読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風にそよぐ葦

プロテスタントのキリスト教会員です。「ローズンゲン日々の聖句」より、その日、その日の聖書の言葉を紹介しています。

イエスがしようと思うことを何でもしていく者に

しようと思うことは何でもしなさい。

神があなたと共におられるのです。サムエル記上10:7

 

 何を話すにせよ、行うにせよ、

すべて主イエスの名によって行い、

イエスによって、父である神に感謝しなさい。コロサイ書3:17

 

 ヨブ記9:14~23

  32~35 ルカ21:1~4(通読箇所)

  (ローズンゲン日々の聖句3/28;火)

 

 イスラエルに王がなかったころ、

天の神、主は、民の中から士師を立ててさばきつかさとし、

士師は神に聞きながら民の問題を解決していました。

 

 けれども、民は周りの国々のように王がいればと、

王制の弊害を説く預言者サムエルに、

「いや、どうしても、私たちの上に王がいなくてはなりません。

私たちも、ほかのすべての国民のようになり、

私たちの王が私たちをさばき、

王が私たちに先立って出陣し、私たちの戦いを戦ってくれるでしょう」と王を立てるよう迫ったのだそうです。

 

 天の神、主は、サムエルに、

「この民があなたに言うとおりに、民の声を聞き入れよ。

それはあなた(サムエル)を退けたのではなく、彼らを治めているこのわたしを退けたのであるから」と言われ、サムエルを通して、イスラエル第1代目の王、サウルが立てられることになりました。

 

 あなたはイスラエルの王となるというサムエルの言葉が信じられなくて、

「どうしてあなたはこのようなことを言われるのですか。

私はイスラエルの部族のうちの最も小さいベニヤミン人ではありませんか。

私の家族は、ベニヤミンの部族のどの家族よりも、つまらないものではありませんか」と答えるサウルにサムエルは言います。

「あなたが、ペリシテ人の守備隊のいる町、神のキブアに入るとき、高きところから降りてくる預言者の一団に出会います。

彼らは預言をしていますが、主の霊があなたの上に激しく下ると、あなたも彼らといっしょに預言して、あなたは新しい人に変えられます。

このしるしがあなたに起こったら、手あたりしだいに何でもしなさい。

神があなたとともにおられるからです。」(サムエル8:1~10:7)と。

 

 「しようと思うことは、手あたりしだい何でもしなさい」とは、〔ともにおられる神〕、〔聖である霊〕と呼ばれる方が心に置かれる〔思うこと〕は、ということのようですね。

 

 事実、サウロは、サムエルから「私が着くまで7日間、そこ(ギルガル)で待たなければなりません」と言われていたのですが(Ⅰサムエル10:8)、ペリシテ人が攻めて来て、サウロは、ギルガルで、7日間、待ったのですが、サムエルは来ず、民は逃げて行こうとするので、サウロはサムエルを待ちきれず、ついに、自分で全焼のいけにえと和解のいけにえを神にささげたのだそうです。

 

神のことばに従わず、自分の理性の判断に従って行動した、このことが、サウロが王位から退けられることにつながったのだそうですから(Ⅰサムエル13:5~15)。

 

 私たちも、〔聖霊を受ける〕と、今までの律法の束縛から解放され、〔生まれた時からの私〕という私自身も生き生きとし、元気になり、今までの、人に気を配りながら、おずおずとではなくなるので、主の思われるとおりにではなく、自分の思いのとおりにして、人をけとばしていくことにもなりやすいようです。

 

 しっかりと、〔生まれた時からの私〕は、イエスの十字架刑での処刑に合わせていただいて死んだものとなっており、〔生まれた時からの私〕から来る思いは、死んだものから出て来ている思いであることを認めて、神の前に差し出し、お渡しし、〔聖である霊〕と呼ばれる方から心に来る〔父である神〕が私を通してしようと思っておられる、その御思いについて行く生き方を理解しておかないといけないようです(ガラテヤ5:24~25)。

もし、王であれば、御思いのとおりに、手あたりしだい何でもしていいのでしょうが。

 

 義人ヨブは、原因が自分には思いあたらない激しい苦しみの中にあって、神と自分との間を〔仲裁する者〕を望んだのだそうですが(ヨブ9:33)、

その仲裁者として、〔御子である神〕が人間イエスとなって人の世に来てくださり、

和解のいけにえとして、ご自身の身を十字架刑での処刑に差し出してくださって、

天の神、主と私たちすべての人間の仲裁をしてくださいました。

 

 そして、〔聖である霊〕と呼ばれる方が来てくださって、受け入れる者の心に、〔父である神〕が一人一人に思ってくださっている御思いを置いてくださるのだそうです(エゼキエル36:25~28)。

 

 あの、レプタ銅貨二つをささげたやもめも(ルカ21:1~4)、その、〔聖である霊〕によって心に置かれた御思いによって生きる人だったのでしょうか。

 

 私たちも、イエスの御名によって、イエスの代理人として、それぞれの、心に置いていただく、イエスがしようと思われる御思いを、そのとおりにしていく生き方をさせていただけるのだそうです。

今日も。

 

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

 

"哲学・思想 ブログランキングへ"

 

[269RANKのランキングサイト]

眠ることもなく、まどろむこともなく、見守ってくださりながら。

どうか、主があなたを助けて、
足がよろめかないようにし、
まどろむことなく見守ってくださるように。詩編1213
 
 イエスはすぐ手を伸ばしてペトロを捕まえ、
「信仰の薄い者よ、なぜ疑ったのか」と言われた。マタイ1431
 
 ヨハネ62635
 ルカ204147(通読箇所)
  (ローズンゲン日々の聖句3/27;月)
 
 私たちの助けは、天と地を造られた主から来るのだそうです。
この方は私たちの足をよろめかないようにと、
まどろむことなく、眠ることなく見守っていてくださる方なのだそうですから。
 
 イエスは、ヘロデ王が、捕えていたバプテスマのヨハネの首をはねたことを聞き、舟で寂しい所に行かれたのだそうです。
けれども、群衆は歩いてイエスのあとを追って来たのだそうです。
それで、イエスは、彼らを深くあわれんで、彼らの病気をいやされたのだそうです。
 
 陽が西に傾いて来て、手元には、パンが五つと魚が二匹しかなかったのに、イエスは彼らを空腹のまま帰らせるのはかわいそうに思い、
群衆を草の上に座らせ、
その五つのパンと二匹の魚を祝福して裂き、弟子たちが群衆に配ったので、群衆は食べて満腹し、残ったパン切れを集めると12のかごにいっぱいになったのだそうです。
女と子どもを除いて、男5千人ほどいたのだそうですが。
 
 そして、イエスは、弟子たちを強いて船に乗り込ませて向こう岸へ行かせ、ご自分は一人残って祈っておられたのだそうです。
 
 弟子たちは、風が向かい風なので波に悩まされていたのだそうですが、
夜中の3時頃、イエスが湖の上を歩いて彼らのところに行かれたので、弟子たちは幽霊だと思い、恐ろしさのあまり叫び声を上げたのだそうです。
イエスが、「しっかりしなさい。わたしだ。恐れることはない」と言われると、
ペテロが「主よ。もし、あなたでしたら、私に、水の上を歩いてここまで来い、とお命じになってください」と言ったので、
イエスが「来なさい」と言われたので、ペテロは舟から出て、イエスのほうへ行ったのですが、風を見てこわくなり、沈みかけ、「主よ。助けてください」と言ったので、イエスはすぐに手を伸ばして彼をつかんでくださったのだそうです(マタイ14131)。
 
 私たちも、沈みかけるようなときにも、ペテロのように、「主よ。お助け下さい」というと、眠ることもなく、まどろむことなく、近くにいてくださる方は、私たちの手をつかんで引き上げてくださるのですね。
 
 群衆は、イエスがなさったしるしを見て、「まことに、この方こそ、世に来られるはずの預言者だ」と言って、イエスをむりやり連れて行って王としようとしたのだそうです(ヨハネ61415)。
 
彼らが、向こう岸、カペナウムでイエスを見つけたとき、イエスは彼らに言われたのだそうです。
「なくなる食物のためではなく、いつまでも保ち、永遠のいのちに至る食物のために働きなさい。それこそ、人の子(イエス御自身)があなたがたに与えるものです。
神が遣わした者を信じること、それが神のわざです。
わたしの父は、天から真のパンをお与えになります。
神のパンは、天から下って来て、世に命を与えるものだからです。
わたしがいのちのパンです。
わたしに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者はどんなときにも、決して渇くことがありません」(ヨハネ62235)と。
 
 そして、この後のやりとりで、多くの者がイエスから去って行ったのですが、
父である神は、自分の考えに合わないからと去っていく者ではなく、イエスの言葉に信頼して、イエスこそ、天から下って来た、永遠の命を与えるパンであることを知って、いのちを得る者になって欲しいと願っておられるのだそうです。
眠ることも、まどろむこともなく、見守っていてくださりながら。
今日も。
イメージ 1
 

 

 

 

 

 

 

 

希望があるのだそうです。私たちの未来にも。

一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。
だが、死ねば、多くの実を結ぶ。ヨハネ12243/26の週の聖句)
 
 あなたの未来には希望がある、と主は言われる。エレミヤ書3117
 
 近所の人々や、
彼が物乞いであったのを前に見ていた人々が、
「これは、座って物乞いをしていた人ではないか」
と言った。ヨハネ98
 
 ヨハネ122026
 詩編84(通読箇所)
  (ローズンゲン日々の聖句3/26;日)
 
 一粒の麦が地に落ちて死ぬことで、多くの実を結ぶように、イエスは、ご自分のからだを差し出し、預言のとおりに十字架刑で処刑され、死ぬことによって、多くの新しいいのちが生きる道を開かれたのだそうです。
 
 私たちも、自分のいのちを愛し、自分をどこもまでも保とうとするならば、このイエスの死による救いを不要なものとして無視し、結果として自分を滅ぼし、そのいのちを失うことになるのだそうです。
 
 しかし、もし、自分のいのち、
[「神のひとりのようになり、善悪を知る者」(創世記3522)になっている〔生まれたときからの私〕という霊]は、
造り主である神に逆らい、自分を滅びに至らせてしまう、自分を不幸にするものであることを知って、その自分を憎む者は、
イエスの十字架刑での処刑に、その自分を重ね合わせて、処刑が終わっているものとしてくださる、〔父である神〕からのプレゼントを受け取ることによって、永遠のいのちをいただく、受け取る者になるのだそうです。
 
 私たちも、私たち自身である〔生まれたときからの私〕という霊を、一粒の麦のように、死んだものとしていただくなら、
新しい霊として、〔聖である霊〕と呼ばれる方を派遣していただけて、
この方によって、
〔父である神〕を愛し、
〔父である神〕の御思いのように生きたいと願うようになり、
〔父である神〕の御思いを心に置いていただけて、
〔父である神〕と思いを一つにして、
〔父である神〕が私を通してしようと思っておられることをしていく者にしていただけるのだそうです。
 
 それで、私たちも、あの、イエスに見えるようにしていただいた、生まれつき目が見えなかった人のように(ヨハネ9138)、
イエスの御思いについて行く者となり、
家族や近所の人など、自分のことをよく見、知っている人たちに、イエスの御業の証拠となり、
多くの新しいいのちを起こしていく者ともしていただけるようです。
 
 私たちの未来には、希望があるのですね。
ひとりの女が一人の男に嫁ぐように(エレミヤ3122)、
天の神、主と一つになる関係に入れていただき(創世記126、ヨハネ172123)、
「万軍の主。
あなたのお住まいは、なんと、慕わしいことでしょう。
私のたましいは、主の大庭を恋い慕って絶え入るばかりです。
私の心も、身も、生ける神に喜びの歌をうたいます」(詩篇8412新改訳)と歌う者にしていただけるのだそうですから。
この新しい週も。
 
 
 
イメージ 1
 

 

イエスを死者の中から復活させ、天上のあらゆる名の上に置かれて

この事を起こし、成し遂げたのは誰か。
それは、主なるわたし。
初めであり、後の代と共にいるもの。イザヤ書414
 
 神は、キリストを死者の中から復活させ、
天において御自分の右の座に着かせ、
すべての支配、権威、勢力、主権の上に置き、
今の世ばかりでなく、来たるべき世にも唱えられる
あらゆる名の上に置かれました。エフェソ書12021
 
 ガラテヤ書6:(11131418
 ルカ202740(通読箇所)
  (ローズンゲン日々の聖句3/25;土)
 
 この事、直接的には、メディア・ペルシャの王クロスが勝利に勝利を重ね、ついにはバビロンを滅ぼす、そのことをさしているようです。
そして、これを起こし、成し遂げるのはわたしだと、天の神、主は仰るのですね。
 
 さらには、御子である神を、人間イエスとして人の世に遣わし、
この方を、ユダヤの指導者たちの妬みにより、
ローマの権威のもとで、反逆者として十字架刑で処刑し、
この方を三日目に使者の中から復活させ、
天の、御自身の右の座に帰らせ、
すべての天使たちの上に置き、
あらゆる名の上に置いたのは〔わたし〕だ、と。
 
 さらには、受け入れる者を、このイエスの十字架刑での処刑に重ね合わせて、受け入れる者の〔生まれたときからの私〕という霊を処刑されたもの、死んだものとし、
受け入れる者に、ご自身の右の座におられる、御子である神・イエスを通して、もう一人の助け主、〔聖である霊〕と呼ばれる方を派遣し、
この方によって、受け入れる者の心に、ご自身の、一人一人に対して思っていらっしゃる御思いを置き、
受け入れる者がご自身と思いを一つにし、心を一つにする者となり、ご自身の御思いによって生きるようになる、
その、受け入れる者が、自分に死に、新しい霊で生きるという新創造の道を開き、成し遂げたのは〔わたしたち〕(創世記126、ヨハネ172122)だとおっしゃるのですね。
私たちへの、人間に対する愛の熱心において。
 
 それで、この、イエスによって成し遂げられた御業をいただく者は、
死者の中からの復活と来たるべき世、やがて実現する新しい世界を受け継ぐ希望に生き、
〔聖である霊〕と呼ばれる方によって、
〔父である神〕と心を一つにするという新創造の中を生きるのだそうです(ガラテヤ615、ヨハネ3:3)。
今日も。
 
 
 
イメージ 1
 

 

知恵と悟りの霊、はかりごとと能力の霊が来てくださって

彼は弱い人のために正当な裁きを行い、
この地の貧しい人を公平に弁護する。イザヤ書114
 
 イエスの言葉:
貧しい人々は、幸いである。
神の国はあなたがたのものである。ルカ620
 
 マタイ1034
 ルカ202026(通読箇所)
  (ローズンゲン日々の聖句3/24;金)
 
 エッサイダビデ王の父親の根株から生え出た新芽、
その根から出た若枝として来られた方、イエス。
 
 その方の上に主、「わたしはあるという者」と名乗られる方の霊がとどまるというのですね。
その方は、知恵と悟りの霊、
はかりごとと能力の霊、
主を知る知識と主をおそれる霊である。
この方は主をおそれることを喜び、
その目の見るところによってさばかず、
その耳の聞くところによって判決を下さず、
正義をもって寄る辺のない者をさばき、
公正をもって国の貧しい者のために判決を下すのだそうです(イザヤ1114新改訳)。
 
 そして、700年ほど後のこと、バプテスマのヨハネは、
「御霊が鳩のように天から下って、イエスの上にとどまられる」のを見て、イエスを神の子、
「世の罪を取り除くために、神にささげられる犠牲の小羊」、
聖霊によってバプテスマを授ける方」と世に紹介したのだそうです(ヨハネ12934)。
 
 イエスご自身が言われます。
「貧しい人々は、幸いである。」
なぜなら、「神の国はあなたがたのものだから」と。
 
霊が、心が貧しく、
「神のひとりのようになり、善悪を知る者」になっている自分自身からは、神が言われるように生きようと願っても、それを実行する力がなく、
したくないはずの神に背くこと、神に対抗する生き方をしてしまう者である(ロマ71424)ことが分かって、
神の前に差し出せる善いものが何もないことを認めて、
物乞いのように、
神の憐れみによる恵みのプレゼントをもらっていく、
受け取っていく者は幸いだ、というのですね。
 
 その人は、自分自身をイエスの十字架刑での処刑に合わせていただいて、〔生まれたときからの私〕という霊を処刑済みのもの、死んだものと見なしていただき、
新しい霊として、〔聖である霊〕と呼ばれる方をお迎えして、
新しく生まれた者として生きる(ヨハネ3:1~13)者にしていただけるのだそうですから。
 
 受け入れる者のうちに来られた〔聖である霊〕と呼ばれる方が、私たち一人一人に対する〔父である神〕の御思いを、受け入れる者の心に置いてくださるので、
受け入れる者は、自分のうちの〔生まれたときからの私〕という霊から来る思いは、死んだ者から来た思いだ、として、これは、神様のみ前に投げ捨て、
〔聖である霊〕から来る〔父である神〕の御思いについて行く、
新しい生き方ができるようになるのだそうですから。
 
 それで、神の国、天の神、主の統治が、その人に及ぶようになるというのですね。
 
 イエスが処刑される前は、「自分が処刑されるその十字架を負って」、処刑場へとイエスのあとについて行く(マタイ1038)。
 
 そして、イエスの十字架刑での処刑が完了している今は、自分自身である〔生まれたときからの私〕という霊は十字架刑で処刑されたもの、死んだもの、として、新しい霊によって生きるのだそうです。
 
 そのように、心の、霊の貧しい者、自分自身では神の前に差し出す善いことは実行できない者であることを認め、
神からの、イエスの十字架刑での死によるプレゼントを受ける者は、
神の統治の中で、神がしようと計画しておられることの、私の部分を実行していく者となるのだそうです。
 
 そして、イエスの反対者がイエスを捕える口実を見つけようとして、
「私たち(神の民であるユダヤ人)が、カイザルローマ皇帝に税金を納めることは、律法に適っているでしょうか」とイエスに質問させたとき、
イエスは、質問者に、デナリ銀貨(ローマの貨幣)を出させて、
デナリ銀貨に刻まれているローマ皇帝テべリオの肖像を示し、
「カイザルローマ皇帝のものはカイザルローマ皇帝に、
神のものは神に返しなさい」と答えたので、
反対者たちは驚嘆して黙ってしまった(ルカ202026)のだそうです。
 
〔聖である霊〕による〔父である神〕の御思いによって生きる者も、
このイエスのように、神の知恵をいただけるのだそうです。
前もっていっぱいではなく、
必要な、そのとき、そのときに、必要な分を(マタイ101920)。
今日も。
 
 
 
イメージ 1
 

 

回復し、建て直してくださり

お前たちの周囲に残された国々も、
主であるわたしがこの破壊された所を建て直し、
荒れ果てていたところに植物を植えたことを
知るようになる。エゼキエル3636
 
 シメオンの祈り:
私はこの目であなたの救いを見ました。
これは万民のための救いで、
異邦人を照らす啓示の光、
あなたの民イスラエルの誉れです。ルカ23032
 
 マタイ191626
 ルカ20919(通読箇所)
  (ローズンゲン日々の聖句3/23;木)
 
 「われわれのかたちとして、われわれに似せて」人を造られた(創世記126)、天の神、主、「わたしはあるという者」と名乗られる方は、
自分が「神のひとりのようになり、善悪を知る者」になっていて(創世記3522)、
神の民となる契約を結びながら(出エジプト19382438)、天の神、主と思いを一つにしようとせず、
自分の理性による善悪の判断のままに、自分の好む神を拝み、これに仕える、ご自身の民に、何度も、預言者を送り、御自身に立ち返るよう説得されたのだそうです。
 
 けれども、彼らは、この勧めを聞こうとせず、
いよいよ、自分の善いとする道を歩むばかりだったので、
このまま進んで行って、いよいよそむきが強くなり、
最終的に全部滅ぼしてしまうことにならないようにと、
バビロンの王、ネブカデネザルを用いてエルサレムを攻めさせ、
これを破壊し、荒れ果てたところとし、民をバビロンの捕囚とされたのだそうです。
 
 けれども、それは、滅ぼすことが目的ではなく、
民を建て直そうとしておられるのであって、
このようにエゼキエルをとうしても、民を打つことを伝えながら、
同時に回復の預言を与え、希望を与えようとしておられるのですね。
 
 そして、預言の言葉のとおりに70年の捕囚の時を経て、
天の神、主は、クロスをペルシャの王として立て、
彼によって民をエルサレムに帰還させ、これを再建されたのだそうです。
 
 この時から、550年ほどの時を経た、エルサレム神殿において、
シメオンは、モーセの律法に従って神のものとしてささげられるために来たイエスを抱き上げ、
イエスはまだ生後40日ほどの赤ん坊であるにもかかわらず、
「私はこの目であなたの救いを見ました」と、神に感謝の祈りをささげたのだそうです。
 
 〔父である神〕は、このイエスを、およそ33歳の頃、
すべての人の身代わりとして、すべてのそむきの責任を負わせて十字架刑で処刑し、
受け入れる者を、このイエスの十字架刑での処刑に合わせてくださって、
処刑されたもの、死んだものとしてくださって、
律法の罰則の要求から解放してくださるのだそうです。
 
 そのうえで、受け入れる者に、
もう一人の助け主、〔聖である霊〕と呼ばれる方を派遣してくださって(ヨハネ14:16)、
エゼキエルに与えられた預言のとおりに、
この方によって受け入れる者の心に、ご自身の御思いを置いてくださって、
受け入れる者がご自身と同じ思いを思い、一つ心になり、
御自身がその人を通してしようと思っておられることを自発的にしていく者にしてくださるのだそうです(エゼキエル362528)。
 
 ある金持ちの青年が、イエスに、「永遠の命を得るためには、どんな良いことをしたらいいのでしょうか。モーセの律法はみんな守っています」と問うた時、
イエスは、「もし、あなたが完全になりたいなら、帰って、あなたの持ち物を売り払って貧しい人たちに与えなさい。そのうえで、わたしについて来なさい」と答えられ、
この青年は悲しみながら去って行ったのだそうです(マタイ191622)。
 
 私たち、この青年のようにイエスのもとから去って行くのではなく、
永遠の命を受けるのにふさわしいほどの良いことができない者であることを認めて、
イエスの十字架刑での処刑に合わせていただいて、死んだものとしていただきながら、
〔聖である霊〕と呼ばれる方が心に置いてくださる〔父である神〕の御思いに
ついて行く者にしていただけるのだそうですね。
 
 神からの使いを無視し、侮辱し、殺し、最後に遣わされて来た御子をさえ殺してしまう、
あのぶどう園の農夫のような者なのに(ルカ20918)。
今日も。
 
イメージ 1
 

 

天の神、主の統治の中で

神のしるしは、いかに偉大であり、

不思議な御業は、いかに力あることか。

その御国は永遠の御国であり、

支配は代々に及ぶ。ダニエル書3:33

 

 小さな群れよ、恐れるな。

あなたがたの父は喜んで神の国をくださる。ルカ12:32

 

 マタイ13:44~46

 ルカ20:1~8(通読箇所)

  (ローズンゲン日々の聖句3/22;水)

 

 紀元前600年頃のこと、新バビロニア帝国の第2代目の王、ネブカデネザルは夢を見たのだそうです。

その夢を解き明かしたダニエルは、王に勧告したのだそうです。

「正しい行いによってあなたの罪を除き、

貧しい者をあわれんであなたの咎(とが)を除いてください。

そうすれば、あなたの繁栄は長く続くでしょう」(ダニエル4:27)と。

 

12ヶ月の後、ネブカデネザル王は、宮殿の屋上を歩いていたとき、言ったのだそうです。
「この大バビロンは、私の権力によって、私が建てたものではないか」と。

すると、天から声があったのだそうです。
「ネブカデネザル王。あなた告げる。
国はあなたから取り去られた。
あなたは人間の中から追い出され、
野の獣とともに住み、牛のように草を食べ、
こうして7つの時があなたの上を過ぎ、
ついに、あなたは、いと高き方が人間の国を支配し、
その国をみこころにかなう者にお与えになることを知るようになる」と。

そして、ダニエルが解き明かした夢のとおりに、ネブカデネザル王は、理性を失い、人間の中から追い出され、野の獣のように過ごすことになったのだそうです。
そして、夢のとおりに、7年間の期間が終わり、理性が戻り、王の座に復帰したとき、
天の神、主、「わたしはあるという者」と名乗られる方を、冒頭の言葉のように賛美したのだそうです。

 

 私たちの理性が正常に働いていることも、天の神、主の許しと支えの中にあることのようですね。

今日、生きていくのに必要なものも、全部、天の神、主が備えてくださったものなのだそうです。だから、何を食べようか、何を着ようかと心配し、気をもむことをやめて、神の国、神の統治、神の働きの現れを求めていくことが良いことなのだそうです。

神様のほうで、与えたくって、私たちが受け取るのを待っていてくださるのだそうですから。

 

 天の御国は、持ち物、全部を売り払ってでも買い取りたい、宝が隠された畑、

今、持っているものを全部売り払ってでも買い取りたい、

素晴らしい値打ちの一つの真珠のように価値のあるもの、なのだそうです(マタイ13:44~46)。

 

 神の知恵は、イエスの十字架刑での処刑による死と復活を通して、受け入れる者に来てくださる神、〔聖である霊〕と呼ばれる方によって、受け入れる者のうちに働き、話すべき言葉も、必要なそのときに示してくださるのだそうです(マタイ10:19)。

 

エルサレム神殿で、商売人たちを追い出したイエスに、「何の権威によってこれらのことをするのか」と詰問する祭司長たちに、「ヨハネバプテスマは、天から来たのか、人から出たのか」と質問を切り返されて、相手を黙らせてしまわれたイエスのように(ルカ20:1~8)。

今日も。

 

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

 

"哲学・思想 ブログランキングへ"

 

[269RANKのランキングサイト]