読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風にそよぐ葦

プロテスタントのキリスト教会員です。「ローズンゲン日々の聖句」より、その日、その日の聖書の言葉を紹介しています。

順境の日には楽しめ。逆境の日には考えよ

順境には楽しめ、

逆境にはこう考えよ。

人が未来について無知であるようにと、

神はこの両者を造られた。コヘレトの言葉7:14

 

 パウロの手紙:

私は、いついかなる場合にも対処する秘訣を授かっています。

私を強めてくださる方のお陰で、

私にはすべてのことが可能です。フィリピ4:12~13

 

 ヨハネ20:1~20

 ルカ24:36~49(通読箇所)

(ローズンゲン日々の聖句4/18;火)

 

 順境の日も、逆境の日も神がそれぞれ目的をもって造られたのだそうです。

私たちが逆境に遭うことにも神の目的があるということでしょうか。

天の神、主は、逆境を通しても私たちに何かをしようとしておられるようです。

 

 使徒パウロは言います。

「私はどんな境遇にあっても満ち足りることを学びました。

私は、貧しさの中にいる道も知っており、豊かさの中にいる道も知っています。

また、飽くことにも植えることにも、富むことにも乏しいことにも、

ありとあらゆる境遇に対処する秘訣を心得ています。

私を強めてくださる方によって、どんなことでもできるのです」(ピリピ4:11~13新改訳)と。

 

 旧約聖書に書かれたある通りに、

すべての人の〔的外れ〕の責任を負って、神にそむいた者として十字架刑で処刑されるという苦しみを受け、

三日目に死人の中からよみがえり、

その名によって、罪の赦しを得させる悔い改めが、エルサレムから始まってあらゆる国の人々に宣べ伝えられるために、約束の方が来られる(ヨハネ20:1~20、ルカ24:36~49)。

その約束の方が受け入れる者と共にいてくださるのだそうですから。

逆境の今日も。

 

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

 

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]

 

[269RANKのランキングサイト]