風にそよぐ葦

プロテスタントのキリスト教会員です。「ローズンゲン日々の聖句」より、その日、その日の聖書の言葉を紹介しています。

思い煩いの一つ一つを、イエスにお渡しして

思い煩いは、
何もかも神にお任せしなさい。
神が、あなたがたのことを
心にかけていてくださる。
Ⅰペテロ5:7(9/20の週の聖句) 

 

いつまで、主よ、
私を忘れておられるのか。
詩13:2

 

あなたがたは世では苦難がある。
しかし、勇気を出しなさい。
わたし
(イエスは既に世に勝っている。
ヨハネ16:33

 

 Ⅰテモテ6:(3~5)6~11a
 Ⅱコリント8:1~9(通読箇所)
   (ローズンゲン日々の聖句9/22;火・祝)

 

 天の神、【主】、
「『わたしはある(I am)』という者」
と名乗られる方(出エジプト3:14)が、
私たちのことを、心にかけ、気に留め、
心配していてくださるのだそうです。

 

 だから、思いわずらい、心配事は何でも、
この方にお話しし、知っていただき、
見ていただくといいのだそうです。

 

 

 困難の中で、この方に叫んでも何の答えもなく、
私のことを忘れてしまったのではないかと思うこともありますが、

すでに世に勝っていてくださる方、
主イエスが見ていてくださるから大丈夫なのだそうです。

 

 ただ、こういうことはあるようですね。
金持ちになりたがる人たちは、誘惑と罠と、
また、人を滅びと破滅に沈める、
愚かで有害な多くの欲望に陥るので、
注意しないといけないようです。
金銭を愛することが、
あらゆる悪の根なのだそうですから。(Ⅰテモテ6:6~11a)

 

 

 私たちも、思い煩い、心配事のの一つ一つを
エスに話し、聞いていただいて、
世に勝利しているイエスの出来事にしていただきながら。
今日も。

 

 

聖書のことばへの疑問、
近くの教会を知りたい、
教会に行っていないけれど、
葬儀をキリスト教でしたい、
婚活で、広く出会いを求めたい、
等のお問い合わせは、
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。

 

〈(株)プレス・ ユア・ ホーム https://christ-sougi.com/ 所属〉)
〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉

イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキング]

外なる人は衰えても、内なる人は日々に新たにされて

あなたは主によって喜び躍り、
イスラエルの聖なる神によって誇る。
イザヤ書41:16

 

私たちの主イエス・キリストによって、
私たちは神を誇りとしています。
今やこのキリストを通して
和解させていただいているからです。
ロマ5:11

 

 申命記26:1~11
 Ⅱコリント4:1~6(通読箇所)
   (ローズンゲン日々の聖句9/14 ; 月) 

 

 

アブラハムは、
主の言葉によって旅立った。
創世記12:4

 

信仰によって生きる人こそ、
アブラハムの子である。
ガラテヤ書3:7

 

 ガラテヤ書5:22~26
 Ⅱコリント4:7~18(通読箇所)
   (ローズンゲン日々の聖句9/15;火)


 【父である神】は、
【御子】イエスが受けられた
十字架刑での処刑による死によって、
私たちをご自身と和解させてくださっているのだそうです。

 

 そのうえで、ねたむほどに愛しておられる方、
【聖である霊】と呼ばれる方を私たちに派遣してくださいました。

 

 この方によって、私たちの心に、ご自身の御思いを置いて、
私たちの心にご自身の思いがあるようにし、
受け入れる者が、ご自身と一つ思いになって生きるようにと。

 

 それで、これを受け取った者は、
この新しい生き方によって、
神を喜び、誇りとしていくのですね。

 

 かつては、神から離反していた者であったのに、
今は、イエスが受けてくださった十字架の死によって、
神に近い者、
神と思いを一つにして生きている者に
していただいていることを告白しながら。(申命記26:5~9)

 
 アブラハムが、行く所を知らないまま、
神のことばに従ってカルデヤのウルから出て行ってように、
私たちも、神に信頼し、
【聖である霊】と呼ばれる方が心に置いてくださる
【父である神】の御思いのとおりに行動を起こして。

 

 〔生まれたときからの私〕という霊から出て来る思いは、
エスとともに、十字架刑で処刑された、
死んだものから出て来た思いであると認めて、
これをイエスの御前に差し出し、見てもらいながら。

 

 この方について行くなら、私たちも、
愛、喜び、平安、寛容、
親切、善意、誠実、柔和、自制という実を結ぶ者と
していただけるのだそうですから。(ガラテヤ5:22~26)

 

 

 素晴らしい宝を入れている、素焼きの土の器のように、
外の器、〔生まれたときからの私〕は、
日々に、死んでいるもの、衰えて行くものと認め、
【聖である霊】と呼ばれる方による
新しい人、内なる人は日々新たにされて。
 

永遠の栄光を着せていただくその日を目指して。
今日も。

 

 

(聖書についての疑問、
近くの教会を知りたい等の方、

また、婚活で広く出会いを求めたい

教会に行っていないけれど、
葬儀をキリスト教でしたい、等の方、
お問い合わせは、
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。)

 

〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉
〈(復活社 http://www.sougi8849.jp/index.html 〉

 

 

 

イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキング]

思ったとおりにできないことは、何一つないのだそうですから。この方は

私の魂よ、主をたたえよ。
主の御計らいを
何一つ忘れてはならない。
詩103:2(9/13の週の聖句)

 

ああ、主なる神よ、
あなたは大いなる力を振るい、
腕を伸ばして
天と地を造られました。
あなたの御力の及ばないことは
何一つありません。
エレミヤ書32:17

 

エスの言葉:
わたしは
天と地の一切の権能を授かっている。
だから、あなたがたは行って、
すべての民をわたしの弟子にしなさい。
彼らに
父と子と聖霊の名によって洗礼を授け、
あなたがたに命じておいた
すべてのことを守るように
教えなさい。
マタイ28:18~20

 

 ルカ17:11~19
 詩146(通読箇所)
   (ローズンゲン日々の聖句9/13;Ⅱ日曜)


 主なる神、
「『わたしはある(I am)』という者」
と名乗られる方(出エジプト3:14)は、
その、全能の御力をもって
天と地、この宇宙、この地球、
そして、その自然環境のすべてを造られた方。

 

 この方の力の及ばないこと、
思ったとおりに出来ないことは何一つないのですね。

 

 人となられた【独り子であられる神】イエスは、
【父である神】から
天と地の一切の権威をゆだねられている方。

 

 そして、私たちに、
出て行って、すべての、あらゆる国の人々に、
エスによる喜びのニュースを伝えるよう、
願っておられるのだそうです。
 

 信頼し、受け取る者に、
【父】と【子】と【聖霊】の御名によって洗礼(バプテスマ)を授け、
【聖である霊】と呼ばれる神をお迎えして、
この方によって、
心に【父である神】の御思いを置いていただき、
【父である神】の御思いが心にあるようにしていただき、
【父である神】の思われるとおりの生活をしていく者になるように、と。

 


 イエスが、エルサレムに向かう途中、
ある村に入られると、
ツァラート(重い皮膚病)に冒された10人の人がイエスを出迎え、
「イエス様、私たちをあわれんでください」と
声を張り上げて言ったのだそうです。

 

 イエスはこれを見て、
「行って、自分のからだを祭司に見せなさい」と言われた。
ツァラートに冒された人は、
一般社会から隔離され、
これが治った場合、祭司に見せ、
祭司から「清い」と宣言してもらい、
一般社会に戻ることができた。)

 

 イエスは、この病気の人たちに、
その病気が治ったときの行動をとるように言われ、
10人は、このイエスの言葉に従って行動を起こした、
ということのようです。

 

 すると、祭司のところに行く途中で、10人は、
ツァラート(重い皮膚病)が治っていることが分かり、
その一人はイエスのところに帰って来て、
エスの足もとにひれ伏し、
感謝したのだそうです。(ルカ17:11~19) 

 

 

 このように、イエスは、
そう思われ、そう言われると、
そのとおりになる権威を持っている方なのだそうです。

 「『 わたしはある(I am)』という者」 ( 出エジプト3:14)
と名乗られる方。

あろうと思われるとおりに在ることができる方。

 

 それで、私たちも、イエスに、賛美をささげるのですね。
「ハレルヤ。
わがたましいよ、主をほめたたえよ。
私は生きているかぎり、主をほめたたえる。
いのちのあるかぎり、
私の神にほめ歌を歌う」(詩篇146:1~2)と、
「わがたましいよ 主をほめたたえよ。 
主が良くしてくださったことを何一つ忘れるな」(詩篇103:2)と。

この新しい週も。

 

 

(聖書のことばについての疑問、
近くの教会を知りたい等、
また、教会に行っていないけれど、

葬儀をキリスト教でしたい
また、婚活で広く出会いを求めたい

等のお問い合わせは
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。)

 

〈(復活社 http://www.sougi8849.jp/index.html 〉
〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉

 

 

イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキング]

創造者を体験し、知る、賢い者の歩みを

地とそこに満ちるもの、
世界とそこに住むものは、
主のもの。
詩24:1

 

あなたがたは、
愚かな者としてではなく、
賢いものとして、
細かく気を配って歩みなさい。
エフェソ書5:15

 

 ユダ書1、2、20~25
 Ⅱコリント3:12~18(通読箇所)
   (ローズンゲン日々の聖句9/12;土)


 地球とそこに満ちるもの、
世界とそこに住むものは、

天の神、【主】、
「『わたしはある(I am)』という者」
と名乗られる方(出エジプト3:14)のもの、
なのですね。

 

 なぜなら、この宇宙と地球、
その自然環境、
そして、そこに生きるいのちあるものを創造されたのは、
この方なのだそうですから。

 

 この世の知者は、「神はいない」と言います。
しかし、それは愚かなこと。
 

 天の神、【主】を知ることこそ、
知恵の初めなのだそうですから。
 

 ですから、愚かな者としてではなく、
神を体験し、知ってている賢い者として、
自分がどういう歩みをしているか、
注意を払い、細かく気を配って、
神の御思いが成ることを願って、
【聖である霊】と呼ばれる方の働きを受け取って行きなさい、
と勧められるのですね。

 

 この方は、私たちの心に、
祈り、願い、志しを置いてくださり、
神の愛のうちに自分自身を置き続け、
永遠のいのちに導くイエス・キリストのあわれみを
待ち続けようという思いを置いてくださるのだそうですから。
 

 【父である神】は、
永遠の昔も今も、
栄光、威厳、支配、権威に満ちておられる方。
私たちを、つまずかないように守り、
傷のない者とし、
大きな喜びとともに、
ご自身の栄光の御座の前に
立たせてくださるのだそうですから。(ユダ20~25)

 

 そして、【聖である霊】と呼ばれる神は、私たちに、
【御子である神】、イエスの栄光を、
顔に、鏡のように映てくださり、
栄光から栄光へとイエスと同じかたちにまで
変えようと思っていて
くださるのだそうですから。(Ⅱコリント3:18)

今日も。

 

 

(聖書のことばへの疑問、
近くの教会を知りたい等の方、

また、婚活で広く出会いを求めたい

教会に行っていないけれど、
葬儀をキリスト教でしたい、等の方、
お問い合わせは、
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。)

 

〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉
〈(復活社 http://www.sougi8849.jp/index.html 〉

 

 

イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキング]

【聖である霊】と呼ばれる方が、求める者に来てくださって

主よ、
私の祈りを聞き、
助けを求める叫びに耳を傾けてください。
私の涙に沈黙していないでください。
詩39:13

 

カナンの女は来て、
エスの前にひれ伏し、
「主よ、
どうかお助け下さい」と言った。
マタイ15:25

 

 ヤコブ書2:5~13
 Ⅱコリント3:1~11(通読箇所)
   (ローズンゲン日々の聖句9 /11;金)

 

 天の神、【主】、
「『わたしはある(I am)』という者」

と名乗られる方(出エジプト3:14)は、
私たちの涙を見ていてくださり、
助けを求める叫びに耳を傾けていてくださる方。

 

 イエスが、まだ、その時ではないのに、
御前にひれ伏し
助けを求め続ける異邦人の女の願いを聞いて、
その娘を癒してくださったように。

 

 

 天の神、【主】は、
貧しい者、
自分には神に聞いてもらえる資格はないと自覚して、
なお、求める者をあわれみ、
その信頼を増し、
御国を受け継ぐ者としてくださる方なのだそうです。
正義によるさばきよりも
憐れみを優先させ、(ヤコブ2:5~13)

私たちを文字に仕える者ではなく、
新しい契約に仕える者にしてくださって。(Ⅱコリント3:6)

 

 

 新しい契約とは、
神の霊、【聖である霊】と呼ばれる方によって、
私たちの心に
【父である神】の御思いが置き、書きしるし、
受け入れる者を、
【父である神】と思いを一つにし、行動を一つにし、
存在を一つにして生きるようにしてくださるというもの。(エレミヤ31:31~34、エゼキエル36:25~28、ヨハネ17::21~23)

 

 文字として記された律法によって
さばいていくものではなく。

 

 

 この【聖である霊】と呼ばれる方は、
私たちの身代わりとなって
十字架刑での処刑を受けて死に、
墓に葬られ、
三日目に死人の中から新しい霊のからだに復活し、
40日にわたって何度も弟子たちに現れ、
神の国のことを語ったのち、
オリーブ山で、弟子たちが見守る中、上げられ、
天の【父である神】の右の座に帰られた
エスを通して来てくださる方なのだそうですから。

 

 求める者に来てくださり、
【父である神】の御思いを実行してくださって。

私たちにも。

今日も。

 

 

聖書のことばへの疑問、
近くの教会を知りたい、
教会に行っていないけれど、
葬儀をキリスト教でしたい、
婚活で、広く出会いを求めたい、
等のお問い合わせは、
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。

 

〈(株)プレス・ ユア・ ホーム https://christ-sougi.com/ 所属〉)
〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉

イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキング]

虹を契約のしるしとしてくださり、

神の言葉:
わたしは雲の中に私の虹を置く。
これはわたしと大地の上に立てた
契約のしるしとなる。
創世記9:13

 

それ(神の契約)は、
目指す希望を持ち続けようとして
世を逃れて来た私たちが、
力強く励まされるためです。
ヘブル書6:18
 

 使徒4:32~37
 Ⅱコリント2:12~17(通読箇所)
   (ローズンゲン日々の聖句9/10;木)

 

 雨上がりの空にかかる虹は、
天の神、【主】、
「『わたしはある(I am)』という者」
と名乗られる方(出エジプト3:14)が立てられた
契約のしるしなのだそうですね。
 

 再び、大洪水を起こして、
地と地の上に住むすべての生き物を
滅ぼすことはない、との。

 

 天の神、【主】は、契約のしるしによっても、
前にある希望を捕らえようとして世を逃れて来た私たちに、
力強い励ましを与えていてくださるのだそうですから。

 

 

 神は、今から4000年ほど前、
子どものいないアブラハムに、
「わたしはあなたを大いなる国民とし、
あなたを祝福する。
あなたの名は祝福となる。
わたしはあなたを祝福する者を祝福し、
あなたを呪う者を呪う。
地上のすべての民族(部族)は
あなたによって祝福される」(創世記12:2~3)、

 

 「わたしはあなたの子孫を大いに増す。
さあ、天を見上げなさい。
星を数えられるなら数えなさい。
あなたの子孫はこのようになる。
あなたは多くの国民の父となる」(創世記15:5、17:1~5)と
約束されたのだそうですから。
 

 それが、ユダヤ人(イスラエル)として、
ナチスのような多くの、
民族を根絶しようとする働きを乗り越えて、
今日に至っているのだそうですから。

 

 

 そして、私たちには、
「それぞれ罪(「的外れ」)を赦していただくために、
悔い改めて(神に向き直って)、
イエス・キリストの名によってバプテスマ(洗礼)を受けなさい。
そうすれば、賜物として聖霊を受けます」(使徒2:38)と。
 

 この、【聖霊】と呼ばれる方が、
私たちの心に【父である神】の御思いを置いてくださり、
私たちの心に【父である神】の御思いがあるようにし、
受け入れる者が
【父である神】と思いを一つにして生きるように
してくださるのだそうですから。エレミヤ31:31~34、エゼキエル36:25~28、ヨハネ17::21~23)

 

 それで、このことを受け取った人たちは、
心と思いを一つにして、
すべてを共有にし、必要に応じてそれぞれに分け与え、
エスの復活を
大きな力をもって証ししていたのだそうです。(使徒4:32~35)

 

 キリストを知る知識の香りを、
いたるところで放ちながら。
神のことばを、
自分の考えを混ぜたりしないで、誠実に語って。(Ⅱコリント2:14~17)

 

 神は、契約のしるしによって、
私たちにも、力強い励ましを与えようと
思っていてくださるのだそうですから。

今日も。

 

 

(聖書についての疑問、
近くの教会を知りたい等の方、

また、婚活で広く出会いを求めたい

教会に行っていないけれど、
葬儀をキリスト教でしたい、等の方、
お問い合わせは、
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。)

 

〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉
〈(復活社 http://www.sougi8849.jp/index.html 〉

 

 

 

イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキング]

自分中心の思いから、切り替えてくださり

星や新月によって
お前の運命を告げる者などを
立ち向かわせ、お前を救わせてみよ。
見よ、彼らはわらにすぎず、
火が彼らを焼き尽くす。
イザヤ書47:13~14

 

いろいろな異なった教えに
惑わされてはいけません。
食べ物ではなく、恵みによって
心が強められるのはよいことです。
ヘブル書13:9

 

 申命記24:(10~13)17~22
 Ⅱコリント2:1~11(通読箇所)
   (ローズンゲン日々の聖句9/9;水)

 

 私たちは、何とかして、これから先のことを知りたいのですね。
それで、占星術師や占い師のもとに行きます。

 

 けれども、天の神、【主】、
「『わたしはある(I am)』という者」
と名乗られる方(出エジプト3:14)は言われます。
「それらの者にお前を救わせてみよ」と。

 

 「彼らは、農夫が刈り場でわらを焼き尽くすように、
火が彼らを焼き尽くすとき燃えてしまうではないか」と。

 

 私たちの周りにはいろいろな異なった教えが満ちています。
占星術などのように
はっきりとちがう教えだと分かるものはまだいいのですが、
「自分たちこそ正しいキリスト教だと」言いながら、
似ていて、違う教えには気をつけなければなりません。

 

 私たちも傾きやすいのですから。
「あれを食べてはいけない」、
「これを食べてはいけない」というような
禁欲主義的な生き方に。

 

 あるいは逆に、
「恵みによって救われたのだから、もう、何をしてもいいのだ。
律法は関係ないのだ」と、
放縦主義的な生き方に。

 

 でも、どちらの生き方も自分中心なのですね。
【父である神】は、
エスによって私たちに届けられた恵みとして来てくださる
【聖である霊】と呼ばれる方によって、
私たちを、ご自身と一つ思いで生きるように
していてくださるのだそうですから。

 

隣人 となりひと に何かを貸すときに、私たちから出る思いは、
その人の家に入って、
担保を自分で選んで取ろうと思うのですが、

 

神から来る思いでは、
家の外で待っていて、
その人自身が担保を持って来るようにし、

もし、その人が貧しい人なら、
その日のうちに、日没の頃には
その担保を返そうと思うのだそうですから。

 

 私たちは、賃金の支払いは、
出来るだけ少なくし、遅くしたいのですが、
神からは、貧しく困窮している雇人には、
 しいたげることなく、その日のうちに、
日没までに賃金を渡すように、と。

 

 私たちから出る思いは、
人が自分に罪を犯したら、7を70倍にし、
家族全部に仕返しをしようとする思いですが、

神からは、人が刑罰を受けて殺されるのは、
その人自身の罪によるのであって、
親の罪で子が殺されたり、
子の罪で親が殺されたりすることがないように、と。

 

 また、寄留者や孤児の権利を侵すことなく、
やもめの衣服を質に取らないように、と。

 

 私たちから出る思いは、
自分のものは全部自分に取り込んで、独占したいのですが、
 

神から来る思いは、
畑で穀物の刈り入れをするとき、
畑に置き忘れた束は、取りに戻ることなく、
寄留者や孤児、やもめのために残しておくように、と。

 

 オリーブの実を打ち落とすとき、
後になってまたその枝を打つことなく、
ぶどう畑のぶどうの収穫をするとき、
後になってまたそれを摘み取ることなく、
寄留者や孤児、やもめが取っていけるようにしようとの
思いなのだそうですから。(申命記24:10~22)

 

  また、私たちから出る思いは、
人の罪や失敗をいつまでも覚えていて、
さばき、非難し、責めるのですが、

 

神からは、人々を悲しませるのではなく、喜びをともにし、
自分の罪の処罰を受け悲しんでいる人を赦していく思いが
来るのだそうですから。(Ⅱコリント2:1~11)

 

 恵みによって、
エスを通して来てくださる【聖である霊】と呼ばれる方によって。今日も。

 

 

(聖書のことばについての疑問、
近くの教会を知りたい等、
また、教会に行っていないけれど、

葬儀をキリスト教でしたい
また、婚活で広く出会いを求めたい

等のお問い合わせは
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。)

 

〈(復活社 http://www.sougi8849.jp/index.html 〉
〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉

 

 

イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキング]