読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風にそよぐ葦

プロテスタントのキリスト教会員です。「ローズンゲン日々の聖句」より、その日、その日の聖書の言葉を紹介しています。

イエスと一緒に踏みとどまる者に

エリヤへの主の言葉:

わたしはイスラエル7千人を残す。

これは皆、バアルにひざまずかず、

これに口づけしなかった者である。列王記上19:18

 

 弟子たちへのイエスの言葉:

あなたがたは、

わたしが種々の試練に遭ったとき、

絶えずわたしと一緒に踏みどどまってくれた。ルカ22:28

 

 ヘブル書9:11~15

 ルカ22:31~38(通読箇所)

  (ローズンゲン日々の聖句4/5;水)

 

 イスラエルに、近隣諸国の神、バアル礼拝が満ちたとき、

預言者エリヤは天の神、主に訴えて言いました。

 

「私は万軍の神、主に、熱心に仕えました。

しかし、イスラエルの人々はあなたの契約を捨て、あなたの祭壇をこわし、

あなたの預言者たちを剣で殺しました。

ただ私だけが残りましたが、彼らは私のいのちを取ろうとしています」と。

 

 これに対して、主は、

イスラエルにバアル礼拝をしない者、7千人を残しておくと答えられたのだそうです。

 

 そして、エリヤは、主が命じられたとおりに、ダマスコに帰り、

ハザエルに油を注いでアラムの王とし、

ニムシの子エフーに油を注いで、イスラエルの王とし、

エリシャに油を注いで自分の後継者としたのち、

死を見ることなく、火の戦車に迎えられ、たつまきに乗って天に移されたのだそうです。

 

 イエスは、試練に遭ったときにも、イエスのもとに踏みとどまり、

イエスと一緒にいて、イエスについて行った弟子たちに、

「わたしの国でわたしの食卓に着いて食事をし、王座に着く」と仰られました。

 

 イエスは、キリスト(救い主)として、ただ一度、天のまことの聖所に入り、

ご自分の血をささげて、贖いを成しとげ、

私たちの良心をきよめて死んだ行いから離れさせ、

生ける神に仕える者にしてくださり、

永遠の資産を受け継ぐ者にしてくださるのだそうです(ヘブル19:11~15)。

 

 また、イエスご自身が、

私たちの信仰がなくならないように祈っていてくださり、

立ち直らせてくださるのだそうです。

三度もイエスを知らないと言って自分を守ったペテロのときのように(ルカ22:31~32)。

今日も。

 

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

 

[https://blog.with2.net/link/?1470390 人気ブログランキングへ]

 

[269RANKのランキングサイト]