風にそよぐ葦

プロテスタントのキリスト教会員です。「ローズンゲン日々の聖句」より、その日、その日の聖書の言葉を紹介しています。

「わたしのもとに来なさい。休ませてあげよう」と

私はあなたに向かって両手を広げ、
渇いた大地のような私のたましいを、
あなたに向けます。
詩143:6

 イエスの言葉:
疲れた者、重荷を負う者は、
だれでもわたしのもとに来なさい。
休ませてあげよう。
マタイ11:28

 

 ロマ書4:1~8
 ロマ書10:14~21(通読箇所)
   (ローズンゲン日々聖句2/20;水)


 乾き切り、水を、雨を待ち望む大地のように、
私たちも渇いた魂を、
天の神、主、
「『わたしはある(I am)』という者」と名乗られる方に向け、
御心が成ることを待ち望むのですね。

 

 「疲れた者、重荷を負う者は、
だれでもわたしのもとに来なさい。
休ませてあげよう。
わたしは心優しく、へりくだっているから、
あなたがたもわたしのくびきを負って、
わたしから学びなさい。
そうすれば魂に安らぎが来ます。
わたしのくびきは負いやすく、
わたしの荷は軽いからです」と仰られる方を。

 

 私たちは自分の行いで、自分の努力で、神の義に達して、
神の前に誇れるようになろうとするものですが、
その道は、神の義に達することができず、
本気になってやればやるほど、重荷となり、
疲れ果てる結果になるだけのようです。

 

 けれども、なんの働きも出来なかった者も、
不敬虔な者を義と認めてくださる方に信頼するなら、
天の神、主は、その信頼を義とみなしてくださるのだそうです。

 

 自分が、自分の力で義を行なう道とは違う、この別の道で
神によって義と認めていただく者は幸いなのですね。

 

 「不法を赦され、
罪をおおわれた人たちは、幸いである。
主が罪を認めない人は幸いである」(詩篇32:1~2)
と言われているように(ロマ4:1~8)。

 

 〔父である神〕は、〔御子である神〕を
「女の子孫」、人間イエスとして人の歴史の中に派遣し、
このイエスの十字架刑での処刑による死と、
死者の中からの復活によって、
〔聖である霊〕と呼ばれるが
「的外れ」になっている私たちのうちに来る道を
開いてくださったのだそうです。

 

 そして、受け入れる者にこの方、
〔聖である霊〕と呼ばれる方を派遣し、
この方によって、
受け入れる者の心にご自身の御思いを置き、
書きしるしてくださるのだそうです。

 

 それで、受け入れる者は、
心に神の御思いを持つ者としていただけるのだそうです。
天の神、主と心と思いを一つにする者に。

 

 創造の目的のとおりの、
「われわれのかたちとして、われわれに似せて」(創世記1:26)、
「わたしたちが一つであるように、
彼らも(わたしたちと)一つである」(ヨハネ17:21~23)者、
義なる者へと。

 

 それで、天の神、主は、私たちすべての人に、
このイエスによって開かれた新しい生き方を受け取ってほしいと、
聞いて、信頼して、受け取るようにと、
弟子たちを遣わし、宣べ伝えさせておられるのだそうです。
エルサレムから始まって、ユダヤとサマリヤの全土、
さらにちの果てにまで。
「その声が全地に響き渡り、地の果てまで届くように」、と。

 不従順で反抗する民にも、
一日中、手を差し伸べながら(ロマ10:14~21)。

今日も。

 

 

(近くの教会を知りたい等の方は;shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。
また、ご家族などで、教会に行っていないけれど、葬儀はキリスト教で、等の

お問い合わせもどうぞ。)

 

 

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

 

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキング]

 

<ahref="https://www.blogmura.com/point/00697809.html" >

<imgsrc="https://blogparts.blogmura.com/parts_image/user/pv00697809.gif"alt="PVアクセスランキング にほんブログ村"/></a

「主の御名を呼び求める者は、誰でも救われる」のだそうですから。

私の魂は、
あなたの救いを求めて絶え入りそうです。
あなたの御言葉を待ち望みます。
11981

 

 イエスは言われた。
「わたしの言葉にとどまるならば、
あなたたちは本当にわたしの弟子である。」
ヨハネ8:31

 

 申命記7:6~12
 ロマ書10:5~13(通読箇所)
   (ローズンゲン日々聖句2/19;火)


 詩篇の作者は言うのですね。
「絶え入りそうなほどに、
あなたの救い、御言葉を待ち望んでいます」と。

 

 天の神、主、
「『わたしはある(I am)』 という者」と名乗られる方は言われるのですね。
その救いの御言葉であるイエスのことばにとどまる、

エスの言葉の中にいるように、と。

 

 この方は、私たちを愛し、恋い慕っていてくださるのだそうです。
それで、私たちを選んで、
ご自身の聖なる国民、宝の民にしようとしていてくださる。
誠実に、約束のことばを実行しようと。

 それで、私たちにも、
ご自身を愛し、
心と思いを一つにする者になってほしい、と(申命記7:6~12)。

 

 私たちが、
私たちの身代わりとなり、
私たちに代わって十字架刑での処刑を受けてくださり、
死んで墓に葬られたイエスを、
三日目に死者の中からよみがえらせた方を信頼し、
エスを「私の主、私の神」と告白しながら生きる者に(ロマ10:5~13)なってほしい、と。

復活されたイエスに出会った12弟子の一人のトマスのように(ヨハネ20:28)。

 「主の御名を呼び求める者は、
だれでも救われる」(ヨエル:32)のだそうですから。

 

今日も。

 

(近くの教会を知りたい等の方は;shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。
また、ご家族などで、教会に行っていないけれど、葬儀はキリスト教で、
等のお問い合わせもどうぞ。)

 

 

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

 

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキング]

 

<ahref="https://www.blogmura.com/point/00697809.html" >

<imgsrc="https://blogparts.blogmura.com/parts_image/user/pv00697809.gif"alt="PVアクセスランキング にほんブログ村"/></a

包み、いやし、身を低くする者を高めて

神は傷つけても、包み、
打っても、その御手でいやしてくださる。
ヨブ記5:18

 

 神の力強い御手の下で自分を低くしなさい。
そうすれば、
かの時には高めていただけます。
思い煩いは、
何もかも神にお任せしなさい。
神が、あなたがたのことを
心にかけていてくださるからです。
Ⅰペテロ5: 6~7

 

 ルカ19:1~10
 ロマ9:30~10:4(通読箇所)
   (ローズンゲン日々聖句2/18;月)

 

 天の神、主、
「『わたしはある(
I am)という者』と名乗られる方は、
私たち人間が、自分の思うままに進み、
その結果を身に受け、痛い目にあっている時にも、
ご自身の御手を伸ばして私たちをいやしてくださる方なのだそうです。

 

 そして、そのまま進めば滅びるしかない、
その私たちの道をとどめ、
ご自身との正しい関係に連れ戻してくださるのだそうです。

 そして、私たちが、
神の力強い御手の下で自分を低くするとき、
ちょうど良い時に、私たちを高くしてくださるのだそうです。

 私たちのことを心にかけ、心配していてくださり、
私たちの思いわずらいのいっさいを
ご自身に引き受けようとしていてくださるのだそうですから。

 

 エリコという町にいたザアカイという取税人のかしら。
ローマ帝国のために、同国人から税金を取りたて、
しかも、規定以上に取りたてて自分の私腹を肥やし、
金持ちになっていました。

 

 その嫌われ者のザアカイが、
エスがエリコを通られるとき、
エスを見ようと、木に登って、
下を通るイエスを見おろしていたのだそうです。

 

 すると、イエスは上を見上げて、
このザアカイに、自分から声をかけたのだそうです。
「ザアカイ。急いで降りて来なさい。
きょうは、あなたの家に泊まることにしてあるから」、と。

 

 それで、ザアカイは急いで降りて来て、
大喜びでイエスを迎えたのだそうです。

 

 これを見て、人々は、
「あの人は罪人のところに行って、客となった」とつぶやいたのだそうです。

 

 しかし、ザアカイは、イエスに言ったのですね。
「主よ。ご覧ください。
私の財産の半分を貧しい人たちに施します。
また、だれからでも、
私がだまし取った物は、4倍にして返します」(ルカ19:1~10)、と。

 

 このように、天の神、主は、
私たち、失われた者を捜して救ってくださる方なのだそうです。

 

 神の基準に到達する義の行いのない私たちも、
エスへの信頼を義と認めて(ロマ9:30~10:4)。

 

 十字架刑での処刑を受け、
死んで葬られ、
三日目に、死人の中から新しい霊のからだに復活し、
40日に渡って何度も弟子たちに現れて神の国のことを語った後、
オリーブ山で弟子たちが見守る中、上げられ、
天の〔父である神〕の右の座に帰られたイエス

 

 そのイエスを通して来てくださる
〔聖である霊〕と呼ばれる方が
私たちの心に、
〔父である神〕の御思いを置き、
受け入れる者の心に
〔父である神〕の御思いがあるようにしてくださるのだそうです。
受け入れる者が、
〔父である神〕と心と思いを一つにしながら進むようにと。

 

 思い煩いの一つ一つを神に申し上げ、
知っていただきながら。

今日も。

 

(近くの教会を知りたい等の方は;shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。
また、ご家族などで、教会に行っていないけれど、葬儀はキリスト教で、
等のお問い合わせもどうぞ。)

深いあわれみのゆえに、嘆願の祈りを

私たちは、
あなたの深いあわれみのゆえに、
伏して嘆願の祈りをささげます。
ダニエル書9182/17の週の聖句)

 

 諸国の民よ、
我らの神を祝し、
賛美の歌声を響かせよ。
神は我らの魂に命を得させてくださる。
我らの足がよろめくのを許されない。
詩66:8~9

 

 神のご計画によって定められたのは、
以前からキリストに希望を置いていた私たちが、
神の栄光をたたえるためです。
エフェソ書1:12

 

 マタイ20:1~16
 詩60(通読箇所)
   (ローズンゲン日々聖句2/17;Ⅲ日曜)

 

 天の神、主に対して、
私たちが願いをささげるのは、
神の深いあわれみを足掛かりにしてのことなのですね。

 

 私たちの側にあるのは背きだけ。
こらしめを、罰を受けるだけ、ですから。

 

 天の神、主、
「『わたしはある(I am)』 という者」と名乗られる方は、
私たちに対する、ご自身の深いあわれみによって、
私たちにいのちを得させ、
私たちを守り、支えてくださるのですから。

 ご自身のご計画のとおりが私たちに実現し、
私たちが希望と喜び、
感謝に満ちあふれるようにと。

 

 労働者を雇いに来たぶどう園の主人が、
夕方、5時頃雇われて、
1時間しか働かなかった人に、
まず、最初に、
朝から働いた人と同じに、
1デナリ(当時の労働者の1日の賃金)を払ってくれたように(マタイ20:1~16)。

 

 ぶどう園の主人は、
彼が、夕方まで、今日の収入がない不安の中で過ごし、
ぶどう園に行ってからも、
いくらもらえるのか、不安の中にいることを
かわいそうに思っていたのでしょうね。

 

 私たちも、この神のご愛とあわれみの中で
助けをいただくことができるのですね。

 

 そして、私たちを通しても、
ご計画のとおりに、御思いのとおりに、
力ある働きを実現してくださる。
〔聖である霊〕と呼ばれる方によって、
私たちの心に願いを起こし、志を与えて(ピリピ2:13)。
私たちをご自身と思いを、心を一つにする者として。

この新しい週も。

 

 

(近くの教会を知りたい等の方は;shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。
また、ご家族などで、教会に行っていないけれど、葬儀はキリスト教で、等の

お問い合わせもどうぞ。)

唯一の神が、恵み、あわれんでいてくださるのだそうです。私たちを。

すべての国よ、
主を賛美せよ。
すべての民よ、
主をほめたたえよ。
1171

 

 すべてのものの父である神は唯一(ゆいいつ)であって、
すべてのものの上にあり、
すべてのものを通して働き、
すべてのものの内におられます。
エフェソ書4:6

 

 民数記6:22~27
 ロマ書9:14~29(通読箇所)
   (ローズンゲン日々聖句2/16;土)


 詩人はうたいます。
「すべての国々よ。
主、〔『わたしはある(I am)』 という者〕と名乗られる方を
ほめたたえよ。

すべても民よ。
主をほめ歌え。
その恵みは私たちに大きく、
主のまことはとこしえに。
ハレルヤ」と。

 

 すべてのものの上にあり、
すべてのものを貫き、
すべてのもののうちにおられる、
すべてのものの父なる神は一つ、
なのだそうですから。

 

 それで、私たちも言うのですね。
「主、〔『わたしはある(I am)』という者〕と名乗られる方が
あなたを祝福し、
あなたを守られますように。
主が御顔をあなたに照らし、
あなたを恵まれますように。
主が御顔をあなたに向け、
あなたに平安を与えられますように」(民数記6:24~26新改訳)、と。

 

 この方は、
「わたしは恵もうと思う者を恵み、
あわれもうと思う者をあわれむ」(出エジプト33:19)方。

 

 すべての人を恵もうと、
あわれんでいてくださる(ロマ9:23~24、11:32、Ⅱペテロ3:9)
唯一の神なのですね。

 

 私たちも、その恵み、あわれみを受け取って、
感謝と賛美をお返しする者に。

今日も。

 

 

(近くの教会を知りたい等の方は;shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。
また、ご家族などで、教会に行っていないけれど、葬儀はキリスト教で、等の

お問い合わせもどうぞ。)

新しい心に。新しい霊によって。

わたしはお前たちに新しい心を与え、
お前たちの中に新しい霊を置く。
エゼキエル書3626

 

 あなたがたは罪から解放され、
義に仕えるようになりました。
ロマ書6:18

 Ⅰコリント2:6~10
 ロマ書9:6~13(通読箇所)
   (ローズンゲン日々聖句2/15;金)


 私たち自身である、
私たちの〔生まれたときからの私〕という霊は、
「神のひとりのようになり、善悪を知る」ようになっていて(創世記3:22)、
天の神、主の創造の目的から
「的外れ」になっているのだそうです。

 

 天の神、主、
「『わたしはある(I am)』という者」と名乗られる方は、
その私たちの〔生まれたときからの私〕という霊を
エスが受けられた十字架刑での処刑によって、
処刑が終わったもの、死んだものとしてくださるのだそうです。

 

 そのうえで、受け入れる者に、新しく、
〔聖である霊〕と呼ばれる方を派遣してくださるのだそうです。

 

 この方は、受け入れる者のうちにあって、
〔父である神〕が私たち一人一人に思っておられる御思いを
置いてくださるのですね。

 それで、受け入れる者の心に〔父である神〕の御思いが来て、
受け入れる者の心に
〔父である神〕の御思いがあるようになるのですね。

 私たちが、
自分自身である〔生まれたときからの私〕という霊から出て来る思いを、
エスの十字架刑での処刑に合わせていただいて
「死んだ」とされた者から出て来た思いであると計算して、
これを神の御前に差し出しながら、
〔聖である霊〕と呼ばれる方によって心に来た
〔父である神〕の御思いを自分の思いとして生きる者とし、
私たちの心を一新し(ロマ12:2)、
新しい心で生きる者にしてくださるのだそうです。

 

 罪、「的外れ」から解放され、
義、天の神、主と心を一つにして、
神の御思いを実現していく者に。

 

 この世の知恵ではなく、
隠された奥義としての神の知恵で(Ⅰコリント2:6~7)で生きる、
約束の子ども(ロマ9:8)としてくださって。

今日も。

 

 

(近くの教会を知りたい等の方は;shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。
また、ご家族などで、教会に行っていないけれど、葬儀はキリスト教で、等の

お問い合わせもどうぞ。)

 

 

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

 

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキング]

 

<ahref="https://www.blogmura.com/point/00697809.html" >

<imgsrc="https://blogparts.blogmura.com/parts_image/user/pv00697809.gif"alt="PVアクセスランキング にほんブログ村"/></a

信頼関係をはじめてくださり、完成してくださる方に目を注いで

思い起こせ初めからのことを。
わたしは神、ほかにはいない。
わたしは神であり、
わたしのような者はいない。
イザヤ書469

 

 信仰の創始者
また完成者であるイエスを見つめよう。
ヘブル書12:2

 

 黙示録1:(1~2)3~8
 ロマ書9:1~5(通読箇所)
   (ローズンゲン日々の聖句2/14;木)

 

 天の神、主、
「『わたしはある(I am)』という者」と名乗られる方は、
私たちに思い起こしてほしいのだそうですね。
初めからのことを。

 

 この方はイエスによって
私たちとの信頼関係を始めてくださった方。
そして、完成してくださる方。

 イエスは、今、おられ、昔おられ、
やがて来られる方。

 

 忠実な証人、
死者の中から最初によみがえられた方、
地上の王たちの支配者であられる方。

 

 私たちを愛して、
ご自身の血によって私たちを「的外れ」な生き方から、
神の創造の目的のとおりの生き方へと解き放ってくださる方。

 

 受け入れる者たちを王国とし、
ご自分の〔父である神〕のために祭司としてくださる方。

 

 やがて、雲に乗って来られる方。
アルファ(α)であり、オメガ(ω)である方(黙示録1:4~8))。

 

 最初に、イスラエルユダヤ人)を選んで子とし、
彼らに栄光、契約、律法、礼拝、約束を与えておられる方。

 

 万物の上にあり、
とこしえにほめたたえられる神なのですね(ロマ9:4~5)。

 この方を見上げながら、
今日も。

 

 

(近くの教会を知りたい等の方は;shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。
また、ご家族などで、教会に行っていないけれど、葬儀はキリスト教で、等の

お問い合わせもどうぞ。)