読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風にそよぐ葦

プロテスタントのキリスト教会員です。「ローズンゲン日々の聖句」より、その日、その日の聖書の言葉を紹介しています。

私の全部を探り知る方が、

私は言う。

「闇の中でも主は私を見ておられる。

夜も光が私を照らし出す。」

闇もあなたに比べれば闇とは言えない。

夜も昼も共に光を放つ。詩139:11~12

 

 私たちがイエスから既に聞いていて、

あなたがたに伝える知らせとは、

神は光であり、

神には闇が全くないということです。Ⅰヨハネ1:5

 

 ヨブ記19:21~27

 ルカ22:24~30(通読箇所)

  (ローズンゲン日々の聖句4/4;火)

 

 私たちが、天の神、主、「わたしはあるという者」と名乗られる方から身を隠そうとして、

「おお、闇よ。私をおおえ。私の回りの光よ。夜となれ」と言っても、

天の神、主にとっては、闇も暗くはなく、暗闇も光も同じことなのだそうです。

それは、この方が私の内臓を造り、母の胎のうちで私を組み立てられた方。

胎児の私を見られ、この方の書物に私のすべてが書きしるされたのだそうですから。

私のために作られた日々が、しかも、その一日もないうちに(詩篇139:7~16)。

 

 天の神、主は、光そのものであり、回転の影とか闇の部分が全くない方なのだそうです。

だから、私たちが、神と交わりがあると言っていながら、

しかも、隠し事をし、闇の中を歩いているなら、

私たちは偽りを言っていることになるのだそうです。

 

 もし、自分には罪がないと言うなら、私たちは自分をあざむいており、

真理は私たちのうちにはないのだそうです。

 

 けれども、私たちが自分の罪を言い表し、神さまの前に差し出し、見ていただき、

明るみの出来事、光の中の出来事としていくなら、

御前には、私を贖(あがな)う方がいてくださり(ヨブ19:21~27)、

私たちの罪、的外れの責任を、全部、ご自身に受け取ってくださって、

ご自分の罪、的外れとして、その罰をご自身に受けてくださっているのだそうです。

 

 だから、私たちは安心して、自分の罪、的外れをありのまま、そのままこの方の前に差し出し、光の中の出来事、明るみの出来事として大丈夫なのだそうです(Ⅰヨハネ1:5~9)。

 

 天の神、主は、私たちの罪、的外れの存在であることを良く知っておられ、

憐れみをもって、イエスによる救いを用意していてくださるのだそうですから。

 

 自分の的外れの実態を認め、この、神さまの憐れみの中に生きる者は、

心の中にある、自分が他の人よりも、少しでも偉い者になろうとする思いも、

イエスの十字架刑での処刑に合わせていただいて処刑された、死んだ、〔生まれた時からの私〕という霊から出て来ている思いであることを認めて、

これをそのままイエスの御前に差し出し、受け取ってもらい、

明るみの出来事としてもらいながら、

イエスがそうであったように、

〔聖である霊〕が心に置いてくださる〔父である神〕の御思いのとおりに、

仕える者にもしていただけるのだそうです。

 

 イエスの御国で、イエスの食卓で食事をする者とも(ルカ22:24~30)。

今日も。

 

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

 

"哲学・思想 ブログランキングへ"

 

[269RANKのランキングサイト]