も。

 

 "哲学・思想 ブログランキングへ"

 

[269RANKのランキングサイト]