風にそよぐ葦

プロテスタントのキリスト教会員です。「ローズンゲン日々の聖句」より、その日、その日の聖書の言葉を紹介しています。

神の御思いが私たちの内にあり、私たちの思いが神の内にあるようにしていただいて

私はあなたのもの。
どうかお救いください。
詩119:94

 

あなたがたがわたしの中におり、
わたしの言葉が
あなたがたのうちにとどまるならば、
望むものを何でも願いなさい。
そうすればかなえられる。
ヨハネ15:7

 

 Ⅰヨハネ3:1~6
 ルカ4:1~13(通読箇所)
   (ローズンゲン日々の聖句1/7;木)

 


 ぶどうの木の枝が、
そのぶどうの木と一体であるように、
私たちが、天の神、【主】、
「『わたしはある(I am)』という者」と
名乗られる方(出エジプト3:14)の中におり、
その方の御思いが私たちの内にとどまっている、
ということが起こるのですね。

 

 イエスが私たちの身代わりとなって
十字架刑での処刑を受けてくださり、
死んで墓に葬られ、
三日目、日曜日の早朝、
死人の中から新しい霊のからだに復活され、
天の【父である神】の右の座に帰られたこと、

 

 そして、その位にあって
私たちにもう一人の方、
【聖である霊】と呼ばれる方を派遣してくださって、
この方が、【父である神】の御思いを
私たちの心に置いてくださることによって。

 

 このことによって、
私たちがこの方のものとなり、
神の子の身分を与えていただき(Ⅰヨハネ3:2)、
この方の御思いが
心の内にある者としていただけるのだそうですから。

 

 そして、【父である神】は、
私たちを通してしようと思われることを
私たちの心の思いとして起こし、
それを私たちが願い求めていくことで、
御思いを実現なさるのだそうですから。

 


 私たちが、
心に浮かぶ思いの一つ一つをこの方に申し上げ、
聞いていただき、知っていただいて、
私たちの思いがこの方の御思いの中にあるようになり、

 

エスを通して私たちに来てくださる
【聖である霊】と呼ばれる方によって、
この方の御思いを心に置いていただき、
書き記していただいて、
この方の御思いが私たちの内にあるように
していただけりるのだそうですから。
今日も。

 

 

(聖書のことばへの疑問、
近くの教会を知りたい等の方、

また、婚活で広く出会いを求めたい

教会に行っていないけれど、
葬儀をキリスト教でしたい、等の方、
お問い合わせは、
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。)

 

〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉
〈(復活社 http://www.sougi8849.jp/index.html 〉

 

 

イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキング]