風にそよぐ葦

プロテスタントのキリスト教会員です。「ローズンゲン日々の聖句」より、その日、その日の聖書の言葉を紹介しています。

へりくだる者を、天の神、主が高めてくださり

預言者ミカ自身)
主に罪を犯したので、
主の怒りを負わねばならない。
ミカ書7:9

 主の前にへりくだりなさい。
そうすれば、
主があなたがたを高めてくださいます。
ヤコブ書4:10

 

 Ⅰコリント10:23~31

 マタイ10:34~42(通読箇所)

   (ローズンゲン日々聖句8/21;水)


 自分自身の「的外れ」の実態を認めて、
私自身のすべての点において、
主は正しいとすること、
それが、へりくだることなのでしょうか。

 

 私たちがそのようになったとき、
天の神、主、
「『わたしはある(I am)』という者と名乗られる方が、
私を高めてくださるのだそうです。

 

 「神のひとりのようになり、善悪を知る」ようになって、
天の神、主の創造の目的から「的外れ」になっている、
私の〔生まれたときからの私〕という霊を、
エスの受けて下さった十字架刑での処刑に合わせられたものとして、
処刑済み、死んだものとしてくださり、

 

 死んで、墓に葬られ、
三日目、日曜日の早朝、
死人の中から新しい霊のからだに復活し、
40日にわたって何度も弟子たちに現れ、
確かに、ご自身が生きていることを示されたうえで、
天の【父である神】の右の座に復帰なさったイエス

 

 そのイエスを通して来てくださる【聖である霊】と呼ばれる方が、
私たちに神の子の身分を与えてくださり、
さらに【父である神】の御思いを心に置いてくださって、
【父である神】と思いを同じくし、心を一つにして、
【父である神】がしようと思われることをしていくように
してくださるのだそうです。
キリストのからだとし、
子にふさわしい生き方をする者に。

 

 食べるにも、飲むにも、何をするにも、
御心を求め、
神の栄光を現すように(Ⅰコリント10:31)、と。

 

 イエスが十字架刑での処刑を受けるために
処刑上に向かって歩んでおられるときには、
私たちも自分が架かるべき十字架を背負って(マタイ10:38)。

 

 そして、イエスが十字架刑での処刑を受け、
私たちの死を完了していてくださる今は、
〔生まれたときからの私〕という霊から出てくる思いを
処刑されたもの、死んだものから出て来た思いだと認めて、
エスの御前にかなぐり捨てながら。

今日も。

 

(近くの教会を知りたい等の方、
また、婚活で広く出会いを求めたい、

教会に行っていないけれど、
葬儀をキリスト教でしたい、

等の方、
お問い合わせは、
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。)

 

〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉
〈(復活社 http://www.sougi8849.jp/index.html 〉

 

 

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

 

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキング]

 

<ahref="https://www.blogmura.com/point/00697809.html" >

アクセスランキング にほんブログ村"/></a

イエスを、何者とするのか

ひとりの男の子は

「驚くべき指導者、

力ある神、

永遠の父、

平和の君」

と唱えられる。イザヤ書9:5

 

 イエスは弟子たちに言われた。
「あなたがたはわたしを何者だと言うのか。」
マタイ16:15

 

 エフェソ書5:15~20
 マタイ10:26b~33(通読箇所)
   (ローズンゲン日々聖句8/20;火)


 イエスが何者か、ということが重要なのですね。
エスこそ、
イザヤを通して預言されているお方であるのか、
そのようにふるまっているだけのただの人なのか、という。

 

 ペテロが答えたように
「あなたは、生ける神の御子キリスト」であるのかどうか、が。

 

 私たち、すべての人間の身代わりとなり、
神に背き、
神に呪われた者として十字架刑での処刑を受け、
死んで葬られ、
三日目に死人の中から新しい霊のからだに復活し、
40日にわたって何度も弟子たちに現れ、
神の国のことを語ったのち、
オリーブ山で弟子たちが見守る中、上げられ、
天の、【父である神】の右の座に帰られたイエス

 

 そのイエスが、受け入れる者にもう一人の方、
【聖である霊】と呼ばれる方を派遣してくださって、
この方によって私たちの心に
【父である神】の御思いを置いてくださり、
受け入れる者が
【父である神】と思いを一つにして生きるように
してくださるのだそうですから。

 

 それで、受け入れる者は、この悪い時代にあって、
賢く、機会を十分に生かして用い、
【父である神】の御思いが何であるかを
求めていくようにしていただけるのだそうです。

 

 詩と賛美と霊の歌をもって、互いに語り、
主に向かって心から歌い、賛美しながら、

 

 また、いつでも、すべてのことについて、
私たちの主イエスの名によって
【父である神】に感謝しながら、

【聖である霊】と呼ばれる方に満たされていくようにも(エペソ5:15~20新改訳)。

 

 イエスは、
人の前でイエスを自分の主、救い主と認める者を、
天の【父である神】の御前で
ご自分と一つになっている者と
認めてくださるのだそうですから(マタイ10:32~33)。

今日も。

 

(近くの教会を知りたい等、
また、教会に行っていないけれど、
葬儀をキリスト教でしたい、
また、婚活で広く出会いを求めたい、

等のお問い合わせは
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。)

 

〈(復活社 http://www.sougi8849.jp/index.html 〉
〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉

 

 

 

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

 

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキング]

 

<ahref="https://www.blogmura.com/point/00697809.html" >

アクセスランキング にほんブログ村"/></a

神の知恵で生きる

見よ。あなたの王が来る。
彼は神に従い、
勝利を与えられた者、
高ぶることなく、
ろばに乗って来る。
ゼカリヤ書9:9

 

 人の子が、
仕えられるためではなく仕えるために、
また、多くの人の身代金として
自分の命を献げるために来た。
マタイ20:28

 

 列王記上3:16~28
 マタイ10:16~26a(通読箇所)
   (ローズンゲン日々聖句8/19;月)

 

 2000年ほど前、
エスは、最後のエルサレムへ入城に際して、
柔和な王としてろばに、
それも、まだ人を乗せたことのない子ろばを選び、
その子ろばに乗って入場されたのですね(マルコ11:1~11)。

 

 このとき、この方、イエスは、
人々に仕える者として、
すべての人間の身代わりとなり、
ご自分のいのちを私たちを贖(あがな)う贖いの代金、
買い戻しの身代金として支払うため、
十字架刑での処刑を受け、
命を献げるために来てくださったのだそうです。

 

 そして、この方、イエスは、
十字架刑での処刑によって死に、
日没が近づき、
過ぎ越しの祭りの、
特に大事な安息日が始まろうとしていたので、
近くにあった、
アリマタヤのヨセフが自分のために掘ってあった墓に
葬られたのだそうです。

 

 そして、三日目、日曜日の朝、
エスは死人の中から新しい霊のからだに復活し、
まず、マクダラのマリヤにご自身を現し、
40日にわたって何度も弟子たちに現れ、
神の国のことを語ったのち、
オリーブ山で弟子たちが見守る中、
上げられ、雲に迎えられ、
天の【父である神】の右の座に復帰なさったのだそうです。

 

 その位にあって、
もう一人の方、
【聖である霊】と呼ばれる方を
受け入れる者に派遣してくださるのだそうです。

 

 この方によって
【父である神】の御思いを受け入れる者の心に置き、
受け入れる者が【父である神】と一つ思いになって生きるように、と。

 

 それで、受け入れる者には
【父である神】の知恵も来るようになり、
若いソロモン王が、むつかしい裁判を
神の知恵で裁いたように(Ⅰ列王記3:16~28)、
受け入れる者は、
この方が心に置いてくださる
神の知恵で話すようにしていただける、というのですね(マタイ10:16~26a)。

 

 イエスが命を献げてくださって、来て下さる
【聖である霊】と呼ばれる方によって、
私たちにも。
今日も。

 

(近くの教会を知りたい等の方、
また、婚活で広く出会いを求めたい、

教会に行っていないけれど、
葬儀をキリスト教でしたい、

等の方、
お問い合わせは、
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。)

 

〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉
〈(復活社 http://www.sougi8849.jp/index.html 〉

 

 

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

 

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキング]

 

<ahref="https://www.blogmura.com/point/00697809.html" >

アクセスランキング にほんブログ村"/></a

多く与えられた者は、多く求められ、多く任された者は、さらに多く要求される

すべて多く与えられた者は、
多く求められ、
多く任された者は、
さらに多く要求される。
ルカ12:48(8/18の週の聖句)

 

 あなたの道を主に任せよ。
信頼せよ。
主は計らわれる。
詩37:5

 

 あなたがたの中で善い業を始められた方が、
キリスト・イエスの日までに、
その業を成し遂げてくださると、
私は確信しています。
フィリピ書1:6

 

 マタイ13:44~46
 詩70(通読箇所)
   (ローズンゲン日々聖句8/18;Ⅲ日曜)


 天の神、主、
「『わたしはある(I am)』という者」と名乗られる方の
御思いを多く知っている者、
能力や良い環境、良い状況など、
良いものを多く与えられている者は、
それだけ、多く期待され、
多くの成果を要求されるのですね。

 例えば、「これで商売をしなさい」と
5タラント(例えば、5千万円)預けられた人と
3タラント(例えば、3千万円)預けられた人、
1タラント(例えば1千万円)預けられた人とが、
期待されるその成果が違うように。

 

 だから、失敗を怖がって、
使わないで、大事にしまい込んでおくのではなく、
任せてくださった天の神、主に信頼し、ゆだねて、
用いてみる、一歩、踏み出してみるなら、
天の神、主ご自身が、
ご自身のご計画のとおりに計らい、
成し遂げてくださるのだそうです。

 

 天の御国、神の統治、ご支配は、
畑を借りて耕していた人が、
その畑に隠されていた宝を見つけると、
それを隠して、大喜びで帰り、
持ち物全部を売り払ってその畑を買い取るようなもの、

 

 また、良い真珠を探している商人が、
すばらしい値打ちの真珠を一つ見つけると、
行って持ち物を全部売り払って
それを買ってしまうようなもの(マタイ13:44~46)、
なのだそうですから。

 

 だから、ダビデのように、私たちもこの方に向かって、
「神よ。私を救い出してください。
主よ。急いで私を助け出してください。
私のいのちを求める者どもが、恥を見、
はずかしめをうけますように。
私のわざわいを喜ぶ者どもが
退き卑しめられますように。
『あはは』とあざ笑う者どもが
おのれの恥のためにうしろに退きますように。

 

 あなたを慕い求める人たちがみな、
あなたにあって楽しみ、喜びますように。
あなたの救いを愛する人たちが、
『神をあがめよう』といつも言いますように。

 私は悩む者、貧しい者です。
神よ。私のところに急いで来てください。
あなたは私の助け、私を救う方。
主、私はあるという者と名乗られる方よ。
遅れないでください」(詩篇70篇)、
とうたいながら。

 

 この方への信頼の中で。
この新しい週も。

 

(近くの教会を知りたい、
教会に行っていないけれど、
葬儀をキリスト教でしたい、
婚活で、広く出会いを求めたい、

等のお問い合わせは、
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。

 

〈(株)プレス・ ユア・ ホーム https://christ-sougi.com/ 所属〉)
〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉

 

 

 

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

 

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキング]

 

<ahref="https://www.blogmura.com/point/00697809.html" >

アクセスランキング にほんブログ村"/></a

天の神、主の御前に、身を低くして

主は言われた。
「いつまで、あなたは
私の前に身を低くするのを拒むのか。」
出エジプト10:3

 

 神に服従し、悪魔に反抗しなさい。
そうすれば、
悪魔はあなたがたから逃げて行きます。
ヤコブ書4:7

 

 フィリピ書2:12~18
 マタイ10:5~15(通読箇所)
   (ローズンゲン日々聖句8/17;土)


 イスラエルの民をエジプトから去らせるようにとの、
モーセの申し出を拒否したエジプト王パロのように、
「神のひとりのようになり、
善悪を知る」ようになっている(創世記3:5、22)私たちも、
神の前に身を低くすることを拒み、
自分の理性による善し悪しの判断を善しとし、
神に対立、対抗する者なのですね。

 

 その「的外れ」になっている〔生まれたときからの私〕という霊を、
エスが受けてくださった十字架刑での処刑に合わせていただいて、
処刑されたもの、死んだものとしていただき、

 

 墓に葬られ、三日目、日曜日の早朝、
死人の中から新しい霊のからだに復活し、
40日にわたって何度も弟子たちに現れ、神の国のことを語ったのち、
オリーブ山で弟子たちが見守る中、上げられ、
天の【父である神】の右の座に復帰なさった
エスを通して来てくださる
【聖である霊】と呼ばれる方が心に置いてくださる
【父である神】の御思いによって生きるとき、
私たちは悪魔に反抗する者となり、
悪魔は逃げて行くことになるのだそうです。

 

 イエスを通して来てくださる【聖である霊】と呼ばれる方は、
私たちのうちに働いて、
私たちの心に
【父である神】の御思いと同じ思い、願い、志を
起こしてくださって、
【父である神】が
私たちそれぞれを通してしようと思われることを
していかせてくださるだそうですから。

 神の子どもとして、いのちのことばをしっかり握って、
この曲がった邪悪な時代にあって、
世の光として輝かせ、共に喜ぶ者にと(ピリピ2:12~18新改訳)。

 

 神の御子イエスの権威により、
病人をいやし、死人を生き返らせ、
ツァラート(ハンセン病のような、
当時、治療方法のない伝染性の重い皮膚病)に冒された人を清め、
悪霊を追い出して、
天の御国、神の統治による祝福が来ていることを宣べ伝えて(マタイ10:5~15)。

 〔生まれたときからの私〕という霊から出てくる思いは、
死んだものから出て来た思いと認めて、
【父である神】の御思いが成ることを求めながら。
今日も。

 

(近くの教会を知りたい等の方、
また、婚活で広く出会いを求めたい、

教会に行っていないけれど、
葬儀をキリスト教でしたい、

等の方、
お問い合わせをshkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。)

 

〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉
〈(復活社 http://www.sougi8849.jp/index.html 〉

 

 

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

 

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキング]

 

<ahref="https://www.blogmura.com/point/00697809.html" >

アクセスランキング にほんブログ村"/></a

あの方が、ぶどう畑の番人のように、私たちを見守り、育てて

主であるわたしはぶどう畑の番人。
常に水を注ぎ、
害する者のないよう、
夜も昼もそれを見守る。
イザヤ書27:3

 神が据えられた堅固な基礎は
揺るぎません。
Ⅱテモテ2:19

 

 Ⅰペトロ3:8~17

 マタイ9:35~10:4(通読箇所)

  (ローズンゲン日々聖句8/16;金)


 天の神、主、

「『わたしはある(I am)』という者」と名乗られる方は言われるのですね。
「ぶどう畑の番人が、
ぶどうに水をやり、
害する者、そこなう者がないよう、
夜も昼も見守るように、
わたしが、あなたがたを見守る」、と。

だから、「わたしと和を結ぼう」、と。

 

 天の神、主の、この御思いは、
堅固な基礎、不動の礎(いしずえ)として揺るぐことはなく、
変わることはない、のだそうです。

 

 イエスは、神の独り子の位置におられた方なのに、
私たちを【父である神】のみもとに導くために、
その位を後にして、
「女の子孫」(創世記3:15)として人の世に降り、

 「神のひとりのようになり、善悪を知る」ようになって、
「的外れ」になっている(創世記3:5、22)私たちの身代わりとなり、
神に反逆した者、神に呪われた者となって(申命記21:23)
十字架刑での処刑を受けてくださったのだそうですから。

 

 「的外れ」になっている
私たちの〔生まれたときからの私〕という霊を
処刑済み、死んだものとしてくださるために(ロマ6:11)。

 

 そして、死んで墓に葬られ、
三日目、日曜日の早朝、
死人の中から新しい霊のからだに復活し、
40日にわたって何度も弟子たちに現れ、
神の国のことを語ったのち、
オリーブ山で弟子たちが見守る中、上げられ、
天の【父である神】の右の座に復帰なさったのだそうです(使徒1:1~9)。

 

 そして、そこから、受け入れる者に、
もう一人の助け主、
【聖である霊】と呼ばれる方を派遣してくださって(ヨハネ16:7)、
この方の働きで、
受け入れる者の心に【父である神】の御思いを置いてくださり、
受け入れる者の心に【父である神】の御思いがあるようにし、
受け入れる者が【父である神】と思いを同じくし、心を一つにし、
【父である神】がその人を通してしようと思われることを
していくようにしてくださるのだそうです
(エレミヤ31:31~34、エゼキエル36:25~28、ヨハネ14:12)。

 

 揺るがない堅固な基礎として。

 

 それで受け入れる者は、
【父である神】の御思いのとおりに、
心を一つにし、同情し、苦しみを共にし合い、
兄弟愛を示し、あわれみ深く、
謙遜な思いをもつようにしていただけるのだそうです。

 祝福を受け継ぐ者となって、
悪をもって悪に報いず、
侮辱をもって侮辱に報いず、
かえって祝福を与える心にも。

 

 たとい義のために苦しむことがあるにしても、
それによって心を動揺させたりせず、
それを幸いなこととし、
いよいよ、キリストを主としてあがめ、
私たちを取り調べ、あるいは裁判にかけ、
私たちのうちにある希望について説明を求める人には、
だれにでもいつでも弁明できる用意をし、
対立しながらではなく、
優しく、慎み恐れて、
また、正しい良心をもって弁明する心にも(Ⅰペテロ3:8~17)。

 

 そして、御国の福音を宣べ伝え、
あらゆる病気、あらゆるわずらいをいやすようにと派遣して(マタイ9:35~10:4)。

 夜も昼も見守りながら。
今日も。

 

(近くの教会を知りたい等、
また、教会に行っていないけれど、
葬儀をキリスト教でしたい、
また、婚活で広く出会いを求めたい、

等のお問い合わせは
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。)

 

〈(復活社 http://www.sougi8849.jp/index.html 〉
〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉

 

 

 

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

 

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキング]

 

<ahref="https://www.blogmura.com/point/00697809.html" >

アクセスランキング にほんブログ村"/></a

なんと美しいことよ。良い知らせを伝える者の足は!

いかに麗しいことか、
山々を行き巡り、
良い知らせを伝える者の足は。
彼は平和を告げ、
恵みの良い知らせを伝え、
救いを告げ、
あなたの神は王となられた、と、
シオンに向かって呼ばわる。
イザヤ書52:7

 

 どこかの家に入ったら、
まず、「この家に平和があるように」
と言いなさい。
ルカ10:5

 

 Ⅰコリント12:27~13:3
 マタイ9:27~34(通読箇所)
   (ローズンゲン日々聖句8/15;木)


 良い知らせ、
平和を告げ知らせ、
恵みの、幸いな良い知らせ、救いを告げ、
あなたの神は王となられたと告げる者は、
なんと麗しいことでしょう、と言われるのですね。

 

 イエスが言われるように、
私たちもどこかの家に入ったら、まず、言うのですね。
「この家に平和があるように」と。

 

 天の神、主、
「『わたしはある(I am)』という者」と名乗られる方は、
ご自身の祝福を届けるために
私たちを用いてくださるのだそうですから(創世記12:2~3)。

 

 神は、私たち一人一人をキリストのからだとして、
からだには多くの肢体があり、
それぞれが、一つ意志のもとで、
別の働きをしているように、
私たち一人ひとりにも、異なった賜物を与え、
神の御愛による一つの意志のもとで、
ご自身が思われるとおりの
異なった働きをするようにと(Ⅰコリント12:27~3:3)。

 

 そして、私たち自身に神がなされたみわざを
言い広めるのですね。

 

 今、目の前を通っているイエスこそ、
イザヤ書35章5節に
「そのとき、目の見えない者の目は開き、
耳の聞こえない者の耳はあく。
そのとき、足のなえた者は鹿のようにとびはね、
口のきけない者の舌は喜び歌う」と預言されている
メシア(キリスト)であるとの信頼のもとに、
ダビデの子よ。私たちをあわれんでください」と
叫びながらついていき、
エスから「わたしにそんなことができると信じるのか」と問われ、
「そうです。主よ」と答えて、
エスから、
「あなたがたの信仰のとおりになれ」とのお言葉をいただき、
心の中の「はい」、「然り」を
からだの「はい」、「然り」にしていただき、
見えるようにしていただいた二人の盲人が
エスのことをその地方全体に言い広めたように(マタイ9:27~31)。

 

 私たちも、
良い知らせを、
今日も。

 

(近くの教会を知りたい等の方、
また、婚活で広く出会いを求めたい、

教会に行っていないけれど、
葬儀をキリスト教でしたい、

等の方、
お問い合わせをshkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。)

 

〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉
〈(復活社 http://www.sougi8849.jp/index.html 〉

 

 

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

 

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキング]

 

<ahref="https://www.blogmura.com/point/00697809.html" >

アクセスランキング にほんブログ村"/></a