風にそよぐ葦

プロテスタントのキリスト教会員です。「ローズンゲン日々の聖句」より、その日、その日の聖書の言葉を紹介しています。

災いではなく、平安を与えて下さる方に

朝には、
あなたの慈しみを喜び歌います。
あなたは私の砦の塔、
苦難の日の逃れ場。
詩59:17

 

朝早くまで暗いうちに、
エスは起きて、
人里離れた所へ出て行き、
そこで祈っておられた。
マルコ1:35

 

 マタイ5:1~10(11~12)
 ロマ書3:21~28
 エレミヤ書29:1~14(通読箇所)
   (ローズンゲン日々の聖句10/31;土)

 


 イエスがそうされていたように私たちも、
朝早く、一人の場所で
【父である神】との親しい交わりに入るのですね。
この方の御思いの中に浸るときを。
この方の慈しみを喜び歌って。

この方こそ、私の砦の塔、苦難の日の逃れ場ですから。

 自分が、心(霊)の貧しい者、
自分の〔生まれたときからの私〕という霊から出てくる思いは、
神に対立、対抗するばかりの思いであることを認めて、
エスによって来てくださる
【聖である霊】と呼ばれる方が心に置いてくださる
【父である神】の御思いに浸りながら。(マタイ5:1~10)

 

 

 【父である神】は、旧約聖書で証しされ、
エスによって実現し、
私たちに届けられている恵みのプレゼント、
「神の義」をすべての人が受け取り、
ご自身と思いを一つにして歩む生涯を送ってほしいと
願っておられるのだそうですから。(ロマ5:21~28)

 

 この方は、
「家を建てて住みつき、
畑を作ってその身を食べよ。
妻をめとって、息子、娘を産み、
息子には妻をめとり、
娘には夫を与えて、息子、娘を産ませ、
そこで増えよ。減ってはならない。
その町の繁栄を求め、そのために主に祈れ。
その繁栄はあなたがたの繁栄になるのだから。

 

 わたしがあなたがたのために立てている計画、
それはわざわいではなくて、
平安を与える計画であり、
あなたがたに将来と希望をあたえるものだ」
と言ってくださっているのでしょうね。

私たちにも。

 

 エレミヤを通して、
捕囚のイスラエルの民に語ったように。(エレミヤ29:1~14)

 

 私たちも、この方の御思いに浸されながら。
 今日も。

 

 

(聖書についての疑問、
近くの教会を知りたい等の方、

また、婚活で広く出会いを求めたい

教会に行っていないけれど、
葬儀をキリスト教でしたい、等の方、
お問い合わせは、
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。)

 

〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉
〈(復活社 http://www.sougi8849.jp/index.html 〉

 

 

 

イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキング]

七日目は、休んで

あなたは六日の間働き、
七日目には休まなければならない。
(口語訳)出エジプト記34:21

 

自分自身と教えとに気を配りなさい。
以上のことをしっかり守りなさい。
Ⅰテモテ4:16

 ヨハネ8:28~32
 エレミヤ書28:1~17(通読箇所)
   (ローズンゲン日々の聖句10/30;金)

 


 天の神、【主】、
「『わたしはある(I am)』という者」
と名乗られる方(出エジプト3:14)は、
天地万物の創造のみわざを6日間で終えられ、
7日目は、
なさっていたすべてのわざをやめられたのだそうです。

 

 それで、人間にも、
七日目には休むようにとおっしゃっておられるのだそうです。
 

 普段の仕事から離れ、
神との静かな交わりの中で自分自身を顧み、
神との関係を深めるように、と。

 

 イエスが、「わたしはある」と名乗られる方、
「在りて在る者」、
「あろうと思われるとおりに在る」お方であることを確認し、
この方のおことばにとどまって。(ヨハネ8:28~32)

 

私たちも。

今日も。

 

 

(聖書のことばについての疑問、
近くの教会を知りたい等、
また、教会に行っていないけれど、

葬儀をキリスト教でしたい
また、婚活で広く出会いを求めたい

等のお問い合わせは
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。)

 

〈(復活社 http://www.sougi8849.jp/index.html 〉
〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉

 

 

イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキング]

加える事も、減らすこともせず

私が命じる言葉に
何一つ加える事も、減らすことも
してはならない。
あなたたちの神、
主の戒めを守りなさい。
申命記4:2

 

愛する者たち、
私があなたがたに書いているのは、
新しい掟ではなく、
あなたがたが初めから受けていた
古い掟です。
この古い掟とは、
あなたがたが
すでに聞いたことのある言葉です。
Ⅰヨハネ2:7

 

 Ⅰコリント14:26~33
 エレミヤ書27:1~22(通読箇所)
   (ローズンゲン日々の聖句10/29;木)

 


 神のことばに、人間の考えで
何かを付け加えたり、減らしたりしてはならないのですね。

 

 使徒ヨハネが伝えている「新しい命令」も、
最初から聞いていた命令だったということのようです。

 

 【父である神】は、イエスを通して
【聖である霊】と呼ばれる方を私たちに派遣してくださり、
この方によって、ご自身の御思いを私たちの心に置き、
一人一人が、賛美したり、教えたり、
啓示を受けたり、異言で話したり、
証しをしたり、預言をしたりして、
私たちが成長するようにしてくださるのだそうです。

 

 しかし、それを聖書のことばに照らし合わせ、
吟味していくようにというのですね。

 

 新しい啓示と言うけれど、
それは今まで聞いてきたこと、
聖書の内容と一致するものなのだそうですから。

 

 同じ方が語っておられるので、
そこに、調和と一致があるのですから。(Ⅰコリント14:26~33)

 

 

 そして、この方の語られたことばは
そのとおりに成るのだそうです。

 

 この方は、エレミヤを通して語られました。
イスラエルの神、万軍の主はこう言われる。
わたしは大いなる力と伸ばした腕をもって、
地と地の面にいる、人と獣を造った。

 

 わたしは、私の目にかなった者に、この地を与える。
今わたしは、これらすべての地域を
わたしのしもべ、バビロンの王ネブカドネツァルの手に与え、
野の生き物もかれに与えて彼に仕えさせる。

 

 彼の地に時が来るまで、すべての国は、
彼とその子と、その子の子に仕える。

 

 しかし、その後で、多くの民や大王たちが
彼を自分たちの奴隷にする」(エレミヤ27:4~8)と。

 

 そして、今の私たちは、
この世界の歴史の中で、
このとおりのことが起こったことを知っているのですから。

 

 私たちにとっても、
この方のことばを聞いていくことが
生きる道なのだそうですから。

 

 自分の考えで付け加えたり、減らしたりせず。
そのことばのとおりを。

今日も。

 

 

(聖書のことばへの疑問、
近くの教会を知りたい等の方、

また、婚活で広く出会いを求めたい

教会に行っていないけれど、
葬儀をキリスト教でしたい、等の方、
お問い合わせは、
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。)

 

〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉
〈(復活社 http://www.sougi8849.jp/index.html 〉

 

 

イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキング]

イエスの御思いを、人生の土台として

神のほかに我らの岩はない。詩18:32

 

イエス・キリストという
既に据えられている土台を無視して、
だれもほかの土台を据えることは
できません。
Ⅰコリント3:11

 

 エフェソ書5:25~32
 エレミヤ書26:1~19(通読箇所)
   (ローズンゲン日々の聖句10/28;水)

 


 私たちの人生を建て上げる土台となる岩盤、
それがイエス・キリストなのですね。

 

 〔生まれたときからの私〕という霊から
出てくる思いによってではなく、
エスを通して来てくださる
【聖である霊】と呼ばれる方が心の置いてくださる
【父である神】の御思いによって生きる、
それがしっかりした岩盤を土台として
人生という家を建てることになるのだそうです。

 

一人の男が父と母を離れ、その妻と結ばれ、
ふたりは一体となるように、

私たちも、イエスを通して来てくださる
【聖である霊】と呼ばれる方によって、
【父である神】と思いを一つにするものに
していただけるのだそうですから。

 

 イエスは、ご自身に信頼する者たちを愛し、
ご自身をささげ、
みことばにより、水の洗いをもって、
ご自身に信頼する者をきよめて聖なる者とし、
しみや、しわや、そのようなものが何一つない、
聖なるもの、傷のないものとして、ご自身の前に
立たせてくださるのだそうですから。(エフェソ5:25~32)

 

 私たちにも。

 今日も。

 

 

聖書のことばへの疑問、
近くの教会を知りたい、
教会に行っていないけれど、
葬儀をキリスト教でしたい、
婚活で、広く出会いを求めたい、
等のお問い合わせは、
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。

 

〈(株)プレス・ ユア・ ホーム https://christ-sougi.com/ 所属〉)
〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉

イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキング]

神に聞いていく者へ、と

神より正しいと
主張できる人間があろうか。
ヨブ記9:2、3

 

律法学者が「先生、仰る通りです。
『神は唯一で他に神はない』
『心を尽くし知恵を尽くし
力を尽くして神を愛し、
隣人を自分のように愛せよ』という事は
焼き尽くす献げ物やいけにえよりも
優れています」と言うと
エス
「あなたに神の国から遠くない」
と言われた。
マルコ12:32~34

 

 ロマ書13:1~7
 エレミヤ書25:1~14(通読箇所)
   (ローズンゲン日々の聖句10/27;火)

 


 私たち人間は、
自分の判断のほうが神の判断よりも正しいと
思っている者のようです。

 

 だから、神の上に立って、
神を判断しようとするのでしょうね。

 

 また、この世の権威もすべて、
神によって立てられているのだそうです(ロマ13:1)。

 

 しかし、私たちの心のどこかには、
権威に従いたくない思いがあるのですね。

 

 

 律法学者の一人がイエスに尋ねたのだそうです。
すべてのおきて、命令の中でどれが第一でしょう」と。

 

 それでイエスは答えられたのですね。
「第一の戒めはこれです。
『聞け、イスラエルよ。
主は私たちの神。
主は唯一である。
あなたは心を尽くし、いのちを尽くし、
知性を尽くし、力を尽くして、
あなたの神、主を愛しなさい。』 

 

 第二の戒めはこれです。

『あなたの隣人を自分自身のように愛しなさい。』
これより重要な命令は、ほかにありません」と。

 

 これに対して、その律法学者は、
「先生、そのとおりです。」 と答え、
エスから「あなたは神の国から遠くない」
と言ってもらえたのだそうです。

 

 

 エレミヤは、イスラエルの民に語っています。
「ユダの王、アモンの子ヨシヤの第十三年から今日まで、
この23年間、私に【主】のことばがあり、
私はあなたがたに絶えず、しきりに語りかけたのに、
あなたがたは聞かなかった。
 

 また、【主】はあなたがたに、主のしもべである預言者たちを
早くからたびたび遣わされたのに、
あなたがたは聞かず、
聞こうと耳を傾けもしなかった」と。(エレミヤ24:3~4)

 

 

 私たち、天の神、【主】、
「『わたしはある(I am)』という者」
と名乗られる方(出エジプト3:14)から、
ご自身と思いを一つにする者をと願われて
造られた者なのだそうです。(創世記1:26)、

 

 しかし、私たちはその、神との一つに場にとどますことをせず、
この方に対立、対抗して、
「神の一人のようになり、
善悪を知る者」になった者の子孫。(創世記3:22)

 

 自分を神の上に置き、
神に聞こうとしない性質を持っている者のようです。

 

 神は、そのように「的外れ」になっている私たちの
〔生まれたときからの私〕という霊を、
エスが受けられた十字架刑での死によって、
処刑が終わっている者、
死んだものとしていてくださるのでそうです。

 

 そして、墓に葬られ、
三日目、日曜日の早朝、
死人の中から新しい霊のからだに復活し、
天の【父である神】の右の座に復帰されたイエスを通して
【聖である霊】と呼ばれる方を派遣してくださり、
この方によって、私たちの心にご自身の思いを置いて、
私たちの内にご自身の思いがあるようにし、
受け入れる者が
ご自身と思いを一つにして生きるように
していて下さるのだそうです。

 

 私たちも、この方をお迎えし、
神と心を一つにして生きるようにと。

今日も。

 

 

(聖書についての疑問、
近くの教会を知りたい等の方、

また、婚活で広く出会いを求めたい

教会に行っていないけれど、
葬儀をキリスト教でしたい、等の方、
お問い合わせは、
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。)

 

〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉
〈(復活社 http://www.sougi8849.jp/index.html 〉

 

 

 

イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキング]

農夫や漁夫を選んで、預言者、使徒となさる方が

主がお前に求めておられるのは、
正義を行い、慈しみを愛し、
神とともに歩むことではないか。
ミカ書6:8(10/25の週の聖句)

 

アモスは言った。
「私は家畜を飼い、
いちじく桑を栽培する者だ。
しかし、主は
羊を飼っているところから私を取り、
『行って、わが民イスラエルに預言せよ』
と言われた。」
アモス書7:4~15 

 

エス
ガリラヤ湖のほとりを歩いておられた時、
シモンとシモンの兄弟アンデレが
湖で網を打っているのをご覧になった。
エス
「わたしについて来なさい。
人間をとる漁師にしよう」
と言われた。
マルコ1:16~17

 

 マルコ10:2~9(10~12)13~16
 詩119:129~136(通読箇所)
   (ローズンゲン日々の聖句10/25;Ⅳ日曜)

 


 天の神、【主】、
「『わたしはある(I am)』という者」
と名乗られる方(出エジプト3:14)が私たちに求めておられること、
それは、ご自身と思いを一つにして
ともに歩むことなのですね。

 

 ご自身の、正義を行い、慈しみを愛する思いと
思いを一つにして。

 

 そして、すべての人に、
このご自身の御思いを伝えてほしいと
望んでおられるようです。

 

 アモスを羊を飼っているところから取り分け、
シモン・ペテロとアンデレを
ガリラヤ湖の漁師をしているところから取り分けて、
このご自身の思いを伝え、
多くの人がご自身に立ち返るようにと。

 

 小さな子どものように神の御思いを受け入れ、
ご自身と思いを一つにする者(マルコ10:7、15)、
おことばを慕い求める者(詩篇119:129~136)にしてくださって。

この新しい週も。

 

 

(聖書のことばについての疑問、
近くの教会を知りたい等、
また、教会に行っていないけれど、

葬儀をキリスト教でしたい
また、婚活で広く出会いを求めたい

等のお問い合わせは
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。)

 

〈(復活社 http://www.sougi8849.jp/index.html 〉
〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉

 

 

イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキング]

私たちの内にある、恵みの賜物は

主が民の霊を奮い立たせられたので、
彼らは出て行き、
彼らの神、
万軍の主の神殿を建てる作業に
取りかかった。
ハガイ書1:14

 

あなたのうちにある
恵みの賜物を
軽んじてはなりません。
Ⅰテモテ4:14

 

 使徒14:8~18
 エレミヤ書23:1~8(通読箇所)
   (ローズンゲン日々の聖句10/24;土)

 

 

バビロンの捕囚から帰って来た人々は、
すぐ、エルサレム神殿の再建に取りかかったのですが、
ユダの残留民やサマリヤ人の妨害に会い、
神殿再建は挫折してしまったのだそうです。

 

 そして、18年の時が過ぎ、
人々は、神殿再建よりも自分の家を建てることのほうに
力を注いでいたようです。

 

 その時、天の神、【主】、
「『わたしはある(I am)』という者」
と名乗られる方(出エジプト3:14)は、

預言者ハガイを遣わし、
「あなたがたは、
【主】の宮を建てるときはまだ来ていないと言っているが、
この宮が廃墟になっているのに
あなたがただけが板張りの家に住む時だろうか。
わたしはあなたがたとともにいる」
と民の心を励まし、民の霊を奮い立たせたので、
彼らは神殿を再建する作業に取りかかったのだそうです。

 

 パウロはテモテに、
「長老たちによる按手を受けたとき、
預言によって与えられた、あなたの内にある賜物を
軽んじてはなりません」と書き送っています。

 

 イエスの十字架刑での死と、
死人の中からの新しい霊のからだへの復活を通して
【父である神】からの賜物として
私たちにも来てくださっている【聖である霊】と呼ばれる方。

 

 この方が私たちの心に置いてくださる
【父である神】の御思い。

 

 私たちが、その御思いのとおりに行動を起こしていくとき、
そこに、【父である神】がしようと思われるとおりの御業が
起こって行くのですね。

 

 リステラ(今のトルコにある町)でのこと、
座って、パウロの話に耳を傾けていた、
生まれつき足が動かず、歩いたことのない人に、
パウロが、大声で、
「自分の足で、まっすぐに立ちなさい」というと、
彼は飛び上がり、歩き出したように。(使徒14:8~10)

 

 また、エレミヤを通し、
イスラエルの家の末裔まつえいを、
北の地や、
彼らが散らされていたすべての地から上らせた【主】は、
生きておられる」と言って、
自分たちの土地に住むようになる」(エレミヤ23:8)
と言われたことばが、
2600年ほどを経た今日に起こっているように。

 

私たちにも。
今日。

 

 

(聖書のことばへの疑問、
近くの教会を知りたい等の方、

また、婚活で広く出会いを求めたい

教会に行っていないけれど、
葬儀をキリスト教でしたい、等の方、
お問い合わせは、
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。)

 

〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉
〈(復活社 http://www.sougi8849.jp/index.html 〉

 

 

イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキング]