読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風にそよぐ葦

プロテスタントのキリスト教会員です。「ローズンゲン日々の聖句」より、その日、その日の聖書の言葉を紹介しています。

光に導き入れ、恵みの御業、ご自身の義を着せて

主は私を光に導かれ、

私は主の恵みの御業を見る。ミカ書7:9

 

 一緒に食事の席に着いたとき、

イエスはパンを取り、賛美の祈りを唱え、

パンを裂いてお渡しになった。

すると、二人の目が開け、(復活された)イエスだと分かった。ルカ24:30~31

 

 ルカ24:1~12

 コロサイ書1:15~20(通読箇所)

  (ローズンゲン日々の聖句4/22;土)

 

 天の神、主、「わたしはあるという者」と名乗られる方は、やみの中にいる者を、光そのものであるご自身の中に連れ出し、導き、恵みの御業、ご自身の義を見させてくださるのだそうです。

 

 御子は、見えない神の、人に見えるかたち、神のことばであり、

万物よりも先に存在している方。

万物、天にあるもの、地にあるもの、見えるもの、見えないもの、王座も主権も支配も権威も、すべて御子によって、御子のために造られ、

万物は御子にあって成り立っているのだそうです。

 

 その御子である神が、女の子孫として(創世記3:15)、ダビデの子孫である処女マリヤの胎を通して人となり(ルカ3:23~38)、人の世に来てくださったのが、あのイエスだというのですね(ヨハネ1:14)。

 

 父である神は、この方を、すべての人の身代わりとし、すべての人の〔的外れ〕の責任をこの方の上に置いて、神に反逆した者として十字架刑で処刑し、その流された血によって平和をつくり、万物をご自身と和解させてくださったのだそうです(コロサイ1:15~20)。

 

 2000年ほど前、過ぎ越しの祭りの時、

エルサレム城外で十字架刑での処刑を受けて死に、

近くにあった、アリマタヤのヨセフが自分のために掘っておいた墓に葬られ、

三日目、日曜日の早朝、死人の中から新しい霊のからだに復活されたイエス(ルカ24:1~12)。

 

 この方こそ、その、御子である神。

受け入れる者に神との和解を与え、

光そのものである〔聖である霊〕と呼ばれる方を派遣して、

この方の中に満たし、

神の義を着せ、神の子の身分を与えて神の家族としてくださり、

〔父である神〕が一人一人に思っておられる御思いをそれぞれの心に置き、

神と心を一つにし、神がしようと思われることをしていく者にしてくださる方なのだそうです。

今日も。

 

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

 

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]

 

[269RANKのランキングサイト]

 

<ahref="https://www.blogmura.com/point/00697809.html" ><imgsrc="https://blogparts.blogmura.com/parts_image/user/pv00697809.gif"alt="PVアクセスランキング にほんブログ村"/></a>