読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風にそよぐ葦

プロテスタントのキリスト教会員です。「ローズンゲン日々の聖句」より、その日、その日の聖書の言葉を紹介しています。

陶工の手の中にある粘土のように、

見よ、粘土が陶工の手の中にあるように、

イスラエルの家よ、

お前たちはわたしの手の中にある。エレミヤ書18:6

 

 私たちは神に造られたものであり、

しかも、神が前もって準備してくださった善い業のために、

キリスト・イエスにおいて造られたからです。エフェソ書2:10

 

 ヨハネ10:1~10

 コロサイ書3:1~4(通読箇所)

  (ローズンゲン日々の聖句5/1;月)

 

 天の神、主、「わたしはあるという者」と名乗られる方と私たち人間の関係は、粘土と陶工の関係のよう、なのだそうです。

陶工が自分の思い通りに粘土から陶器を作ろうとし、気に入らなければ、別のものに作り替える、あるいは、砕いてしまう権威を持っているような。

 

 それで、天の神、主は、私たち一人一人を通してしようと思っておられる善い業があり、私たちにそれができるように、必要な状況を前もって準備していて、私たちが踏み出しさえすればできるようにしていてくださるようです。

 

 イエスは、〔神のことば〕として、〔父である神〕の御思いを表現してくださり、

〔聖である霊〕と呼ばれる方を受け入れる者に派遣してくださって、

〔父である神〕のその御思いを私たちの心に置いてくださり、

羊飼いが羊を導くように善い業に導いてくださるのだそうです。

 

 私たちは、神の御思いに対抗するばかりの、自分自身の〔生まれた時からの私〕という霊をイエスの十字架刑での処刑に合わせていただいて、すでに死んでいるものとし、〔生まれた時からの私〕という霊から出てくる思いは死んだものから来た思いと認めてイエスの前に投げ捨てながら、

イエスとともによみがえらされ、今は、神の内に隠されていて、次にイエスがおいでになるとき、栄光のうちに現れる新しいいのちを本当の私として、思いながら(コロサイ3:1~4)、

〔聖である霊〕と呼ばれる方が心に置いてくださる御思いについて行って、

神が用意していてくださる善い業へと導かれて行くのだそうです。

今日も。

 

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

 

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]

 

[269RANKのランキングサイト]

 

<ahref="https://www.blogmura.com/point/00697809.html" ><imgsrc="https://blogparts.blogmura.com/parts_image/user/pv00697809.gif"alt="PVアクセスランキング にほんブログ村"/></a>