風にそよぐ葦

プロテスタントのキリスト教会員です。「ローズンゲン日々の聖句」より、その日、その日の聖書の言葉を紹介しています。

いつも、あなたがたのために祈り

 主よ、

まことに憐れみ深いあなたは、

彼らを滅ぼし尽くそうとはなさらず、

見捨てようとはなさらなかった。ネヘミヤ記9:31

 

 私たちは、

いつもあなたがたのために祈り

私たちのイエス・キリストの父である神に

感謝しています。コロサイ書1:3

 

 使徒9:31~35

 Ⅰヨハネ2:18~29(通読箇所)

   (ローズンゲン日々の聖句8/22;水)

 

 天の神、主、

「『わたしはある(IAM)』という者」と名乗られる方は、

情け深く、憐れみ深い神。

 

 「われわれのかたちとして、

われわれに似せて」(創世紀1:26)、

 

「〔父である神〕が〔御子である神・イエス〕におられ、

〔御子イエス〕が〔父である神〕におられるように、

私たちも

〔父である神〕、〔御子である神〕におるようになって、

 

 〔父である神〕、〔御子である神〕、〔聖である霊と呼ばれる神〕がひとつであるように、

私たちも、そのひとつにある(ヨハネ17:21~22)ように、

との願いで造られていながら、

 

 「神のひとりのようになり、

善悪を知る」ようになって(創世記3:5、22)、

天の神、主にそむき、うなじをこわくして、

聞き入れようとしない

その私たちを見捨てようとはなさらないのだそうです。

 

 イエスご自身が

私たちのために祈っていてくださり(ルカ22:32)、

〔聖である霊〕と呼ばれる方ご自身が、

言いようもない深いうめきによって、

私たちのために執り成していてくださるのだそうですから。

 

 そして、天の神、主は、

中風で8年間も床に着いていたアイネヤという人も、

深く憐れんでくださって、

ペテロを派遣し、いやしてくださる、

そういうこともしてくださるのですね(使徒9:32~34)。

 

 天の神、主は、

私たちを初めから聞いたことばのうちにとどまらせ、

イエス・キリストが再び来られるとき、

御前で恥じ入ることのないようにしてくださるのだそうです。

 

 神から出たもの、

〔聖である霊〕と呼ばれる方が心に置いてくださる、

〔父である神〕の御思いによって生きている者として(Ⅰヨハネ2:24~29)。

今日も。

 

(近くの教会を知りたい等の方は;shkhknsyg3@yahoo.co.jpへどうぞ。)

ことばが真実であることを、事実をもって証明してくださり

 私たちの神よ、

私たちを見捨てることも、

見放すこともなさらないでください。列王記上8:57

 

 弟子たちは出かけて行って、

至る所で宣教した。

主は彼らと共に働き、

彼らの語る言葉が真実であることを、

それに伴うしるしによって

はっきりとお示しになった。マルコ16:20

 

 マルコ3:1~10(11~12)

 Ⅰヨハネ2:12~17(通読箇所)

    (ローズンゲン日々の聖句8/1;火)

 

 ソロモン王が、

エルサレムに天の神、主の神殿を建て終り、

ダビデの町から、

主の契約の箱を担ぎ上って神殿の至聖所に安置したとき、

ソロモンは天の神、主に祈って言ったのだそうです。

 

 「私たちの神、主、

「『わたしはある(IAM)』という者」と名乗られる方は、

私たちの先祖とともにおられたように、

私たちとともにいて、

私たちを見放さず、

私たちを見捨てられませんように」(新改訳)、と。

 


 イエスは、

十字架刑での処刑を受け、

墓に葬られ、

三日目に死人のうちより新しい霊のからだに復活し、

40日に渡って何度も弟子たちに現れ、

神の国のことを語ったのち、

オリーブ山で、弟子たちが見守る中、

上げられ、

雲に迎えられて見えなくなられたのだそうですが(使徒1:3~9)、

弟子たちに言い残されたのですね。

 

 「全世界に出て行き、

すべての造られた者に、福音を宣べ伝えなさい。

信じてバプテスマを受ける者は救われます。

しかし、信じない者は罪に定められます。

 

 信じる人々には次のようなしるしが伴います。

すなわち、わたしの名によって悪霊を追い出し、

新しい言葉を語り、

蛇をもつかみ、

たとい毒を飲んでも決して害を受けず、

また、病人に手を置けばいやされます。」

 それで、弟子たちは出かけて行って、

いたるところで福音を宣べ伝えたのですが、

主は彼らとともに働き、

みことばに伴うしるしをもって、

彼らが語たることばが真実であることを

証明してくださったのだそうです。


 イエスが、会堂で、片手のなえた人に、

「手を伸ばしなさい」と言うと、

彼は手を伸ばすことができ、

その手は元どおりになった(マルコ3:1~5)のだそうです。

 

 〔父である神〕は、

みことばに伴う事実によって、

その言葉がご自身の意思であることを

証明してくださるのだそうですから。

 〔父である神〕は、

私たちが、

エスの御名によって、罪が赦されていること、

聖書のことばを通して、

初めからいる方、

この天地の造られる前からおられる方、

「御父」を知ったこと、

 

 そして、私たちにうちにおられる「強い方」、

「神のみことば」が内にとどまっていて、

悪い者、サタンに打ち勝っていること、

 

 世、

世にあるもの、

肉の欲、目の欲、暮らし向きの自慢などは、

この世から出たもので、

御父から出たものではないことを知り、

御父を愛する愛を心に置いてくださる(Ⅰヨハネ2:12~17)、

 

そのことばの事実を現してくださるのだそうですから。

〔聖である霊〕と呼ばれる方によって。
見捨てることも、見放すこともなさらないで。

今日も。

 

(近くの教会を知りたい等の方は;shkhknsyg3@yahoo.co.jpへどうぞ。)

喜びがあふれて

 主は
彼らに喜びを与えられた。
エズラ記6:22

 

 信者たちは
毎日ひたすら心を一つにして神殿に参り、
家ごとに集まってパンを裂き、
喜びと真心をもって
一緒に食事をした。
使徒2:46

 

 マタイ9:27~34   

 Ⅰヨハネ2:7~11(通読箇所)

   (ローズンゲン日々の聖句8/20;月)

 

 70年にわたるバビロンの捕囚から帰還した人々は、
エルサレムの神殿を建て直す工事を、
アッシリア、バビロンに代わったペルシャの王

ダリヨスの治世の第6年(BC515年)、

アダルの月(イスラエル歴の12月、太陽暦では2~3月)3日に完成し、
奉献式を行なったのだそうです。

 そして、翌月、第一の月の14日に
過ぎ越しのいけにえをほふり
そして、それに続く7日間の種を入れないパンの祭りを行なったのだそうです。
天の神、主が、彼らに喜びを与えられて。

 それからおよそ540年ほど後の過ぎ越しの祭りのとき、
エスは、このエルサレムの城壁の外で
十字架刑での処刑を受けられ、
その血をささげてくださったのだそうです。

 そして、たぶん、このイエスが処刑された年は、
通常の安息日(金曜日の日没から土曜日の日没まで)と、
種なしパンの祭り
(この期間中、食事を作り事以外のどんな仕事もしてはならない)の
第一日が重なった「大いなる日」であったようです(ヨハネ19:31)。

 イエスは、
処刑され、
安息日が始まろうとするので、
急いで、近くにあった、
アリマタヤのヨセフが自分のために掘っておいた墓に納められたのですが、
三日目、日曜日の早朝、
新しい霊のからだに復活し、
40日に渡って弟子たちに何度も現れ、
神の国のことを語ったのち、
オリーブ山で、弟子たちが見守る中、
上げられ雲に迎えられ見えなくなられたのだそうです。

 「エルサレムから離れないで、
わたしから聞いた父の約束を待ちなさい。
もう間もなく、
あなたがたは聖霊バプテスマを受けるからです」と言い残して。

 そして、10日後の「五旬節(ペンテコステ)」、
モーセを通し、
イスラエルの民に律法が示され、
旧い契約が結ばれた記念の祭りの日に、

 〔聖である霊〕と呼ばれる方が
弟子たちのところに来られて、
弟子たちは、
この方が心に置いてくださる〔父である神〕の御思いのとおりに、
他のことばで話し出し、
新しい契約(エレミヤ31:31~34、エゼキエル36:25~28)が実現したのだそうです。

 そして、ペテロたちが、
〔聖である霊〕と呼ばれる方が心に置いてくださる
御思いのままに語っていったとき、
心刺され、
エスを救い主、キリストとして信じ受け入れた人たちが、
男だけで3千人ほど起こり、
また、毎日、仲間に加わる人が起こり、

 彼らは毎日、心を一つにして宮に集まり、
家々で集まってパンを裂き、
食事をともにし、
神を賛美していたのだそうです。
喜びと真心をもって。

 

 イエスが、道を通って行かれると、
ふたりの盲人が大声で
ダビデの子よ。
私たちをあわれんでください」と叫びながらついて来て、
家の中にまでやって来たのだそうです。

 イエスが、
「わたしにそんなことができると信じるのか」と言われると、
彼らは
「そうです。主よ」と答えたので、
エスは、彼らの目にさわって、
「あなたがたの信仰のとおりになれ」と言われた。
すると、彼らの目があいた。

 イエスは彼らをきびしく戒めて、
「決してだれにも知られないように気をつけなさい」と言われたのですが、
彼らは出て行って、
エスのことをその地方全体に言い広めたのだそうです。
喜びがあまりにも大きかったので(マタイ9:27~31)。


 私たちも、
わたしたちのうちから出て来る「兄弟を憎む」思いは、
〔父である神〕、
〔御子である神〕イエス
〔聖である霊〕と呼ばれる神の
御前に差し出し、
見ていただき、知っていただき、
明るい、光の中の出来事にしていただきながら、

 〔聖である霊〕と呼ばれる神が心に置いてくださる
〔父である神〕の御思い、
「兄弟を愛する」思いに満たされて行くのだそうです(Ⅰヨハネ2:7~11)。
喜びの中で。

今日も。

 

(近くの教会を知りたい等の方は;shkhknsyg3@yahoo.co.jpへどうぞ。)

主は、私たちを遣わして

 彼は

傷ついた葦を折ることなく、

暗くなっていく灯心を消すこともない。イザヤ書42:3(8/19の週の聖句)

 

 主は私たちを遣わして、

主が恵みをお与えになる年、

私たちの神が報復される日を告知する。イザヤ書61:1~2

 

 パウロの手紙:

私たちは

あなたがたの喜びのために

協力する者です。Ⅱコリント1:24

 

 マルコ7:31 ~37

 詩41(通読箇所)

   (ローズンゲン日々の聖句8/19;Ⅲ日曜)

 

 「彼」、

〔父である神〕が、「わたし」がささえる、「わたしのしもべ」とおっしゃる方。

「わたし」の心の喜ぶ「わたし」が選んだ者。

「わたし」は彼の上に「わたし」の霊を授け、

彼は国々に公義をもたらす。

彼は叫ばず、声をあげず、

ちまたにその声を聞かせない。彼

はいたんだ葦を折ることもなく、

くすぶる燈心を消すこともなく、

まことをもって公義をもたらす(イザヤ42:1~3新改訳)。

 

 彼の上には、神である主の霊があるのだそうです。

天の神、主、

「『わたしはある(IAM)』と名乗られる方が、

この方に油、〔聖である霊〕と呼ばれる方を注ぎ、

貧しい者に良い知らせを伝え、

心の傷ついた者をいやすためにこの方を遣わされた。

捕らわれ人には解放を、

囚人には釈放を告げ、

主の恵みの年と、

われわれの神の復讐の日を告げ、

すべての悲しむ者を慰め、

シオンの悲しむ者たちに、

灰の代わりに頭の飾りを、

悲しみの代わりに喜びの油を、

憂いの心の代わりに賛美の外套を着けさせるために(イザヤ61:1~3)。

 


 そして、この「彼」、イエスによって派遣された

「わたしの霊」、「聖である霊〕と呼ばれる方が

心に置いてくださる

〔父である神〕の御思いによって生きる者も、

エスの弟子たちの喜びのために協力する者にしていただけるのだそうです。

 

 イエスが、深い嘆息をもって、

耳の聞こえない人を聞こえるようにされたようにも(マルコ7:31~37)。

 

 〔聖である霊〕と呼ばれる方が心に置いて下さる

〔父である神〕の御思いのとおりに。

この新しい週も。

 

(近くの教会を知りたい等の方は;shkhknsyg3@yahoo.co.jpへどうぞ。)

御思いに根差した生活を送らせてくださり

 私たちは

主を捨てて、
ほかの神々に仕えることなど、

するはずがありません。ヨシュア記24:16

 

 キリストに根を下ろして

造り上げられ、

教えられたとおりの信仰をしっかり守って、

あふれるばかりに感謝しなさい。コロサイ書2:7

 

 イザヤ書26:1~6

 Ⅰヨハネ2:1~6(通読箇所)

   (ローズンゲン日々の聖句8/18;土)

 

 モーセの後継者としてイスラエルの民を約束の地に導き入れ、

土地を12部族に割り当て、定着させたシュア。

 年を重ね老人になったとき、彼は、

イスラエル

その長老たち、かしらたち、さばきつかさたち、つかさたちを呼び寄せ、

彼らに言ったのだそうです。

 

 「今、あなたがたは

主を恐れ、誠実と真実をもって主に仕えなさい。

あなたがたの先祖たちが

川の向こう、およびエジプトで仕えた神々を除き去り、

主に仕えなさい。

 

 もしも主に仕えることがあなたがたの気に入らないなら、

川の向こうにいたあなたがたの先祖たちが仕えた神々でも、

今あなたがたが住んでいる地のエモリ人の神々でも、

あなたがたが仕えようと思うものを、

どれでも、きょう選ぶがよい。

私と私の家とは、主に仕える」、と。

 

 すると、民は答えて言った。

「私たちが主を捨てて、ほかの神々に仕えるなど、

絶対にそんなことはありません。

私たちの神、主は、

私たちと私たちの先祖たちを、

エジプトの地、奴隷の家から導き上られた方、

私たちの目の前で、あの数々の大きなしるしを行ない、

私たちの行くすべての道で、

私たちの通ったすべての民の中で、

私たちを守られた方だからです」(ヨシュア23:1~2、24:14~17新改訳)、と。

 

 

 今、私たち、

創造の目的から「的外れ」になっている

〔生まれたときからの私〕という霊を、

エスが受けてくださった十字架刑での処刑によって、

処刑されたもの、死んだものをしていただき、

 

 十字架刑で死に、

墓に葬られ、

三日目、日曜日の早朝、

死人のうちより新しい霊のからだに復活し、

40日に渡って何度も弟子たちに現れ、

神の国のことを語ったのち、

オリーブ山で、弟子たちが見守る中、

上げられ、雲に迎えられて、

天の〔父である神〕の右の座に帰られたイエスが派遣してくださる

〔聖である霊〕とよばれる方によって、

〔父である神〕の御思いを心に置いていただけるのだそうです。

 

 この方は、私たちに働いて、

私たちをキリストに根差す者にしてくださり、

建ててくださり、

信仰を堅くしてくださり、

あふれるばかりの感謝の思いを起こしてくださるのだそうです。

 

 それで、私たちも歌うのですね。

私たちには強い町がある。

神はその城壁と塁で私たちを救ってくださる。

城門をあけて、誠実を守る正しい民を入らせよ。

志の堅固な者を、

あなたは全き平安のうちに守られます。

その人があなたに信頼しているからです。

 

 いつまでも主に信頼せよ。

ヤハ(「『わたしはある(IAM)』という者」と名乗られる方)、

主は、とこしえの岩だから。

主は高い所、そびえ立つ都に住む者を引き倒し、

これを下して地に倒し、

これを投げつけて、ちりにされる。

貧しい者の足、弱い者の歩みが、これを踏みつける」(イザヤ26:1~6)、と。

 

 

 私たちは、罪を犯さないようにしていただけるのだそうです。

「神のひとりのようになり、善悪を知る」ようになって、

「的外れ」になっている(創世記3:5、22)、

〔生まれたときからの私〕という霊から出て来る思いは、

処刑されたもの、死んだものから出て来た思いであると認めて、

〔父である神〕、〔御子である神〕イエスの前に差し出し、

見ていただき、受け取っていただきながら、

 

 〔聖である霊〕と呼ばれる方が心に置いてくださる、

〔父である神〕の御思いによって

生きるようにしていただけるのだそうですから。

 

「的に当たっている者」、

「あるべきところにある者」として。

 

 神を知りながら、

体験しながら。

神の御思いのうちを(Ⅰヨハネ2:1~6)。

 

「わたしが天から下って来たのは、

自分のこころを行なうためではなく、

わたしを遣わした方のみこころを行なうためです」(ヨハネ6:38)

と言っておられたイエスのように。

今日も。

 

(近くの教会を知りたい等の方は;shkhknsyg3@yahoo.co.jpへどうぞ。)

惜しんで、滅ぼさず、きよめ、御心に沿う者に代え

主の言葉:

お前は、
自分で労することも育てることもなく、
一夜にして生じ、滅びたこのとうごまの木さえ惜しんでいる。

 それならば、どうしてわたしが、
この大いなる都ニネベを
惜しまずにいられるだろうか。
ヨナ書4:10~11

 

 自分の利益ではなく

他人の利益を追い求めなさい。Ⅰコリント10:24

 

 ルカ22:54~62

 Ⅰヨハネ1:5~10(通読箇所)

   (ローズンゲン日々の聖句8/17;金)

 

 紀元前700年頃のこと、

イスラエル王国で活動していた預言者ヨナは、

天の神、主から、敵国、アッシリアの首都ニネベに派遣され、

「もう40日すると、ニネベは滅ぼされる」と叫んで回ったのだそうです。

 

 すると、ニネベの人々は、王を初め、身分の高い者から低い者まで

荒布を着、断食をして、ひたすら神にお願いし、

おのおのが悪い道から立ち返るよう努力したのだそうです。

「もしかすると、神が思い直してあわれみ、

その燃える怒りをおさめ、

私たちが滅びないで済むようにしてくださるかもしれない」、と。

 

 それをご覧になった神は、

彼らに下すと言っておられた災いを思い直し、そうされなかったのだそうです。

 

 それで、ヨナは非常に不愉快になり、

怒って、主に祈って言ったのだそうです。

「ああ、主よ。

私がまだ国にいたときに、このことを申し上げたではありませんか。

それで、私はタルシシュ(スペインの町)へ逃れようとしたのです。

私は、あなたが情け深く憐れみ深い神であり、

怒るのにおそく、恵み豊かであり、

わざわいを思い直されることを知っていたからです。

 

 主よ。今、どうぞ私のいのちを取ってください。

私は生きているより死んだほうがましですから。」

 

 ヨナは町から出て、町の東のほうにすわり、

そこに自分の仮小屋を作り、

町の中で何が起こるかを見きわめようと、

その陰にすわっていた。

 

 神である主は一本のとうごまを備え、

それをヨナの上をおおうように生えさせ、

彼の頭の上の陰として、ヨナの不機嫌を直そうとされた。

ヨナはこのことを非常に喜んだ。

 

 しかし、神は、翌日の夜明けに、一匹の虫を備え、

虫がそのとうごまをかんだので、とうごまは枯れた。

 

 太陽が上ったとき、神は焼けつくような東風を備えられ、

太陽がヨナの頭に照りつけたので、

彼は衰え果て、自分の死を願って言った。

「私は生きているより死んだほうがましだ。」

 

 すると、神はヨナに仰せられた。

「このとうごまのために、あなたは当然のことのように怒るのか。」

そして、仰せられた。

「あなたは、自分で骨折らず、育てもせず、

一夜で生え、一夜で滅びたこのとうごまを惜しんでいる。

まして、わたしは、

この大きな町ニネベを惜しまないでいられようか。

そこには、右も左もわきまえない12万人以上の人間と、

数多くの家畜とがいるではないか。」

 

 

 天の神、主は、

「われわれのかたちとして、われわれに似せて」(創世記1:26)、

「わたしたち(父である神と御子である神イエスと聖である霊と呼ばれる神)が

一つであるように、

彼らが(わたしたちと)一つである」(ヨハネ17:21~22)ように

との願いで造られていながら、

その、造り主である天の神、主にそむき、

対立、対抗して、

「神のひとりのようになり、善悪を知る」(創世記3:5、22)者になって、

創造の目的からずれた、

「的外れ」になっている私たち人間をなお、

惜しんでくださっているのだそうです。

 

 それで、〔父である神〕は、

ご計画の時が満ちたとき、

〔御子である神〕を、

アダムの「的外れ」を受け継いでいない

「女の子孫」(創世記3:15)として、

ナザレ村の一処女、

ダビデの子孫の一人であるマリヤの胎を通して、

人間イエスとして人間の歴史の中に派遣し、

私たち人間の「的外れ」の責任のすべてをこの方に負わせ、

この方がおよそ33歳の頃、

十字架刑で処刑されたのだそうです。


 そして、「神のひとりのようになり、善悪を知る」ようになっている、

この私たちの〔生まれたときからの私〕という霊を、

このイエスの十字架刑での処刑に合わせてくださって、

処刑されたもの、死んだものとしてくださるのだそうです。

 

 そのうえで、受け入れる者に、

もう一人の方、〔聖である霊〕と呼ばれる方を派遣してくださって、

この方の働きで、

受け入れる者の心に、

ご自身が一人一人の思っておられる御思いを置いてくださり、

受け入れる者の心に御自身の御思いがあるようにしてくださるのだそうです。


 それで、私たちの〔生まれたときからの私〕という霊からは、

自分の利益を求める思い、

自分が一番になり、

良い者のすべてを自分一人で独占したい思いしか出て来ませんが、

そのような私たちの心にも、

〔聖である霊〕と呼ばれる方は、

「自分の利益ではなく、他人の利益を追い求める」思いも、

置いてくださるのだそうです。

 


 イエスが捕らえられ、裁判にかけられているとき、

女中や下役の男から

「おまえも、彼らの仲間だ」と言われ、

三度も、「私はあの人(イエス)を知りません」と否定するペテロを、

エスは、やさしく見守ってくださり(ルカ22:54~62)、

 

 前もって、

「きょう、鶏が鳴くまでに、あなたは三度、わたしを知らないと言います」と告げ、

「シモン、シモン。

見なさい。

サタンが、あなたがたを麦のようにふるいにかけることを願って聞き届けられました。

しかし、わたしは、

あなたの信仰(信頼、神との関係)がなくならないように、

あなたのために祈りました。

だからあなたは、立ち直ったら、

兄弟たちを力づけてやりなさい」(ルカ22:31~34)と言ってくださっていたように。

 

 

 私たちの心に行き来する思いを、

自分一人で抱え込まないで、

隠さないで、神の前に差し出し、

見ていただき、知っていただくなら、

天の神、主は、それを光の中の出来事、明るい出来事に変え、

御子イエスが十字架刑での処刑でささげてくださった血で、その罪を赦し、

全ての悪からきよめてくださるのだそうですから(Ⅰヨハネ1:5~10)。

今日も。

 

(近くの教会を知りたい等の方は;shkhknsyg3@yahoo.co.jpへどうぞ。)

理解出来るようにし、教え、導き、御思いのとおりの道を行くようにと

 わたしは主、

あなたの神、

わたしはあなたを教えて力をもたせ、

あなたを導いて道を行かせる。イザヤ書48:17

 

 主は、

あなたがすべてのことを

理解できるようにしてくださる。Ⅱテモテ2:7

 

 Ⅰペトロ5:1~5

 Ⅰヨハネ1:1~4(通読箇所)

   (ローズンゲン日々の聖句8/16;木)

 

 天の神、主、

「『わたしはある(IAM)』という者」と名乗られる方ご自身が、

私たちの神となってくださり、

私たちを教え、導いて、

歩むべき道を行くようにしてくださるのだそうです。

 

 イエスを通して来てくださる

〔聖である霊〕と呼ばれる方は、

私たちにすべてのことを教え、

理解させ、

思い起こさせてくださるのだそうですから(ヨハネ14:26)。

 〔父である神〕は、

この方、〔聖である霊〕と呼ばれる方によって、

長老たちには、

神の羊の群れを牧する思いを。

強制されてするのではなく、

神に従って、自分から進んでそれをなし、

卑しい利得を求める心からではなく、

心を込めてそれをしようと。

 

 割り当てられている人たちを支配するのではなく、

むしろ群れの模範となって。

 

大牧者が現れるときに、

しぼむことのない栄光の冠を受けるようにと。

 

 若い人たちには、

長老たちに従がう謙遜な思いを(Ⅰペテロ5:2~5)。

 

 それは、初めから、

天地が造られる前からあった計画であり、

エスの弟子たちが聞いたもの、

目で見たもの、

じっと見、また手で触ったもの、

すなわち、いのちのことば、

〔父である神〕の御思いの表現として現れたもの、

御父とともにあって、

私たちに現れた永遠のいのち、

御父及び御子イエス・キリストとの交わりのことなのですね(Ⅰヨハネ1:1~4)。

私たちに伝えられた。

私たちを喜びで満たす。

今日も。

 

(近くの教会を知りたい等の方は;shkhknsyg3@yahoo.co.jpへどうぞ。)