読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風にそよぐ葦

プロテスタントのキリスト教会員です。「ローズンゲン日々の聖句」より、その日、その日の聖書の言葉を紹介しています。

眠ることもなく、まどろむこともなく、見守ってくださりながら。

どうか、主があなたを助けて、
足がよろめかないようにし、
まどろむことなく見守ってくださるように。詩編1213
 
 イエスはすぐ手を伸ばしてペトロを捕まえ、
「信仰の薄い者よ、なぜ疑ったのか」と言われた。マタイ1431
 
 ヨハネ62635
 ルカ204147(通読箇所)
  (ローズンゲン日々の聖句3/27;月)
 
 私たちの助けは、天と地を造られた主から来るのだそうです。
この方は私たちの足をよろめかないようにと、
まどろむことなく、眠ることなく見守っていてくださる方なのだそうですから。
 
 イエスは、ヘロデ王が、捕えていたバプテスマのヨハネの首をはねたことを聞き、舟で寂しい所に行かれたのだそうです。
けれども、群衆は歩いてイエスのあとを追って来たのだそうです。
それで、イエスは、彼らを深くあわれんで、彼らの病気をいやされたのだそうです。
 
 陽が西に傾いて来て、手元には、パンが五つと魚が二匹しかなかったのに、イエスは彼らを空腹のまま帰らせるのはかわいそうに思い、
群衆を草の上に座らせ、
その五つのパンと二匹の魚を祝福して裂き、弟子たちが群衆に配ったので、群衆は食べて満腹し、残ったパン切れを集めると12のかごにいっぱいになったのだそうです。
女と子どもを除いて、男5千人ほどいたのだそうですが。
 
 そして、イエスは、弟子たちを強いて船に乗り込ませて向こう岸へ行かせ、ご自分は一人残って祈っておられたのだそうです。
 
 弟子たちは、風が向かい風なので波に悩まされていたのだそうですが、
夜中の3時頃、イエスが湖の上を歩いて彼らのところに行かれたので、弟子たちは幽霊だと思い、恐ろしさのあまり叫び声を上げたのだそうです。
イエスが、「しっかりしなさい。わたしだ。恐れることはない」と言われると、
ペテロが「主よ。もし、あなたでしたら、私に、水の上を歩いてここまで来い、とお命じになってください」と言ったので、
イエスが「来なさい」と言われたので、ペテロは舟から出て、イエスのほうへ行ったのですが、風を見てこわくなり、沈みかけ、「主よ。助けてください」と言ったので、イエスはすぐに手を伸ばして彼をつかんでくださったのだそうです(マタイ14131)。
 
 私たちも、沈みかけるようなときにも、ペテロのように、「主よ。お助け下さい」というと、眠ることもなく、まどろむことなく、近くにいてくださる方は、私たちの手をつかんで引き上げてくださるのですね。
 
 群衆は、イエスがなさったしるしを見て、「まことに、この方こそ、世に来られるはずの預言者だ」と言って、イエスをむりやり連れて行って王としようとしたのだそうです(ヨハネ61415)。
 
彼らが、向こう岸、カペナウムでイエスを見つけたとき、イエスは彼らに言われたのだそうです。
「なくなる食物のためではなく、いつまでも保ち、永遠のいのちに至る食物のために働きなさい。それこそ、人の子(イエス御自身)があなたがたに与えるものです。
神が遣わした者を信じること、それが神のわざです。
わたしの父は、天から真のパンをお与えになります。
神のパンは、天から下って来て、世に命を与えるものだからです。
わたしがいのちのパンです。
わたしに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者はどんなときにも、決して渇くことがありません」(ヨハネ62235)と。
 
 そして、この後のやりとりで、多くの者がイエスから去って行ったのですが、
父である神は、自分の考えに合わないからと去っていく者ではなく、イエスの言葉に信頼して、イエスこそ、天から下って来た、永遠の命を与えるパンであることを知って、いのちを得る者になって欲しいと願っておられるのだそうです。
眠ることも、まどろむこともなく、見守っていてくださりながら。
今日も。
イメージ 1