読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風にそよぐ葦

プロテスタントのキリスト教会員です。「ローズンゲン日々の聖句」より、その日、その日の聖書の言葉を紹介しています。

天の神、主の統治の中で

神のしるしは、いかに偉大であり、

不思議な御業は、いかに力あることか。

その御国は永遠の御国であり、

支配は代々に及ぶ。ダニエル書3:33

 

 小さな群れよ、恐れるな。

あなたがたの父は喜んで神の国をくださる。ルカ12:32

 

 マタイ13:44~46

 ルカ20:1~8(通読箇所)

  (ローズンゲン日々の聖句3/22;水)

 

 紀元前600年頃のこと、新バビロニア帝国の第2代目の王、ネブカデネザルは夢を見たのだそうです。

その夢を解き明かしたダニエルは、王に勧告したのだそうです。

「正しい行いによってあなたの罪を除き、

貧しい者をあわれんであなたの咎(とが)を除いてください。

そうすれば、あなたの繁栄は長く続くでしょう」(ダニエル4:27)と。

 

12ヶ月の後、ネブカデネザル王は、宮殿の屋上を歩いていたとき、言ったのだそうです。
「この大バビロンは、私の権力によって、私が建てたものではないか」と。

すると、天から声があったのだそうです。
「ネブカデネザル王。あなた告げる。
国はあなたから取り去られた。
あなたは人間の中から追い出され、
野の獣とともに住み、牛のように草を食べ、
こうして7つの時があなたの上を過ぎ、
ついに、あなたは、いと高き方が人間の国を支配し、
その国をみこころにかなう者にお与えになることを知るようになる」と。

そして、ダニエルが解き明かした夢のとおりに、ネブカデネザル王は、理性を失い、人間の中から追い出され、野の獣のように過ごすことになったのだそうです。
そして、夢のとおりに、7年間の期間が終わり、理性が戻り、王の座に復帰したとき、
天の神、主、「わたしはあるという者」と名乗られる方を、冒頭の言葉のように賛美したのだそうです。

 

 私たちの理性が正常に働いていることも、天の神、主の許しと支えの中にあることのようですね。

今日、生きていくのに必要なものも、全部、天の神、主が備えてくださったものなのだそうです。だから、何を食べようか、何を着ようかと心配し、気をもむことをやめて、神の国、神の統治、神の働きの現れを求めていくことが良いことなのだそうです。

神様のほうで、与えたくって、私たちが受け取るのを待っていてくださるのだそうですから。

 

 天の御国は、持ち物、全部を売り払ってでも買い取りたい、宝が隠された畑、

今、持っているものを全部売り払ってでも買い取りたい、

素晴らしい値打ちの一つの真珠のように価値のあるもの、なのだそうです(マタイ13:44~46)。

 

 神の知恵は、イエスの十字架刑での処刑による死と復活を通して、受け入れる者に来てくださる神、〔聖である霊〕と呼ばれる方によって、受け入れる者のうちに働き、話すべき言葉も、必要なそのときに示してくださるのだそうです(マタイ10:19)。

 

エルサレム神殿で、商売人たちを追い出したイエスに、「何の権威によってこれらのことをするのか」と詰問する祭司長たちに、「ヨハネバプテスマは、天から来たのか、人から出たのか」と質問を切り返されて、相手を黙らせてしまわれたイエスのように(ルカ20:1~8)。

今日も。

 

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

 

"哲学・思想 ブログランキングへ"

 

[269RANKのランキングサイト]