風にそよぐ葦

プロテスタントのキリスト教会員です。「ローズンゲン日々の聖句」より、その日、その日の聖書の言葉を紹介しています。

私たちの先を進み、しんがりも守ってくださるのだそうです。この方が。

あなたたちの先を進むのは主であり、
しんがりを守るのもイスラエルの神である。
イザヤ書52:12
 
 私たちは聞いたことに
いっそう注意を払わねばなりません。
そうでないと、
押し流されてしまいます。
ヘブル書2:1

 申命記8:11~18
 申命記30:11~20(通読箇所)
   (ローズンゲン日々の聖句2/21;水)

 天の神、主、「『わたしはある』という者」と名乗られる方は
イザヤを預言者として立てて言われます。


「あなたがたは、あわてて出なくてもよい。
逃げるようにして去らなくてもよい。
主があなたがたの前に進み、
イスラエルの神が、あなたがたのしんがりとなられるからだ」(イザヤ52:12新改訳)、と。

 私たちの救いは、〔父である神〕ご自身が計画し、
〔御子である神〕がその手続きを完了され、
約束のとおりに〔聖である霊〕と呼ばれる方が、
受け入れる者に来られて実現してくださるのだそうですから。

 〔御子である神〕、〔聖である霊〕と呼ばれる神が、
愛と尊敬において、
自由意思で自発的に
〔父である神〕と思いを同じくし、
心を一つにしておられるように、
私たちも〔父である神〕と思いを一つにする者へと。

 神さまの側で、一方的に、全部、用意していてくださって、
私たちは約束のことばに信頼して、
ただ、受け取ればいい、もらえばいいのだそうですから。

 だから、聞いた約束のことばにいっそう注意を払い、
心に留めて、押し流されないように、と注意されているのですね。

「神のひとりのようになり、善悪を知る者」になっている私たちは、
その、〔生まれたときからの私〕という霊を、
エスの十字架刑での処刑に合わせていただいて
処刑されたもの、死んだものとしていただき、
〔聖である霊〕と呼ばれる方をお迎えして、
この方によって、〔父である神〕の御思いを心に置いていただいて、
〔父である神〕と思いを同じくし、
心を一つにして生きる、
新しい生き方をいただいているとはいえ、
常に、この、〔生まれたときからの私〕という霊から心に来る、
自分の理性で事の善し悪しを判断し、
自分の理性による判断で生きようとする、
元の生き方に帰ろうとする者、なのですから。

 私たちは、食べて満ち足り、
立派な家に住み、
富がまし、生活が安定すると、
心高ぶり、
神である主、「『わたしはある』という者」と名乗られる方を忘れ、
心のうちで、
「この私の力、私の手の力が、この富を築き上げたのだ」と言い出す者、
なのですから(申命記8:11~18)。

「神のひとりのようになり、善悪を知る者」になっている私たちは、
自分の創造主を無視して、自分の理性を神としていく者のようです。

それで、私たちは、
「救いのことばを、だれが天に上り、
あるいは、地の奥底、海のかなたに行って、
取って来て、私たちに聞かせて行わせようとするのか」とうそぶくのですが、
いのちと幸い、死とわざわいの道は、私たちの身近に、目の前にあるのだそうです。

もし私たちが口でイエスを主と告白し、
心で神はイエスを死者の中からよみがえらせてくださったと信じるなら、
〔聖である霊〕と呼ばれる方が来てくださるのだそうですから。

「主の御名を呼び求める者は、だれでも救われる」
のだそうです(申命記30:11~20、ロマ10:5~13)。

 イエスの十字架刑での処刑と、死者の中からの復活によって実現した、
〔聖である霊〕と呼ばれる方により、
〔父である神〕と思いを同じくし、心を一つにして生きる、
新しい契約は(エレミヤ31:31~34、エゼキエル36:25~28、ルカ22:17~20、ヨハネ17:21~22、)、
有効なのだそうですから。
今日も。

 

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

 

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]

 

<a href="https://www.blogmura.com/point/00697809.html"><imgsrc="https://blogparts.blogmura.com/parts_image/user/pv00697809.gif"alt="PVアクセスランキング にほんブログ村"/></a>

恵み深く、憐れみに富む御業を記念しながら

恵み深く憐れみに富む主は、
驚くべき御業を記念するように定められた。
111;4

 私たちが神を賛美する賛美の杯は、
キリストの血にあずかることではないか。
私たちが裂くパンは、
キリストの体にあずかることではないか。
Ⅰコリント1016

 ヨブ記1:
122
 申命記271126(通読箇所)

  (ローズンゲン日々の聖2/20;火) 

 イエスは、ご自分が、数時間後には捕らえられ、
十字架刑での処刑を受けられる前の晩の、
過ぎ越しの祭りの食事の席で、
過ぎ越しの杯を取り、感謝をささげて後、弟子たちに言われたのだそうです。
「これを取って、互いに分けて飲みなさい」。

 それから、過ぎ越しのパンを取り、感謝をささげてから、裂いて、
弟子たちに与えて言われました。
「これは、あなたがたのために与える、わたしのからだです。
わたしを覚えてこれを行いなさい。」

 食事の後、過ぎ越しの杯も同じようにして言われた。
「この杯は、あなたがたのために流されるわたしの血による新しい契約です」、と。

 ヨブは、自分の7人の息子たちの誕生日の祝宴が一巡すると、
子どもたちを呼び寄せ、
彼らひとりひとりのために、
それぞれの全焼のいけにえをささげていたのだそうです。
「私の息子たちが、あるいは罪を犯し、
心の中で神をのろったかもしれない」と思って(ヨブ1:5)。

 私たち、天の神、主と、思いを一つにせず、
「神のひとりのようになり、善悪を知る者」になって」
自分の理性の善し悪しの判断のとおりを歩む者、
「神に呪われる」はずの者ですが(申命記27:11~26)、
〔父である神〕は、ヨブが子どもたちのためにしたように、
〔独り子である神〕を人間イエスとして人の世に遣わしてくださり、
エスが十字架刑で裂かれた肉、流された血によって私たちを赦し、
受け入れる者に、もう一人の助け主、
〔聖である霊〕と呼ばれる方を派遣してくださって、
受け入れる者が、愛において、ご自身と思いを同じくし、
心を一つにするように、と、道を開いてくださっているのだそうです。


 それで、これにあずかっている者は、
エスの裂かれた肉、流された血を記念しながら、
エスによって締結された新しい契約(エレミヤ31:3134、エゼキエル36:25~28)、、
〔聖である霊〕と呼ばれる方が心に置いてくださる
〔父である神〕の御思いによって、
エスに合わせられ、心を一つにしていただきながら、
恵みと憐れみの御業の中を生きるのだそうです。
今日も。

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

 

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]

 

<a href="https://www.blogmura.com/point/00697809.html"><imgsrc="https://blogparts.blogmura.com/parts_image/user/pv00697809.gif"alt="PVアクセスランキング にほんブログ村"/></a>

神の秘められた計画をゆだねられた管理者として

もし主に仕えたくないというならば、
仕えたいと思うものを、
今日、自分で選びなさい。
ただし、私と私の家は主に仕えます。
ヨシュア記24:15

 こういうわけですから、
人は私たちをキリストに仕える者、
神の秘められた計画をゆだねられた
管理者と考えるべきです。
Ⅰコリント4:1

 Ⅱテサロニケ3:1~5
 申命記27:1~10(通読箇所)

  (ローズンゲン日々の聖句2/19;月)

 天の神、主、「『わたしはある』という者」と名乗られる方は、
私たちが、恐怖によってではなく、
愛によって、自由意思で、自発的に、
ご自身を「私の神」として選び、
仕える者になってほしいと願っておられる方のようですね。

 イスラエルの民をエジプトから脱出させ、
約束の地に導いたモーセの後継者として、
約束の地をイスラエル12部族に分割したヨシュアも、
自分の死を前にして、イスラエルの民にこのように言っています。

 また、使徒パウロも、
自分たちを、キリストに仕える者、
神の計画をゆだねられた管理者として、
テサロニケの人たちに書き送っています。
「私たちが命じることを、あなたがたが現に実行しており、
これからも実行してくれることを私たちは主にあって確信しています。
どうか、神である主が、あなたがたの心を導いて、
神の愛とキリストの忍耐を持たせてくださいますように」(Ⅱテサロニケ
345)と。

 モーセイスラエルの民に言いました。
「あなたがたが、あなたの神、主が与えようとしておられる地に向かって
ヨルダン川を渡る日には、
大きな石をエバル山に立て、
それらに石灰を塗り、
この、御教えのすべてのことば書きしるしなさい。
静まりなさい。
イスラエルよ。聞きなさい。
きょう、あなたは、あなたの神、主、
「『わたしはある』という者」と名乗られる方の民となった。
あなたの神、主の御声に聞き従い、
私が、きょう、あなたに命じる
主の命令とおきてとをおこないなさい」(申命記
27110)、と。

 今、イエスの十字架刑での処刑と、復活によって、
新しい契約に仕える者、
文字に仕える者ではなく、
御霊に仕える者(Ⅱコリント
36)としていただいた者は、
御霊、〔聖である霊〕と呼ばれる方が心に置いてくださる
〔父である神〕の御思いについて行く者、
御思いを実行していく者(エレミヤ31:31~33、エゼキエル36:25~28、ガラテヤ5:24~25)として用いていただけるのだそうです。
今日も。

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

 

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]

 

<a href="https://www.blogmura.com/point/00697809.html"><imgsrc="https://blogparts.blogmura.com/parts_image/user/pv00697809.gif"alt="PVアクセスランキング にほんブログ村"/></a>

苦しんでいる人、その人は祈りなさい

神よ、私の心は確かです。
私は賛美の歌を歌います。
詩108:2

 あなたがたの中で苦しんでいる人は、
祈りなさい。
喜んでいる人は、
賛美の歌をうたいなさい。
ヤコブ書5:13

 ゼカリヤ書7:2~13
 申命記26:1~15(通読箇所)

  (ローズンゲン日々の聖句2/;土)

 私たち、心を確立して、揺るぐことなく、
天の神、主、「『わたしはある』という者』と名乗られる方に向かって
賛美の歌を歌うようにしていただけるのだそうです。
苦しんでいる時、私たちの叫びに答えてくださり、
私たちが生きていくのに必要なすべてのものを備え、
私たちを喜ばせようとしていてくださる方に。

 「神のひとりのようになり、善悪を知る者」になっている私たちは、
断食をして嘆く時も、
食べたり飲んだりするときも、
それを自分のためにするばかりで、
天の神、主のためにするのではない者なのですね。

 天の神、主、万軍の主から、
「わたしが、『正しいさばきを行い、互いに誠実を尽くし、憐れみ合え。
やもめ、みなしご、在留異国人、貧しい者をしいたげるな。
互いに心の中で悪をたくらむな』と言っても、
彼らはこれを聞こうともせず、
肩を怒らせ、耳をふさいで聞き入れなかった。
彼らは心を金剛石
(ダイヤモンド)のようにして、
万軍の主がその御霊により、
先の預言者たちを通して送られたおしえとみことばを、
聞き入れなかった。
呼ばれたときも、彼らは聞かなかった。
そのように、彼らが呼んでも、わたしは聞かない」(ゼカリヤ
7913)と言われてしかたのない者です。

 そのような私たちを、天の神、主は、
なお、愛し、憐れみ、大切に思ってくださって、
エスが十字架刑での処刑を受けてくださったことによって、私たちを赦し、
そのイエスを通して〔聖である霊〕と呼ばれる方を派遣してくださって、
受け入れる者の心に〔父である神〕の御思いを置いてくださり、
受け入れる者が〔父である神〕と同じ思いを思い、
願うようにしてくださって、
実現に至らせてくださり(ピリピ
213)、
喜び、賛美するようにしてくださるのだそうです。

 〔父である神〕が与えてくださった恵みの十分の一をもって、
レビ人
(産業を持たないで、天の神、主に仕えることを専門にしている人)
在留異国人、みなしご、やもめのために用い、
共々に喜び合い、賛美の歌を歌い合うようにも(申命記
261113)。
今日も。

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

 

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]

 

<a href="https://www.blogmura.com/point/00697809.html"><imgsrc="https://blogparts.blogmura.com/parts_image/user/pv00697809.gif"alt="PVアクセスランキング にほんブログ村"/></a>

憐れみを受け、時宜にかなった助けをいただくために

主の言葉:
わたしを呼ぶがよい。
苦難の日、わたしはお前を救おう。
そのことによって、
はわたしの栄光を輝かすだろう。
詩50:15

 憐れみを受け、
時宜にかなった助けをいただくために、
大胆に恵みの座に近づこうではありませんか。
ヘブル書4:16

 ロマ書7:14~25a
 申命記25:1~16(通読箇所)

  (ローズンゲン日々の聖句1/16;金)

 天の神、主、「『わたしはある』という者と名乗られる方は、仰るのですね。
「苦難の日にわたしを呼び求めよ。
わたしはあなたを助け出そう。
あなたはわたしをあがめ、
私の栄光を輝かすことになる」、と。
エスが、大祭司として、
〔父である神〕の前に立っていてくださるのだそうですから。

大祭司であるイエスは、
私たちの弱さに同情できないような方ではないのだそうです。
罪は犯されませんでしたが、
すべての点で、私たちと同じように試みに会ってくださったのだそうですから。

ですから、私たちは、
憐れみを受け、また恵みをいただいて、
おりにかなった助けを受けるために、
大胆に恵みの御座に近づいていいのだそうです。

 天の神、主、「『わたしはある』という者」と名乗られる方は、
「あろうとするとおりにある」ことが出来るお方、
「あろうと思われるとおりにある」お方なのだそうです。

しかし、私たち、「神のひとりのようになり、善悪を知るように」なった人間は、
使徒パウロが言うとおりで、
「あろうとするとおりにある」ことが出来ない者なのですね。
「善をしたい」という願いはいつもあっても、
それを実行することがない。

 自分のしたい善は行わないで、したくない悪を行っている実態があります。
そして、自分の努力では、その実態をどうにもできない、
そのみじめさの中にあって、
そのままで、大祭司であるイエスによって、
「神に感謝する」(ロマ7:14~25)のだそうです。

 私たちの身代わりとなって、十字架刑での処刑を受けてくださり、
墓に葬られ、三日目に死人の中より、新しい霊のからだに復活し、
天の〔父である神〕の右の座に帰られたイエスによって、
大胆に、はばかることなく、
恵みの御座の前に出て行っていいようにしていただいているのだそうですから。

 そして、その大祭司となってくださっているイエスが派遣してくださる〔聖である霊〕と呼ばれる方が、
受け入れる者を上からすっぽりと覆って下さり、その者の内にあって
〔父である神〕が一人一人に対して思っておられる御思いを心に置いてくださり、
受け入れる者が、〔父である神〕の思われるとおりに「ある」ようにしてくださるのだそうです。

 自分の肉(〔生まれたときからの私〕という霊)を、
さまざまな情欲と欲望とともに、十字架につけたものとしていただいた者は、
御霊によって生き、
御霊が心に置いてくださる御思いに導かれて、進むのだそうですから(ガラテヤ5:24~25)。
 今日も。

 

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

 

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]

 

<a href="https://www.blogmura.com/point/00697809.html"><imgsrc="https://blogparts.blogmura.com/parts_image/user/pv00697809.gif"alt="PVアクセスランキング にほんブログ村"/></a>

新しい人を着させてくださるのだそうです。古い人を脱ぎ捨てて。

私の神よ、私はあなたが人の心を調べ、
正しいものを喜ばれることを知っています。
歴代誌上29:17

 愛に根差して真理を知り、
あらゆる面で、頭
(かしら)であるキリストに向かって
成長していきます。
エフェソ書4:15

 コロサイ書3:(5~7)8~11
 申命記24:6~22(通読箇所)

  (ローズンゲン日々の聖句2/15;木)

 天の神、主、「『わたしはある』という者」と名乗られる方は、
人の心を調べ、ためされる方、
直ぐな心、ほんとうの、ありのままの心で
ご自身に向かって来ることを喜ばれる方なのだそうです。

 その、「神のひとりのようになり、善悪を知る者」になっている、
うなじのこわい、自分の考えをどこまでも主張し、聞こうとしないで、
神に逆らい、対立、対抗するそのままの実体で、天の神、主の前に出て、
その、私を、なお、愛し、追いかけてくださっている神の愛を体験するのだそうです。

 イエスを私のキリスト(救い主)と認めて、
独り子であるイエスを私の身代わりとして、
私の「的外れ」の責任を負わせて十字架刑で処刑して、
私を処罰が終わったもの、死刑が終わったものとみなしてくださる神の愛を。

 神である主は、私自身である〔生まれたときからの私〕という霊を、
死んだもの、古いものとしてくださり、
脱ぎ捨てるべきものとしてくださるのだそうです(コロサイ3:5~9)。

