風にそよぐ葦

プロテスタントのキリスト教会員です。「ローズンゲン日々の聖句」より、その日、その日の聖書の言葉を紹介しています。

人の評判が気になる私たちを

あなたは弱い者を偏(かたよ)ってかばったり、
力ある者におもねってはならない。
レビ記19:15

 

 私の兄弟たち、
栄光に満ちた、
私たちの主イエス・キリストを信じながら、
人を分け隔てしてはなりません。
ヤコブ書2:1
 使徒13:42~52
 Ⅰコリント4:1~5(通読箇所)
   (ローズンゲン日々聖句1/30;木)

 

 私たちは、人からどう思われるか気になる者なのですね。
とかく、弱い者をひいきし、偏ってかばったり、
強い者におもねり、へつらう思いが出て来る者です。

 

 しかし、私たちの身代わりになって十字架刑での処刑を受け、
死んで墓に葬られ、
三日目、日曜日の早朝、
死人の中から新しい霊のからだに復活し、
40日にわたって何度も弟子たちに現れ、
神の国のことを語ったのち、
オリーブ山で弟子たちが見守る中、上げられ、
天の、【父である神】の右の座に復帰されたイエスが派遣してくださる
【聖である霊】と呼ばれる方が私たちの心に置いてくださる
【父である神】の御思いは、
いつくしみに満ちた、公正な思いなのだそうです。

 

 だから、私たちも、この、
【聖である霊】と呼ばれる方によって心に来る
【父である神】の御思いで生きれば、
人を分け隔てしなくなるのだそうです。

 

 だから、この、イエスによって実現した【父である神】からのプレゼント、
【聖である霊】と呼ばれる方による新しい生き方を拒んで、
自分自身を永遠のいのちにふさわしくない者にすることがないように(使徒13:46)、と
パウロは言うのですね。

 

 やがてイエスが来られるときには、
やみに隠れたことも明るみに出され、
心の中のはかりごとも明らかにされ、
神からそれぞれの人に賞賛が与えられるのだそうですから(Ⅰコリント4:5)。

 

私たちも、【聖である霊】と呼ばれる方によって心に来る
【父である神】の御思いについて行って。
今日も。

 

(近くの教会を知りたい、
教会に行っていないけれど、
葬儀をキリスト教でしたい、
婚活で、広く出会いを求めたい、
等のお問い合わせは、
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。

 〈(株)プレス・ ユア・ ホーム https://christ-sougi.com/ 所属〉)
〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉

イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキング]

傷ついた葦を折ることなく

わたしのしもべは、
傷ついた葦
(あし)を折ることなく、
暗くなっていく灯心を消すこともない。
イザヤ書42:3

 

 人の子は、
失われたものを捜して
救うために来たのである。
ルカ19:10

 

 ルツ記1:1~8(9~15)16~19a(19b~21)

 Ⅰコリント3:18~23(通読箇所)

   (ローズンゲン日々聖句1/29;水)

 

 【父である神】から遣わされて人の世に来られた方、イエスは、
私たちに御力をもって無理やり何かをなさる方ではないのだそうですね。

傷つき折れかけている葦の一本を、
「こんなの要らない、えい、面倒だ」と折ってしまう方ではなく、

消えかかり、暗くなっている灯心を、
だからと言って消してしまう方ではない。
大切に取り扱ってくださる方なのだそうです。

 

 イエスは、義人を招くためではなく、
良い者を選び取るためでもなく、
「的外れ」になり、失われている者を探し出して救うために
来てくださった方なのだそうですから。

 

 財産の一つもなく、
モアブの野から義母ナオミについて来た異国人の未亡人ルツを選び取り、
ボアズと出会わせて、ダビデ王の曾祖母とし、
その子孫から救い主イエス・キリストが生まれるようにされたように。(ルツ記1:1~21)

 

  「神の一人のようになり、
善悪を知る」ようになっている(創世記3:5、22)人間の理性は
「的外れ」になっていて、
その知恵は愚かな、空しいものになっている(Ⅰコリント3:18~23)のだそうですから。

 

 イエスは、そのような、空しい、愚かな私たちを探し出して救い、
ご自分のものとし、ご自分の栄光を着せ、
【聖である霊】と呼ばれる方によって
【父である神】の御思いで生きるようにしてくださるのだそうです。
神と心を一つにして生きる者へと。
今日も。

 

(近くの教会を知りたい等の方、
また、婚活で広く出会いを求めたい

教会に行っていないけれど、
葬儀をキリスト教でしたい

等の方、
お問い合わせは、
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。)

 

〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉
〈(復活社 http://www.sougi8849.jp/index.html 〉

 

イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキング]

この方がされることを妨害するものは何もない、のだそうです。

神が破壊したものは
建て直されることなく、
封じ込められた人は
解放されることがない。
ヨブ記12:14

 

 聖なる方、真実な方、
ダビデの鍵を持つ方が開けると、
だれも閉じることなく、
閉じると、だれも開けることがない。
見よ、
わたしはあなたの前に門を開いておいた。
だれもこれを閉めることはできない。
黙示録3:7~8

 

 ロマ書15:7~13
 Ⅰコリント3:9~17(通読箇所)
  (ローズンゲン日々聖句1/28;火)


 天の神、【主】、
「『わたしはある(I am)』という者」と名乗られる方(出エジプト3:14)が
打ち壊されたものは、
建て直されることがなく、
閉じ込められた人が解放されることはないというのですね。

 

 今は、神は、私たちの前に門を開いていてくださるのだそうです。
けれども、この門も、神が閉じられれば誰も開けることはできないのですね。

 

 今は、キリストは、割礼のあるもの、ユダヤ人を
父祖たちへの約束のゆえに受け入れ、
割礼のない私たち異邦人も
あわれみのゆえに受け入れ、
信仰によるすべての喜びと平安で満たし、
【聖である霊】と呼ばれる方の力によって
希望にあふれさせてくださるのだそうですから。(ロマ15:7~13) 

 

 私たちを
【聖である霊】と呼ばれる方が住まわれる神の宮にしようと。(Ⅰコリント3:9~17)

 

 今は、その門は開いているのだそうですから。
今日も。

 

(近くの教会を知りたい等、
また、教会に行っていないけれど、

葬儀をキリスト教でしたい
また、婚活で広く出会いを求めたい

等のお問い合わせは
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。)

 

〈(復活社 http://www.sougi8849.jp/index.html 〉
〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉

 

 

イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキング]

逆巻く波をも静め、平和を与えようと

人々は、
東から西から、
また南から北から来て、
神の国で宴会の席につく。
ルカ13:29(1/26の週の聖句)

 

 あなたは誇り高い海を支配し、
波が高く起これば、
それを静められます。
詩89:10

 

 どうか、平和の主御自身が、
いついかなる場合にも、
あなたがたに平和をお与えくださるように。
Ⅱテサロニケ3:16

 

 マタイ8:5~13
 詩86(通読箇所)

  (ローズンゲン日々聖句1/26;Ⅳ日曜)


 神の国の宴会では、東から西から、南から北から来た、
世界中のあらゆる国民、部族、民族、言語の人が(黙示録7:9)席につくのだそうですね。

 

 招いてくださる方は、天の神、【主】、
「『わたしはある(I am)』という者」と名乗られる方(出エジプト3:14)。
私たち、招かれる何の資格もない者にキリストの義を用意してくださって。
 

 この方は、海の高まりを治め、
波が逆巻くときにも、おことば一つでそれを静められる方。

 

 どんな時にも、どんな場合にも、私たちとともにいて平和を与えてくださる方。

 

 この方には権威があり、
天使の万軍に号令し、おことば一つでこれを動かし、
中風で死にかけている人も、おことば一つでいやされ(マタイ8:5~13)、
悪霊もこの方のことばに従って出て行き、
山に向かって海に入れと言われれば、
山もそのことばに従って海に入るのだそうですから(マルコ11:22)。
 

 だから、私たちもこの方に向かって叫ぶのですね。
ダビデ王がそうしたように。
 

「【主】よ 耳を傾けて、私にお答えください。
私は苦しみ、貧しいのです。
私のたましいをお守りください。
私は神を恐れる者です。
あなたのしもべをお救いください。
あなたは私の神。
私はあなたに信頼します。
主よ 私をあわれんでください。
絶えず 私はあなたを呼んでいます。
このしもべのたましいを喜ばせてください。
主よ 私のたましいはあなたを仰ぎ求めています。
主よ まことにあなたは
いつくしみ深く、赦しに富み
あなたを呼び求める者すべてに
恵み豊かであられます。
【主】よ 私の祈りに耳を傾け
私の願いの声を心に留めてください。
苦難の日に 私はあなたを呼び求めます。
あなたが私に答えてくださるからです。」(詩篇86:1~7新改訳)、と。
 

 海の波をも静められる平和の主に向かって。
この新しい週も。

 

(近くの教会を知りたい等の方、
また、婚活で広く出会いを求めたい

教会に行っていないけれど、
葬儀をキリスト教でしたい

等の方、
お問い合わせは、
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。)

 

〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉
〈(復活社 http://www.sougi8849.jp/index.html 〉

 

イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキング]

喜びと平和、希望に満ちあふれさせて

あなたは知らないのか。
聞いた事はないのか。
主は永遠にいます神、
地の果てに及ぶ全てのものの造り主。
(う)むことなく疲れることなく、
その英知は極めがたい。
イザヤ書40:28

 

 希望の源である神が、
信仰によって得られるあらゆる喜びと平和とで
あなたがたを満たし、
聖霊の力によって
希望に満ちあふれさせてくださるように。
ロマ書15:13

 

 申命記33:1~4(7、12~16)
 Ⅰコリント2:10~16 (通読箇所)
  (ローズンゲン日々聖句1/25;土)


 私たちは、とかく、思うのですね。
「神は見てくださらない。私の訴えを聞いてくださらない」と。

 

 しかし、天の神、【主】、

「『わたしはある(I am)』という者」と名乗られる方(出エジプト3:14)は、
永遠の神、
この宇宙の果て果てまでのすべてのものを創造した方。
飽きていやになったり、疲れることも、弱ることもないお方。
そして、その英知は、測り知れなく、
私たち人間が極めることができないお方なのですね。

 

 そして、私たちの希望の源であってくださる方。
神なく、望みなく生きている私たちを、
イエス・キリストによって喜びと平和、平安で満たし、
【聖である霊】と呼ばれる方によって
希望に満ちあふれさせてくださるのだそうですから。
 

「【主】はシナイから来て、
セイルから彼らを照らし、
パランの山から光を放ち、
幾万もの聖なる者のところから
近づいてこられる。
その右手に彼らのみ使いたちを伴って。」(申命記33:2新改訳)


 【父である神】は、恵み、ご自身の側での一方的な出来事として
「目が見たことのないもの、
耳が聞いたことのないもの、
人の心に思い浮かんだことがないものを、
神は、神を愛する者たちに備えてくださって」
それを、【聖である霊】と呼ばれる方によって私たちに啓示してくださっているのだそうです。
 

 それで、私たちは、この方をお迎えするとき、この方によって、
【父である神】が恵みとして私たちに与えていてくださるものを知ることができ、
死の向こうにさえも続く希望を持つ者ともしていただけるのだそうです。
この方によってキリストと同じ心を持つようにもしていただき、(Ⅰコリント2:9、12、16)
キリストと同じ栄光を着せていただける者にと。
今日も。

 

(近くの教会を知りたい、
教会に行っていないけれど、
葬儀をキリスト教でしたい、
婚活で、広く出会いを求めたい、
等のお問い合わせは、
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。

 〈(株)プレス・ ユア・ ホーム https://christ-sougi.com/ 所属〉)
〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉

イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキング]

その日、神は御心のとおりを実行なさるのだそうですから。

その日には、
人間の高ぶる目は低くされ、
高慢なものは卑しめられ、
主はただひとり、高く上げられる。
イザヤ書2:11

 

 思い違いをしてはいけません。
神は、人から侮られることはありません。
ガラテヤ書6:7

 

 エレミヤ書14:1~9
 Ⅰコリント2:1~9(通読箇所)
  (ローズンゲン日々聖句1/24;金)


 その日、終わりの日には、多くの民族が来て言う。
「さあ、【主】の山エルサレムに上ろう。
主はご自分の道を私たちに教えてくださる。
私たちはその道筋を進もう」、と。
それは、シオンからみおしえが、
エルサレムから【主】のことばが出るからだ。
主は国々の間をさばき、多くの民族に判決を下す。
彼らはその剣を鋤(すき)に、
その槍(やり)を鎌(かま)に打ち直す。
国は国に向かって剣を上げず、もう戦うことを学ばない、
ようになるのだそうです。(イザヤ2:2~4)

 

 そして、人間の高ぶりはかがめられ、
人々の思い上がりは低くされ、
偽りの神々、人間が考え出した神々は消え去る、のだそうですから。

 

 だから、神が、今すぐに裁きをなさらないからと言って、
神の忍耐と寛容を軽んじ、
神はいない、神は何もしないと思い違いをしてはいけないのですね。

 

 人は種を蒔けば、刈り取りもすることになる。
自分の肉(生まれたときからの私という霊)に蒔けば、
肉から滅びを刈り取り、
御霊に蒔く者は、
御霊から永遠のいのちを刈り取ることになるのだそうですから。(ガラテヤ6:7~8新改訳)

 

 たとえ、今、神は私たちを置き去りにし、遠く離れてしまって、
救ってくださらないかのように見えていたとしても。(エレミヤ14:8~9)

 

 【父である神】は、だれ一人滅びることがないように、
すべての人が、
十字架刑での処刑を受けて死なれたイエス・キリスト(Ⅰコリント2:2)を
受け入れて救いに至るようにと、
忍耐と寛容をもって終わりの時、その日を
先延ばしにしていてくださるのだそうですから。(Ⅱペテロ3:9)

 

十字架刑での処刑を受けて死なれ、
三日目、日曜日の早朝、
死人の中から新しい霊のからだに復活し、
天の、【父である神】の右の座に復帰されたイエス
 

そのイエスを通して来てくださる
【聖である霊】と呼ばれる方によって心に来る、
【父である神】の御思いと心を一つにしながら。
 今日も。

 

(近くの教会を知りたい等の方、
また、婚活で広く出会いを求めたい

教会に行っていないけれど、
葬儀をキリスト教でしたい

等の方、
お問い合わせは、
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。)

 

〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉
〈(復活社 http://www.sougi8849.jp/index.html 〉

 

イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキング]

私の魂を死から、目を涙から、足を突き落とそうとする者から助け出し

あなたは私の魂を死から、
私の目を涙から、
私の足を突き落とそうとする者から、
助け出してくださった。
詩116:8

 

 イエスは御自分の死によって、
死の恐怖のために一生涯、
奴隷の状態にあった者たちを
解放なさいました。
ヘブル書2:15

 

 使徒15:22~31
 Ⅰコリント1:26~31(通読箇所)
  (ローズンゲン日々聖句1/23;木)


 天の神、【主】、
「『わたしはある(I am)』という者」と名乗られる方(出エジプト3:14)は、
私たちを守り、支えてくださる方。

あらゆる困難から、敵から、死からも。

 

 イエスが十字架刑での処刑を受けて死んでくださり、
初穂として新しい霊のからだに復活し、
天の、【父である神】の右の座に復帰され、

 

 そのイエスを通して【聖である霊】と呼ばれる方が来てくださり、
この方によって【父である神】の御思いが私たちの心に置かれ、
私たちが【父である神】と心を一つにして生きる、
 

「神の一人のようになり、善悪を知る」ようになっている(創世記3:5、22)

〔生まれたときからの私〕を死んだものとし、
【聖である霊】と呼ばれる方によって新しく生きる生き方が来ている今は、
私たちは死の向こうにも希望を与えられているのですね。

 

 イエスが号令と御使いのかしらの声と
神のラッパの響きとともに天から下って来られる時、
キリストにある死者がよみがえり、
それから、生き残っている私たちが、一瞬のうちに
この肉体を新しい霊のからだに変えられ、
空中に引き上げられ、
いつまでも、イエスがおられる所で
エスとともにいることになるのだそうですから。
(Ⅰコリント15:50~52、1テサロニケ4:16~17)
エスと同じ神の子の栄光を着せていただいて。

 

 それはパウロが言うように、
「私の願いは、世を去ってキリストとともにいることです。
実はそのほうが、はるかにまさっている」(ピリピ1:23)出来事なのだそうですから。

だから死は、絶望ではなく、希望の門なのですね。

今日も。

 

(近くの教会を知りたい等、
また、教会に行っていないけれど、

葬儀をキリスト教でしたい
また、婚活で広く出会いを求めたい

等のお問い合わせは
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。)

 

〈(復活社 http://www.sougi8849.jp/index.html 〉
〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉

 

 

イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキング]