読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風にそよぐ葦

プロテスタントのキリスト教会員です。「ローズンゲン日々の聖句」より、その日、その日の聖書の言葉を紹介しています。

貧しい人、災いにあっている人、おさなごを心に留めておられる方と思いを一つにして

わたしは多くの戒めを書き与えた。

しかし、彼らはそれを無縁なものと見なした。ホセア書8:12

 

 パウロの手紙:

キリストの恵へ招いてくださった方から、あなたがたがこんなにも早く離れて、ほかの福音に乗り換えようとしていることに、私はあきれ果てています。ガラテヤ1:6

 創世記1:9~13

 ヨエル2:1~11(通読箇所)

  (ローズンゲン日々の聖句5/9;9)

 

 貧しい人をあざける者は造り主を見くびる者、

災いの時に喜ぶ者は赦されない。箴言17:5

 

 これらの小さい者を一人でも軽んじないように気をつけなさい。

言っておくが、彼らの天使たちはいつもわたしの天の父の御顔を仰いでいるのである。マタイ18:10

 創世記1:14~19

 ヨエル書2:12~17(通読箇所)

  (ローズンゲン日々の聖句5/10;水)

 

 天の神、主、「わたしはあるという者」と名乗られる方から、

「さあ、人を造ろう。われわれのかたちとして、われわれに似せて」(創世記1:26)、

「わたしたちが一つであるように、彼らも一つである」(ヨハネ17:22)ように、

と望まれて造られた私たち人間。

 

 その、天の神、主と思いを一つにし、心を一つにして生きる場にとどまることをしないで、

もっと素晴らしい者になろう、もっと高く上ろうとして、

自分一人で善悪を決める者となり(創世記3:5、22)、

自分の造り主である天の神、主、「わたしはあるという者」と名乗られる方に対立、対抗するものとなった最初の人アダム。

そして、私たちすべての人間はこのアダムの性格を受け継いで生まれて来た者なのだそうです。

 

 その「善悪を知る者」、自分一人で、ことの善悪を判断し、決定する者となっている私たちは、天の神、主が、御思いを戒めのかたちで書き与えられても、それを無縁なもの、自分とは関わりのないものとみなし、自分の判断に頼って、自分が正しい、好ましいと思える道へとそれて行くばかりなのだそうです。

 

 天の神、主は、自分の思うままに滅びに向かって突き進む私たち人間が、心低くして、自分が造られたものであることを認めて、造り主であるご自身に心を向けることもあろうかと、

例えば、預言者ヨエルの時代に襲ったイナゴの災害でイスラエルを打たれたようなことも許可なさるのだそうです(ヨエル2:1~11)。

 

 ご自身に立ち返って、

十字架に架かられ、死人の中から復活し、天の御子である神の座に帰られたイエスが派遣される

〔聖である霊〕と呼ばれる方をお迎えして、

貧しい人、災いにあっている人を心に留め、おさなごたちを大切にしているご自身と思いを一つにし合って生きるようにと願われ、

恵みと憐れみを用意して待っていて下さるのだそうです(ヨエル2:12~17)。

今日も。

 

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

 

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]

 

[269RANKのランキングサイト]

 

<ahref="https://www.blogmura.com/point/00697809.html" ><imgsrc="https://blogparts.blogmura.com/parts_image/user/pv00697809.gif"alt="PVアクセスランキング にほんブログ村"/></a>