 そして、そのイエスを通して、
受け入れる者に、
もう一人の方、〔聖である霊〕と呼ばれる方を派遣してくださるのだそうです。

 この方が、受け入れる者を上から覆い包み、
受け入れる者の内にあって、
心に、〔父である神〕の御思いを置いてくださるので、
受け入れる者は、〔父である神〕の御思いを思うものとしていただけて、
〔父である神〕の御思いを我が思いとして新しく生きるように(コロサイ3:10)
していただけるのだそうです。

エスは、〔父である神〕への愛と尊敬のゆえに、
ご自身の自由意思で、自発的に、
100パーセント、自分からは何事もせず、
ただ、〔父である神〕の御思いのとおりに行動された方なのだそうです(ヨハネ8:28、12:49~50)。〔父である神〕と完全に一つになっておられた方。

その〔父である神〕と〔御子である神〕との一つになっている関係に、
私たちも入れていただき、
成長し、イエスと同じ関係にまで達するようにしていただけるのだそうです。

 身体が、神経の伝達によって、頭(脳)からの指令のとおりに動いているように、
私たちも、自由意思で、自発的に、みずからすすんで、
イエス・キリストを私の頭とし、
〔聖である霊〕と呼ばれる方が置いてくださる、
エスを通して来る、〔父である神〕の御思いと思いを一つにして、
御思いのとおりに行動する者に。
新しい人を着て。
今日も。

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

 

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]

 

<a href="https://www.blogmura.com/point/00697809.html"><imgsrc="https://blogparts.blogmura.com/parts_image/user/pv00697809.gif"alt="PVアクセスランキング にほんブログ村"/></a>

真理は、私たちを自由にしてくれるのだそうですから

わたしはあなたたちの神となり、
あなたたちはわたしの民となる。
エレミヤ書7:23

 イエスの言葉:
わたしの言葉にとどまるならば、
あなたたちは本当にわたしの弟子である。
あなたたちは真理を知り、
真理はあなたたちを自由にする。
ヨハネ 8:31~32

 マタイ6:16~21
 申命記21:1~9(通読箇所)

  (ローズンゲン日々の聖句2/14;水)

 あのとき、
天の神、主、「『わたしはある』という者」と名乗られる方は、言われたのだそうです。

「わたしの声に聞き従え。
そうすれば、わたしは、あなたがたの神となり、
あなたがたは、わたしの民となる。
あなたがたをしあわせにするために、わたしが命じたすべての道を歩め」。

 しかし、「神のひとりのようになり、善悪を知る者」になっている彼らは、
聞かず、耳を傾けず、悪いかたくなな心のはかりごとのままに歩み、
前進するどころか、後退した。
わたしはあなたがたに、
わたしのしもべである預言者たちを、
毎日朝早くから、たびたび送ったが、
彼らはわたしに聞かず、耳を傾けず、うなじのこわい者となって、
先祖たちよりも悪くなった」(エレミヤ7:23~26新改訳))、と。

そして、イエスは言われます。
「もし、あなたがたが、わたしのことばにとどまるなら、
あなたがたはほんとうにわたしの弟子です。
そして、あなたがたは真理を知り、
真理はあなたがたを自由にします」(ヨハネ8:31~32新改訳)。

 イエスのことばが真理、ほんとうであることを体験した者は、
自分自身の考えから自由にされ、天の神、主の考えで生きるようになるのだそうです。

 それで、人の目、人から受ける評判を気にし、
人から、善い人と思われようと、
人の前に歩むことからも自由にしていたでけるのだそうです。

断食している時、それが周りの人にわかるように、
わざわざ、やつれた顔つきをしたりするような。

また、自分の宝を地上にたくわえる不安、富への執着からも解放され、
天に宝をたくわえる喜びと自由を体験し、
この世をシンプルに、軽々と生きていけるような(マタイ6:16~21)。

 イエスが派遣してくださる〔聖である霊〕と呼ばれる方は、
エスのことば、
〔父である神〕がイエスを通して語られる御思い、を、
心に置いてくださり、
受け入れる者が御思いに留まるようにしてくださるのだそうですから。
内面からの、神の民、神の家族、イエスの弟子に。
今日も。

 

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

 

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]

 

<a href="https://www.blogmura.com/point/00697809.html"><imgsrc="https://blogparts.blogmura.com/parts_image/user/pv00697809.gif"alt="PVアクセスランキング にほんブログ村"/></a>