風にそよぐ葦

プロテスタントのキリスト教会員です。「ローズンゲン日々の聖句」より、その日、その日の聖書の言葉を紹介しています。

すべての良いものを、私たちに備えて

わたしはあなたたちと、
とこしえの契約を結ぶ。
イザヤ書55:3

 

永遠の契約の血による羊の大牧者、
私たちの主イエス・キリストを、
死者の中から引き上げられた平和の神が、
御心に適うことをイエス・キリストによって
私たちにもしてくださり、
御心を行うために、
すべての良いものをあなたがたに
備えてくださるように。
ヘブル書13:20~21

 

 エレミヤ書17:13~17
 エレミヤ書21:1~14(通読箇所)
   (ローズンゲン日々の聖句10/23;金)


 天の神、【主】、
「『わたしはある(I am)』という者」
と名乗られる方(出エジプト3:14)は、
私たちとも、永遠の契約を結んでくださっているのだそうです。
エスが十字架刑での処刑を受けて流された血によって。

 

 【父である神】は、
死んで、墓に葬られたイエスを、
三日目の日曜日の早朝、
死人の中から新しい霊のからだに復活させ、
この契約が確かなものであると
保証していてくださるのだそうですから。

 

 

 また、このイエスを私たちの大牧者として立て、
このイエスを通して
【聖である霊】と呼ばれる方を私たちに派遣し、
この方によって私たちの心にご自身の御思いを置き、
私たちの心にご自身の御思いがあるようにしてくださり、
受け入れる者がご自身と一つ心になって生きるように
していてくださるのだそうですから。(エレミヤ31:31~34、エゼキエル36:25~28、ヨハネ17::21~23)

 

 私たちが、その御心のとおりに生きることができるように
あらゆる良いものを備え、整えて。

 

 それで、私たちも、エレミヤのように、
この方に向かって言うのですね。
「私の望みである【主】よ。
私をいやしてください。
そうすれば、私は癒されます。
私をお救いください。
そうすれば、私は救われます。
あなたこそ、私の賛美だからです。
私を恐れさせないでください。
あなたは、わざわいの日の、私の身の避けどころです」と。(エレミヤ17:1~17)

 

 この方が、私たちを「的外れ」から立ち返らせようとして、
私たちを打たれる時にも。(エレミヤ21:1~14)

 

 

聖書のことばへの疑問、
近くの教会を知りたい、
教会に行っていないけれど、
葬儀をキリスト教でしたい、
婚活で、広く出会いを求めたい、
等のお問い合わせは、
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。

 

〈(株)プレス・ ユア・ ホーム https://christ-sougi.com/ 所属〉)
〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉

イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキング]